賞味期限が2年なんで非常食としてもいいかなと思いましたが
非常時には水もガス(電気)も期待できないのでダメですね。
図4

今回は日本三大うどんの稲庭うどんが特産品としていただけるとのことなので
山形県湯沢市に寄附してみました。大量のうどんが届いたときはどうしようかと。。。

ふるさと納税も広く浸透してきて、いろんな特産品やサービスが出てきましたね。
ざっとあげるとこんな感じです。とても面白い。

・空き家や庭の掃除、お墓掃除やお参りの代行→大分県豊後高田市
・犬、猫の殺処分ゼロのサポート→広島県神石高原町
・宮島(観光スポット)の環境保護→広島県廿日市市
・超小型人工衛星の打上げ→福井県

また、最近大規模な火災のあった新潟県糸魚川市でもふるさと納税が
急増しているようです。鬼怒川の水害の時もそうでしたね。
来年は私もそういう寄附をしてみようと思います。


さてさて話は戻りますが、稲庭うどんは日本三大うどんの1つです。

どこが三大は諸説ありますが、wiki先生によると讃岐うどん(香川県)と
稲庭うどん(秋田県)の2つと水沢うどん(群馬県)、五島うどん(長崎県)、
氷見うどん(富山県)、きしめん(愛知県)のうちいずれか1つと言われております。
稲庭は三大の1つと言ってもいいでしょう。


ふるさとチョイスの解説文によると・・・


秋田県湯沢市の稲庭町で今なお、伝統手法【手綯い手延べ熟成製法】によって
手造りした稲庭うどんです。4日間かけて麺生地をじっくり熟成させながら造ることで、
麺のなめらかさとコシの良さはもとより、小麦粉の旨みが十分にひきだされた
五感を刺激する稲庭うどんです。

麺類が好きなのとこのうどんを食べてみたいということから今回チョイスしました。


それでは恒例のおうちに特産品等が届くまでのスケジュールをご紹介。


①ふるさと納税 実施


ふるさとチョイスでぽちっと簡単。決めてからの手続きは1分程度。


②寄附金税額控除に係る申告特例申請書・寄附金受領証が郵便で到着(①から約10日後)


このスケジュールはだいたいどこの自治体さんも同じ。
なお、湯沢市さんは申告特例申請書は印刷してくれていましたが
返信用封筒に切手を自分で張らないといけません。
そんなにコストが大きく変わらないと思うので料金後納郵便にしてほしい。

③特産品が宅急便で到着(①から約20日後くらい)

特産品が届いたときは、段ボールでどさっと来たのでちょっとびっくりしました。
さすが72食分、1日1袋(90グラム)を食べても72日かかる量です。
ちなみに私は食べるときは2袋ずつ食べています、それでも30日以上かかる。

床に並べると山ができます。稲庭うどんのピラミッドや(笑)いや、岡かな。
図3

おまけとしてお土産袋もついてました。まあ、配らずに全部食べますけどね。
図5

早速湯がいて食べましたけど、のど越しも良く、旨い。2袋が軽く食べられる。
図2

図1

ネギやゴマ、ワサビなどの薬味があるとなおいいですね。

食べ盛りのお子様がいらっしゃるご家庭にもオススメです。