本日の支払い分まではまだ間に合う、2016年ふるさと納税。

悩ましいあなたにカタログで選べる奄美市をご紹介。
2015年は愛媛県西条市もカタログで選べる特産品でした。
カタログの場合は有効期限が半年くらいあるのでゆっくり選べます。
図12

奄美大島が鹿児島県とは知りませんでした、てっきり沖縄県かと。
世間知らずで誠に申し訳ありませんでした。。。

では特産品とスケジュールについてご紹介します。

①ふるさと納税 実施


ふるさとチョイスでぽちっと簡単。決めてからの手続きは1分程度。


②寄附金税額控除に係る申告特例申請書・寄附金受領証・特産品カタログが到着(①から約10日後)


このスケジュールはだいたいどこの自治体さんも同じ。
なお、奄美市さんは申告特例申請書は印刷してくれていました。
返信用封筒の切手(82円)を自己負担です。

カタログと一緒に奄美市の紹介雑誌も届きました。
ふるさと納税は地域を知ってもらういいチャンスなので
こういう取り組みはすごくいいと思います。

沖縄だと勘違いしててすみません。。。
図5

観光特集「女子一人旅」とかすごくおしゃれで癒されそう。
図6

返礼品のカタログはこんな感じです。見やすくてキレイ。奄美グルメの品々。
図11

図10

パラグライダー体験や体験ダイビングもあり、観光にはぴったりですね。
自分の旅行の予定と合わせて、行く先にふるさと納税すれば旅が楽しめそう。

今回の特産品は奄美たんかんのジャムと島料理のレトルトにしました。

③特産品が宅急便で到着(①から約1か月後くらい)

特産品は思ったより早くきました、おまけに奄美市のホスピタリティを感じました。
まずは、絵葉書とメッセージ。メッセージは手書きですよ。
図8

図1

「んまま奄美たんかんジャム」はこちら、ヨーグルトやパンによく合う。
図7

図4

もう一つの特産品は島料理のレトルトです。こちらはおまけでサンゴがついてました。
図3

図1

こういうレトルトは長持ちするし、小分けにされていて1品として出しやすいから
うに家のような共働きの世帯にはとてもありがたいです。

奄美市は観光でもぜひ行ってみたいと思います。