三浦に海鮮丼を食べに行こうよ、うにです。(写真は「七兵衛丸」の海鮮丼)
図3

今回は神奈川県三浦市にお得に行ける「みさきまぐろきっぷ」をご紹介。
三浦に行くなら、ぜっーーーーたいに使った方がいい特別きっぷです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

なお、「みさきまぐろきっぷ」は以下の3つの構成になってます。

・京急電車の往復券
・まぐろ食事券
・レジャー施設利用券 or お土産券
図4


電車の往復券だけでなく、三浦市内の京急バスのフリー乗車券がついてます。
そして、食事券があり、市内の30店舗で海鮮丼や定食が食べられます。
そしてそして、レジャー施設の利用かお土産に交換できる券もついています。

ちなみに品川駅から購入すると大人1人で3,060円です。
これがどれだけお得か簡単な計算をしてみましょう。


ある日、海鮮丼が食べたくなった「うにさん」が神奈川県三浦市が
まぐろが有名な漁港だということにネットでググってたどり着きました。
図1

東京(品川)から京急で約1時間という小旅行にぴったりの距離感なので
いざ行って見ようと家を出て、品川駅を10時くらいに出発。
みさきまぐろきっぷを使って京急電車に乗り込みます。(通常片道930円)

11時半くらいに京急三崎口駅に到着。そこからバスに乗り込み
三崎港に向かいます。バスでの精算は不要です。(通常片道300円)
みさきまぐろきっぷを降りるときに車掌さんに見せるだけ。
図8

三崎港のバス停からすぐ近くにある「うらりマルシェ」で市場の雰囲気を楽しんで
図13

海鮮を食べようと、お店を探して、ここでまたググってみると
ももクロの高城れにさんが「ももクロChan」で紹介したお店が近く
あるではないですか。七兵衛丸さんにGO!!
図2

約30分並んで、お店に入ると、まぐろきっぷで食べれるメニューがこちら。
図9
まぐろ海鮮丼をチョイス。
図4

ちなみに通常だと1500円だそうです。
図7

支払はこちらで、ご馳走様でした。
図8

お腹もいっぱいになったので、なんかレジャー系に行きたいなと
パンフレットを見ていると、水族館があるではないですか。ということで
再びバスに乗って、油壷へ。(通常は片道240円)
図20

入場は、こちらの「みさきまぐろ施設利用券」で。(通常大人入場料は1,700円)
図9

ショーや展示などを楽しみました。(写真はコバンザメ)
図2

2時間くらい水族館でゆっくりして、5時くらいなので帰りましょう。
バスで油壷から三崎口へ。(片道270円、支払はきっぷを見せるだけ)

三崎口から京急で品川へ帰りました。(片道930円)
(※あくまでモデルケースです、写真はご参考です)


この日帰り小旅行の結果、みさきまぐろきっぷを使う場合と使わない場合で
約3,000円(2,810円)くらい浮くではないですか。計算してビックリしました。


<みさきまぐろきっぷを使った場合>

・品川駅→三崎口:きっぷ使用
・三崎口→三崎港(バス):きっぷ使用
・七兵衛丸で海鮮丼:きっぷ使用
・三崎港→油壷(バス):きっぷ使用
・京急油壷マリンパーク:きっぷ使用
・油壷→三崎口(バス):きっぷ使用
・三崎口駅→品川駅:きっぷ使用

計:3,060円

<みさきまぐろきっぷを使った場合>

・品川駅→三崎口:930円
・三崎口→三崎港(バス):300円
・七兵衛丸で海鮮丼:1,500円
・三崎港→油壷(バス):240円
・京急油壷マリンパーク:1,700円
・油壷→三崎口(バス):270円
・三崎口駅→品川駅:930円

計:5,870円


きっぷは京急の各駅で購入できます。

食事券は市内30店舗で使えます。
またレジャー施設券も温泉や水中観光船やレンタサイクルでも使えます。
自分で行きたいところを選べるのが魅力的ですね。


三浦に行くときは「みさきまぐろきっぷ」を使ってみてください。


ではでは。






<みさきまぐろきっぷ関係のご参考(三浦の情報は「みうらちっぷす」で)>

老舗の「三崎館支店 香花」でまぐろきっぷ丼など旨い海鮮丼を食べよう

動く水族館「水中観光船 にじいろさかな号」で三浦半島の海中散歩

三浦市の水族館「京急油壷マリンパーク」は独自のショーなど見所が多い

ももクロも訪れた「まぐろ食堂七兵衛丸」で「みさきまぐろきっぷ」を活用

うらりマルシェのレンタサイクルで三浦半島をサイクリングしよう



<三浦への旅のお供に>

三浦の旅情報は以下の本があります。
本の中が一部見れますので、パラパラと見てみてください。







【開催時期(営業時間)】
基本的に年中無休(三浦市のお店や施設等がお休みの場合は注意)

※土日祝日やイベント開催時は三浦のお店が混雑することがある

【住所・場所】
販売駅:京急線各駅(泉岳寺駅・三崎口駅を除く)

【アクセス】
品川駅から三崎口までは京急駅で約1時間

【所要時間】
みさきまぐろきっぷの有効期限は1日

【費用(入場料)】
<京急品川駅・京急蒲田駅・京急川崎駅 往復>
大人:3,060円、小児:2,310円

<京急横浜駅 往復>
大人:2,960円、小児:2,260円

<京急上大岡駅 往復>
大人:2,850円、小児:2,210円

※各駅により異なります。詳細はHPを確認。
→【各駅からの料金 京急電鉄オフィシャルサイト

【備考・参考】
→【京急電鉄オフィシャルサイト