今まで食べてきた駅弁を勝手にランキングでご紹介。

これまで食べた駅弁やイベントを紹介している駅弁手帳はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
うにちっぷすの「駅弁手帳」~駅弁からイベント、販売店まで~

どの駅弁も美味しかったのですが、その中で特に良かったものを
3つの観点(総合・彩り・ボリューム)で選んでみました。


写真も多くのせてますので、駅弁を購入する際の参考になればと思います。

ランキングは適宜順位の入れ替えや追加をして更新していきます。(2016年7月10日現在)


①彩りランキング


「人は見た目が9割」と言われますが、駅弁だけでなく
料理全般において見た目は重要な要素です。料理も駅弁を選ぶ際に
見た目の華やかさを気にする方も多いのではないでしょうか。


個人的には、同じ具材を使っていても見た目によっては
売り上げが大きく違うのではないかと思います。


<1位> 「鮭はらこ弁当」 1100円(販売:東京駅、新宿駅、上野駅、大宮駅、品川駅)

図2

<2位> 「海鮮七福弁当」 1030円(販売:東京駅、札幌駅)

(2)駅弁 海鮮七福弁当 2

<3位> 「海の贅沢 にぎわい飯」 1000円くらい (販売:新大阪駅)
(10)駅弁 にぎわい飯 5


②ボリュームランキング


お腹がすいたときにはトンカツや焼き鳥などのこってりとした
ボリューム感のあるお弁当を食べたくなりますよね。私だけでしょうか(笑)


ボリュームや味付けの観点から選んでみました。ダイエット中の方は素通りください。


<1位> 「鹿児島黒豚 イベリコ豚 味くらべBOX」 1080円(販売:出水駅、東京駅)
(9)駅弁 鹿児島黒豚 1 


<2位> 「但馬牛 牛めし」 1100円(販売:姫路駅、東京駅)
(5)駅弁 但馬牛牛めし 3

<3位> 「チキン南蛮弁当」 870円(販売:東京駅、新大阪駅等)
(3)駅弁 チキン南蛮弁当 3


③ご当地ランキング


地域活性や地方創生という言葉が最近よく話題になっていますが
話題を集めるための1つの方法として、その地域の料理や名産品を
PRするのは効果的だと思います。


観光に行くと必ずその地域の料理を食べますし。
このランキングではそんな地域の名産品を使っているものや
ご当地観が出ているものを紹介していきたいと思います。



<1位> 「うなぎ飯」 1240円(販売:豊橋駅)
(4)駅弁 うなぎ飯 5

<2位> 「津軽 帆立めし」 950円(販売:弘前駅、東京駅)

(7)駅弁 津軽 帆立めし 2


<3位> 現在選定中

以上勝手にランキングでした。


今後どんどん増やしていきたいと思います。


あぁ、駅弁が食べたくなってきた。