うにちっぷす(uni-tips)

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。中の人は東京で働く共働きの夫婦です。昨年10月から家族(娘)が増えて、東京の保育園に通いながらの子育てライフもスタートしました。投資の配当(月10万円が目標)で子育てを目指すプロジェクトも始動しました。Let' enjoy life.

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報を掲載。昨年10月から新しい家族(娘)も増えて、東京の保育園に通いながらの夫婦共働きのサバイバル子育てで奮闘中。ETFの積立投資で月10万円の配当収入を目指しています。Let' enjoy life.

三崎港でいただくメニューも豊富なこだわりの「三崎港ラーメン」

三崎港のこだわりラーメンのお店「三崎港ラーメン」さんをご紹介。
図3

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

場所は三崎港のバス停から徒歩で約2分です。
前回ご紹介したミサキドーナッツの近所です。

三浦で絶対行きたい大人気オススメのスイーツ「ミサキドーナッツ」
図15

三浦市には他にもラーメン屋さんがありますが
こちらは三崎港付近で唯一のラーメン専門店です。

近隣ではマグロラーメンが食べられるお店である
中華料理の牡丹さんはありますので、こちらもご覧ください。

三崎港に行ったら海鮮丼もいいけど「三崎まぐろラーメン」はどう@牡丹
図2

三崎港ラーメンさんは他には沖縄県のおもろまちにも
お店がありますが、三崎港のお店が本店(三崎港本店)のようです。

メニューは豊富で夜専用のメニューもあります。
図2

「辛辛とんこつ」「カレーライス」「スタミナカレー」など
裏メニュー感があって、すごく気になりますね。

あと、完全予約制ですが、なんと焼肉も食べられるようです。
焼肉とラーメンって、まさに最高の相性じゃないですか。
近くに住んでいたら、メニューも多いので通いますね。

お店のホームページを見ると、毎月第3土曜日を
伊勢海老ラーメンの日として限定10食で
「伊勢海老ラーメン(1杯3,000円)」が食べられるようです。

ちなみに今回私が食べたのは、シンプルな
「魚介だしあっさり中華そば」の醤油味です。
図1

器(伊万里焼)はデザインがとてもシックな感じです。
スープも魚介だしがきいていて、あっさりしみてきて
麺にもピッタリの組み合わせです。

三崎港に行ったら、海鮮丼もいいですが
三崎港ラーメンもぜひ食べてみてください。

私も別のメニューにもチャレンジしたいと思います。

ではでは。




【開催時期(営業時間)】

平日 11時半~15時、18時~(スープが無くなり次第終了)

日曜・祝日 11時半~21時

【住所・場所】

神奈川県三浦市三崎3-3-3

【アクセス】

京急「三崎口駅」からバスで三浦港バス亭まで約20分、そこから徒歩約3分

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

旅とグルメが年中大好きなうにです。

式根島について紹介した記事が大変好評なのでまとめました。

みやとら+石白川海岸 3
(「石白川海岸」の砂浜)

式根島は伊豆諸島の1つで、東京からは高速ジェット船で
約3時間半で着くという離島旅にはピッタリの島です。
式根島 民宿(鈴豊)7

また、周囲はキレイな海に囲まれた絶景スポットや温泉もあり

都会の喧騒から離れるには最高の島だと思います。
松が下雅湯 5
(「松が下雅湯」より)

そんな魅力あふれる式根島の観光情報をまとめていますので
式根島に行く人も島旅を検討する方にとって参考になればと思います。



〇温泉

これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」

秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください

海を展望、足湯も景色も楽しめるアクセス良好の「松が下雅湯」(混浴)@式根島

式根松島と称される式根島の外科の湯「足附温泉」、もちろん混浴で入浴料無料


〇展望台・絶景スポット

式根島の絶景スポット、新東京百景にも選ばれた「神引展望台」に行ってきた

式根島の絶景スポット、広大なオーシャンビューが特徴の「ぐんじやま展望台」


〇民宿・飲食店

釣り好きなご主人が運営する式根島の民宿「鈴豊」の美味しいごはんとアットホームな雰囲気

式根島に行ったら絶対食べたい「みやとら」のお弁当と石白川海岸の癒しの風景


〇お土産・養殖場


伊豆諸島の式根島に行ったら買って帰りたいオススメのお土産

太平洋に面した環境で育った高級なタイとシマアジが割安通販で手に入る式根島養殖場


〇移動手段・アクセスなど


式根島の移動手段をまとめてみた、オススメは電動アシスト付レンタサイクル(電動自転車)

伊豆諸島行きの東海汽船の「高速ジェット船」の乗り心地とスピードが予想以上に良かった話

伊豆諸島の復路は大型客船さるびあ丸、海の上からの横浜の夜景は最高


〇部活やサークル


式根島を海水浴や部活・サークルの合宿の場所としてオススメする5つの理由




<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。


            


ではでは。



三崎港(三浦)で大人気の海鮮店の鮮味楽にまぐろきっぷで行ってみた

どうも海鮮丼をこよなく愛するうにです。
神奈川県三浦市の三崎港にある「鮮味楽」さんをご紹介。
図7

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「鮮味楽」さんは、バスの中などでも広告をしているので
名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。

お店へのアクセスは三崎港のバス亭から徒歩3分程度です。
三崎港のあのうらりマルシェから道路を挟んですぐの好立地です。
図11

ちなみに以前ご紹介した、「まぐろ食堂 七兵衛丸」さんの横です。
両方ともいいお店なので、どちらに行くか悩みますね。

ももクロも訪れた「まぐろ食堂七兵衛丸」で「みさきまぐろきっぷ」を活用
図2

なお、「鮮味楽」さんのメニューは品数豊富です。
図6

図4

図3

図5

お客さんも一人で来られる方からご家族まで入店可能です。
座席は75席ありますが、訪れる度に行列ができている大人気店です。

今回私はみさきまぐろきっぷを使って「鮮味楽丼」をいただきました。
図2

海鮮丼のアップはこんな感じです。

図8

中トロ、赤身、ビンチョウマグロ、とろたたき、中落ちに
卵焼きをトッピングしています。マグロのカットも
1切れがとても厚めなので、とても味わい深いですね。


「鮮味楽」さんでは、他にもお店の名前を模した
「鮮どん」「味どん」「楽どん」という3種のどんぶりもあるので
こちらも食べてみたいですね。


三崎港に行ったら是非とも足を運んでみてください。


ではでは。






【開催時期(営業時間)】

通常 11時~19時

土日祝祭 11時~19時半

休日 火曜日(不定休)

【住所・場所】

神奈川県三浦市三崎5-5-1

【アクセス】

京急「三崎口駅」からバスで三浦港バス亭まで約20分、そこから徒歩約3分

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

これまで「うにちっぷす」では神奈川県三浦市を何度も訪れ
様々な情報を提供してきました。(旅行回数は10回超え)
図2
(城ヶ島の「馬の背洞門」)

図3
(まぐろ食堂「七兵衛丸」の「まぐろ海鮮丼」)


私自身家族も含め、三浦市には全くゆかりもないですが
旅行、グルメ・自然をこよなく愛するファンの一人として
市の魅力を発信していければと思います。


三浦半島は東京都内から電車(京急電鉄)で
1時間程度と好立地であり、三崎港の海鮮や城ヶ島の自然、
海水浴場、三浦ダイコンをはじめとする三浦野菜など
観光地には十分すぎる目玉が揃っています。


また、マホロバや京急ホテルなどの宿や温泉など
日帰り旅行でも泊まりでも満喫できる施設も多々あります。


「うにちっぷす」では本屋に並んでいる観光本よりも
情報が蓄積してきたので、三浦の観光情報をまとめてみました。
(そのうち本も出していきたいです)


このページはこれからも適宜更新しますので
皆さんが足を運ぶ際の参考(保存版)となればと思います。


なお、三浦に行くなら、「みさきまぐろきっぷ」が圧倒的にオススメです。

詳細は以下にまとめましたが、品川から3,500円で往復交通費や現地での
バスも乗り放題で食事も遊びも楽しめます。

まだ使ってないの?お得な「みさきまぐろきっぷ」で遊びもグルメも大満足


【グルメ】
(海鮮)
〇「三崎館支店 香花」
老舗の「三崎館支店 香花」でまぐろきっぷ丼など旨い海鮮丼を食べよう

〇「あやとり」
三浦海岸駅でメニューも豊富な居酒屋「あやとり」で海鮮と酒はいかが

〇「まぐろ食堂 七兵衛丸」
ももクロも訪れた「まぐろ食堂七兵衛丸」で「みさきまぐろきっぷ」を活用

〇「鮮味楽」
三崎港(三浦)で大人気の海鮮店の鮮味楽にまぐろきっぷで行ってみた

〇「紀の代」
老舗「紀の代」でまぐろきっぷを使って「とろとろ丼」を堪能しよう


(らーめん)
〇「牡丹」
三崎港に行ったら海鮮丼もいいけど「三崎まぐろラーメン」はどう@牡丹

〇「三崎港ラーメン」
三崎港でいただくメニューも豊富なこだわりの「三崎港ラーメン」


(スイーツ・カフェ)
〇「潮風」
城ヶ島に行ったら食べたいB級デザート「しらすソフトクリーム」@潮風

〇「ミサキドーナッツ」
三浦で絶対行きたい大人気オススメのスイーツ「ミサキドーナッツ」


【スポット】
(漁港関係)
〇「水中観光船 にじいろさかな号」
動く水族館「水中観光船 にじいろさかな号」で三浦半島の海中散歩

〇「うらりマルシェ」
三浦(三崎港)に行ったら絶対行きたい魅力あふれる「うらりマルシェ」


(水族館・自然)
〇「京急油壷マリンパーク」
三浦市の水族館「京急油壷マリンパーク」は独自のショーなど見所が多い

〇「桜まつり」
三浦海岸駅から小松ヶ池公園で開催中の桜まつりは見頃注意(河津桜)


(歴史)
〇「三崎城跡」
三浦半島の三崎城跡は戦国時代に廃墟となった三浦家の山城で水軍拠点


【その他】
(お土産)
〇「かじめん」&「海藻美人」
三浦のお土産と言えば、オリジナル特産品「かじめん」と「海藻美人」でしょ

〇「三崎まぐろラーメン」
三浦のお土産はB1グランプリ入賞の名物「三崎まぐろラーメン」も

〇「蔦金商店」
うらりマルシェで発見、出川哲郎氏の実家「蔦金商店」の旨い海苔


(ふるさと納税)
〇「御礼品まとめ」
三浦市のふるさと納税の御礼品が素晴らしい(グルメも体験型も)

〇「マグロの御礼品」
神奈川県三浦市のふるさと納税は名物のマグロの御礼品が充実している


(その他)
〇みうらちっぷす立ち上げについて
【新企画】神奈川県三浦市の情報発信「みうらちっぷす」を立ち上げます

〇「レンタサイクル」
うらりマルシェのレンタサイクルで三浦半島をサイクリングしよう



<三浦への旅のお供に>

三浦の旅情報は以下の本があります。

本の中が一部見れますので、パラパラと見てみてください。




ではでは。


三浦で絶対行きたい大人気オススメのスイーツ「ミサキドーナッツ」

三浦(三崎港)で発見した雰囲気(レトロ風)がよく、
美味しいドーナッツ屋さんをご紹介します。
図15

これまで「うにちっぷす」では、都内からの日帰り旅で
最高のパフォーマンスを発揮する三浦市を推しまくっています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市は都内からアクセスが良く、
海鮮・野菜が美味く、自然(海・森・水族館など)もあり、
温泉もあるという、いいとこどりの観光地です。

みさきまぐろきっぷを使えば、品川から約3500円で
グルメも遊びも楽しめます。(バスも乗り放題)

まだ使ってないの?お得な「みさきまぐろきっぷ」で遊びもグルメも大満足

詳細は「みうらちっぷす」として、タグでまとめていますので
三浦に行く人は是非とも目を通してみてください。


そんな三浦市(三崎港)で、インスタ映え間違いなしの
オシャレドーナッツ屋さんを発見致しました。
図1

場所は三崎港のバス停から
徒歩約1分という素晴らしい立地です。

周辺には三崎港ラーメンや多くの海鮮のお店があります。
お店の場所はとても分かりやすく、外にもテーブル席がありますが
夏は暑いので、店内の1階か2階をオススメします。

私と嫁ちゃんは2階でコーヒーブレイクをしました。

お店のメニューはこんな感じです。ドリンクもアイスもあります。
図14

店内は至るところに、どことなく和むキャラクターがいて
古民家を改装したようなどことなくレトロ風の店内です。
図10

図6

図2

図4

店内にはスイカが置いてありましたが、
売っているわけではなさそうです。
図9

このポスターは港町の情緒を感じますね。
図13

1階のレジには、出来立ての美味しそうなドーナッツが
所狭しとショーケースを彩ってくれています。
図8

図7

私と嫁ちゃんは今回、シナモンシュガーなど3点と
コーヒーなどを注文しました。

2階の席も空いていたので、窓際でスイーツタイム。
味はとても美味しく、コーヒーなどにもピッタリです。
図3

天気も良くて、夏らしさを感じる一日でした。
図5

これまで三浦に何度も足を運んできましたが、
もっと早くご紹介できればよかったですね。

なお、このミサキドーナッツは、ここ三崎本店だけでなく
鎌倉や逗子にもお店があるようです。

是非とも三浦に行ったら、食べてみてください。

なお14時くらいにお店の前を通ったら、行列ができるほど
混雑してましたが、おやつタイムはここで決まりです。

ではでは。


<三浦への旅のお供に>

三浦の旅情報は以下の本があります。
本の中が一部見れますので、パラパラと見てみてください。






Twitter プロフィール