三浦半島のサイクリングが最高に気持ちいいです。
Twitterを見ると、ツーリングの方もいろんな写真をあげてますね。
図11


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今回、「みさきまぐろきっぷ」を使って、三浦に行きました。
「みさきまぐろきっぷ」には「施設利用券」がついてます。
図9

この「施設利用券」では、以下の施設やサービスから1つ利用できます。
使えるサービス多いですね。

<みさきまぐろきっぷ レジャー施設一覧(京急ホームページより)>

・三浦マホロバ温泉
・海の見える海洋泉 油壺の湯
・京急油壺マリンパーク
・城ヶ島京急ホテル 城ヶ島 雲母の湯
・水中観光船 にじいろさかな号
・レンタサイクル
・三崎・城ヶ島渡船
・うらり産直センター
・三浦ガラス工芸館 Kirari
・三富染物店
・羽床総本店 三崎港店
「みさきまぐろきっぷ」でレンタサイクルサービスを利用すると、3時間無料で使えます。

うらりマルシェの水中観光船などの乗船券を購入する場所で手続きをして
すぐに借りられます。なお、自転車の台数に限りがあるので、電動自転車を
使いたい方は朝早めに行った方がいいかもしれません。私たちは11時に
行ったのですが残り僅かな台数でした。三浦半島は上り下りが多いので
普通の自転車でサイクリングに行くのはなかなかハードですよ。
図7

ちなみにレンタサイクルは別途乗り捨て料(500円)を払えば
城ヶ島と京急三崎口駅で乗り捨ても可能です。
図8

うらりマルシェで手続きするときにサイクリングMAPをもらえます。
スポットだけでなく、坂道やカーブまで丁寧に書かれている便利なマップです。
図12

自転車を使って、三浦半島をGO、今回は3時間なので、城ヶ島を
メインにサイクリング。城ヶ島大橋も自転車で通れます(無料)。
図6

城ヶ島大橋から見る眺めもいいですね。左が城ヶ島です。
図5

城ヶ島のバス停近くにある観光案内図です。目指せ島一周!!
図4

城ヶ島の西から東まで制覇しました、途中ハイキングコースを歩きましたが
詳細は別途ご紹介します。城ヶ島も見どころが多い。
図3

東にある「ピクニック広場」の展望台から見える景色。
図1

城ヶ島もそうですが、三浦半島は全体的に坂やカーブが多いので
運転には気を付けてくださいね。道路も狭い方だと思います。
図10

3時間のサイクリングとハイキングで、城ヶ島をほぼ一周できました。
三浦半島を一周するなら、1日レンタルして行った方がいいですね。
天気がいい日だったので、風を感じる一日でした。

三浦半島サイクリングにチャレンジしてみてください。

ではでは。


<三浦への旅のお供に>

三浦の旅情報は以下の本があります。
本の中が一部見れますので、パラパラと見てみてください。










【開催時期(営業時間)】
9時(日曜日は7時)~17時まで

※年中無休
※自転車は台数の限りがあり、先着順


【住所・場所】
三浦市三崎5丁目3番1号


【アクセス】
京急「三崎口駅」からバスで三浦港バス亭まで約20分、そこから徒歩約1分


【所要時間】
-

【費用(入場料)】

<一般自転車>
3時間/520 円、1 日1,050 円

<電動アシスト自転車>
3時間/800 円、1 日/1,300 円


<うらりマルシェ 駐車場料金>
最初の1時間 210 円(以後30 分毎 100 円)
入庫後12 時間最大620 円(以後1 時間毎 210 円)

【備考・参考】
→【うらりマルシェ レンタサイクル 公式HP