うにちっぷす(uni-tips)

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。中の人は東京で働く共働きの夫婦です。昨年10月から家族(娘)が増えて、東京の保育園に通いながらの子育てライフもスタートしました。投資の配当(月10万円が目標)で子育てを目指すプロジェクトも始動しました。Let' enjoy life.

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報を掲載。昨年10月から新しい家族(娘)も増えて、東京の保育園に通いながらの夫婦共働きのサバイバル子育てで奮闘中。ETFの積立投資で月10万円の配当収入を目指しています。Let' enjoy life.

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県

富士山周辺をドライブした際に立ち寄った
これからの夏の季節にぴったりの納涼スポット(国の天然記念物)を紹介します。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 1

アクセスは良いとは言えないので車(レンタカー)が一番いいですね。
ドライブのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


この鳴沢氷穴は青木ヶ原樹海の中にある
平安時代に富士山の大噴火でできた洞窟です。

夏場は訪れる人も多く(私も夏に行きました)、避暑地としては最高です。
外が30度近い暑さでも中は涼しく、年間平均気温は約3度のようです。

そのため手足を出した真夏の服装で行くと、かなり肌寒いです。
(パーカーやジャケット等上着だけあるとずいぶん楽になります)


駐車場も混雑しているのでちょっと待ち時間
(8月のお盆前くらいだと20~30分くらい)がありますね。
(駐車場も数は少なくはないのですが)

受付のある建物でチケットを買って洞窟に向かいます。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 2

ちょっとぶれぶれな写真ですが混雑状況は伝えられるかな。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 3

夏なのですごく混んでますが、ゆっくりゆっくり進みます。
少しずつ涼しい空気が肌に感じられます。穴の中から見た外の世界。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 4

奥に進むと氷が見えてきます。真夏なのにこんなに氷があります。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 6

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 5

さらに奥に進むとまるでファイナルファンタジーを彷彿とさせるような氷。
写真で見るとより氷というよりはクリスタルのような神秘的な感じですね。
フラッシュで撮ったものと普通に撮った写真を載せます。

(フラッシュあり)
冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 7

(フラッシュなし)
冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 8

山梨県をドライブされた際にぜひともこの洞窟の避暑地に立ち寄ってみてください。

【開催時期】

営業:4月~10月中旬 8時~17時(季節により変動有※他期間は要問合)
休業:1月中旬頃に臨時休あり
その他:年中無休

【住所・場所】
山梨県南都留郡鳴沢村8533
【アクセス】
<車>
中央自動車道河口湖ICより約20分
東名高速御殿場ICから東富士五湖有料道路経由で約45分
東名高速富士ICから西富士道路経由で約45分

<電車・バス>
河口湖駅からは路線バスをご利用で約30分 (風穴または氷穴バス停下車)

→【路線バス 時刻表

【所要時間】

1時間程度(待ち時間なしの場合)

【費用(入場料)】

大人(中学生以上):290円
小人(小学生):140円

<団体料金>
①20名以上
大人(中学生以上):230円
小人(小学生):100円

②一般40名以上
大人(中学生以上):200円
小人(小学生):60円

③中高生40名以上
大人(中学生以上):170円

【備考・参考】

→【富士山の洞窟 天然記念物 富岳風穴・鳴沢氷穴
→【鳴沢氷穴 じゃらんnet 公式HP
→【鳴沢氷穴/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報 HP
→【鳴沢氷穴 口コミ・写真・地図・情報 トリップアドバイザー


日本国内の水族館トップ3に入る大阪の海遊館5つの魅力

大阪にある日本でも最大規模の水族館、「海遊館」をご紹介。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 1

タイトルでは日本の水族館のトップ3と書きましたが
何をもって1位か2位ってなかなか判断が難しいですね。


水族館の規模等を比べるには水量、延床面積や
入場者数、生物数などいろいろあります。

ちなみに海遊館のデータは下記の通りです。

総合的に判断して日本の水族館トップ3に入ると考えました。

<海遊館データ>

屋内水槽 水量:日本2位
延床面積:日本2位
入場者数:日本3位
展示数:日本5位
展示種類数:日本10位


今回はこんな海遊館の魅力について感じたことを書きます。


魅力①:巨大水槽

水族館の中心にある太平洋の水槽は
水量5400トンの世界最大級の水槽です。
中にはジンベイザメがゆうゆうと泳いでます。日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 11
世界最大規模の水槽を支えるアクリル板です。
またいろんな角度から何層にわたって見ることができます。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 14

周りに水槽も多く大水槽も奥行きも広いので
のぞいていると海の中にいるような感覚になります。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 15

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 13

魅力②:海の生物だけでなく淡水生物等も鑑賞できる

海遊館の展示には「日本の森」や「エクアドルの熱帯雨林」など
淡水の生き物が数多く展示されています。
他では見れない珍しい淡水系の生き物もいます。日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 4

オオサンショウウオやサワガニ、イワナ、ピラニアもいます。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 5

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 6

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 23

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 20

水生生物だけでなくカピパラやナマケモノもいます。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 8

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 24

哺乳類だけでなくマングローブもありますよ。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 25

魅力③:ダイオウグソクムシを始め珍しい生き物が見れる

これは一部の人だけかもしれませんが深海生物である
ダイオウグソクムシなどのある意味気持ち悪いが
神秘的な生き物を鑑賞することができます。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 9

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 10

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 12

マンボウやサメ、ハリセンボンなど
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 7

魅力④:生き物が触れるコーナー

水族館を一通り楽しんだ後、出口の付近にある
ふれあい体験水槽でサメやエイを触ることができます。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 22

魅力⑤:豊富な企画

入ってすぐにあるアクアゲートや企画展示、特設水槽、夜の海遊館など
ちょくちょく変わるので定期的にきても飽きないし楽しめます。日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 2

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 3

クラゲって海では会いたくないですが、水族館ではなんか見とれますよね。

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 16

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 17

日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 18

天井ドーム型水槽もあります。


日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 19

ワモンアザラシの顔、可愛い。水面から出てきた瞬間の顔。
これは今回のベストショットです。
日本の水族館トップ3に入る大阪の海遊館の5つの魅力 21

天保山マーケットプレイスや天保山大観覧車など
近くには遊ぶところも多いです。

近くに天保山の観覧車もあるので
大阪のデートコースの定番スポットです。

OSAKA海遊きっぷや観覧車、サンタマリア号との
セットのチケットを買うと割引になります。

【開催時期】
10時~20時(2015年6月 営業時間)

※最終入館は閉館の1時間前迄

→【営業時間・休館日 海遊館公式HP

【住所・場所】
大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

【アクセス】
大阪市営地下鉄 中央線「大阪港」駅下車 徒歩約5分
USJから海遊館までシャトル船「キャプテンライン」 約16分

大阪市バス:「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ
南海バス:「海遊館(天保山)」下車徒歩 約3分

阪神高速湾岸線・大阪港線 「天保山」IC 約5分

【所要時間】
2時間程(待ち時間無しの場合)

【費用(入場料)】
大人(高校生・16歳以上):2300円
子供(小・中学生):1200円
幼児(4歳以上):600円
シニア料金(60歳以上):2000円

【備考・参考】
→【世界最大級の水族館 海遊館 公式HP

プロフィール

はじめまして、uniです。

関西育ち、現在は東京都在住で都内で仕事しています。

このブログでは平凡な会社員が旅行、観光スポットや珍しい体験・イベント等を紹介。
仕事で学んだマネー情報等お得で役立つ情報も発信予定。

関東の首都圏を中心にふらふらしてますが、時々遠出します。
30歳という壁が迫ってきている自分自身のまとめとしてブログ始めました。
(好きな食べ物や行動は12歳程度です)

今を楽しく生きる!!がモットー。

よろしくお願いいたします。

(もともとFC2ブログで記事かいてました、今移転作業中)
Twitter プロフィール