こんばんは、子育てが始まって早1か月が経とうしています。
妊娠期間も含めると、11か月とほぼ1年です。赤ちゃんはも
0歳ですが、我々夫婦も親0歳で毎日が勉強です。
図5

これまで、多くの育児中の方々のTwitterなども
参考にさせていただき勉強させていただいておりますが
今回は、新規参入して日が浅い私が、これから育児をやっていく人に
参考となる単語集を作成しましたのでご紹介します。

改めて振り返ってみると、なんとも子育てがしにくい世の中ですが
夫婦で頑張っていきたいと思います。

単語については今後適宜追加していきたいと思います。
(単語の掲載はアイウエオ順です)


〇イクメン

子育てをする男性(メンズ)の略語。育児を母親が専ら担当するという
暗黙のルールが存在する子育て後進国の我が国において、
育児に積極的な父親を増やすために作られた単語。

本来は父親が育児をするのは当たり前なことですが、
イクメン宣言をした元衆議院議員が妻で同じく
元衆議院議員が産休中にゲス不倫を働いたため、
いまや妻の産休育休中に羽を伸ばす男性の総称や
妻から愛想を尽かされているのに気がつかない
憐れな男性が使う残念な単語。

まっとうな父親がイクメンと言う言葉を自称することはない。
図5


〇育児垢(アカ)

ツイッター上で使われる、育児をしている人のアカウント。
主に子育て中の母親が育児垢を名乗ることが多く、
孤軍奮闘するお母様方の愚痴や子供の成長、悩みを
相談共有するアカウントである。


図6


〇インティライミ

日本が誇る中央大学卒のシンガーソングライターであり、俳優。
TBSのドラマ「コウノドリ」に出演し、世の中のお母様方を
敵に回す言動等を繰り返し、今年最もドラマ上で嫌われた役柄を
演じてしまった気の毒な俳優である。残念な父親の代名詞となってしまった。

「うちのインティライミ」というハッシュタグにより、家庭内で
空気も読めず、父親になりきらない旦那方の愚痴の着火剤として炎上中。




〇完母

完全に母乳での子育てを目指す状態。母乳には免疫力を
高める成分も含まれており、赤ちゃんにとっても望ましいとされている。

しかしながら、初産の場合や母親の体質により、
母乳の出方は個体差があるので、育児中のお母様方を
悩ませることも多い、呪縛の言葉である。
(お母様には罪はありません)

図3



〇グズる

赤ちゃんの意思表示の一つ。ミルクが足りないわけでも、
オムツが濡れているわけでも、部屋の気温などが高いわけでもなく、
理由が分からずに泣いていたり、落ち着かない様子。

日によったり、赤ちゃん自身の個体差もあるため、一概に定義するのも難しい。

図2



〇コウノドリ

2017年にTBSで放送されている産婦人科を舞台にしたドラマ。
原作はモーニング掲載の漫画で作者は鈴ノ木ユウ。

2015年に第一シーズンが実写ドラマ化し、第ニシーズンとなる現在では、
綾野剛、星野源、吉田羊や松岡茉優など今をときめく俳優や女優が出演中。

妊娠出産育児の悩みなどに共感し、涙が止まらないという声も多数。
「うちのインティライミ」など数々の社会現象を巻き起こしている。




〇児童手当

国が少子高齢化や子供の貧困解消のために策定した制度。
所得制限や財源確保など課題も多い。ある種バラマキではあるが、
子育てには現金が必要なため、一定の支援にはなるのではないだろうか。

子供のための支援であり、決して親の遊興費ではなく、
学費などのために貯金、活用するものである。


図1


〇背中スイッチ

機械ではない生の人間に存在する数少ないスイッチの1つである。
他にはやる気スイッチなどが存在すると言われている。

赤ちゃんの背中にある高度なセンサーが
ベッドに置いた瞬間に自重で作動する。
作動すると、グズり始める魔のスイッチであるが、
有効な解決策や処方箋などが存在しないのが現状である。

スイッチの反応具合等には個体差があり、敏感な赤ん坊も存在する。
CT検査など人類の高度な科学力を駆使しても、その状態や性質等を
把握することが困難な目に見えないスイッチである。


図4


〇保活

人生における5活の一つである。その他には、
就活、婚活、妊活、終活などが存在する。

我が子を保育園に入れるために情報収集、書類提出や
嘆願を行う一連の活動を言う。個人の努力も虚しく、
割と努力が実らないことも多い。

「保育園落ちた、日本死ね!!!」は保活で努力が実らなった
多くの育児中の親の代弁であるとも解することができる。

少子高齢化が大きな課題となっている我が国において、
待機児童の解消や保活とは「家の近くの保育園を
探すくらいの活動」になることが早急に望まれている。

図1


〇夜勤

育児における新生児等の授乳やオムツの交換などの
夜間対応のことを言う。労働基準法上では、深夜業を行う際に
割増賃金が発生するものの、育児における夜勤には手当等も
一切存在しない不眠不休の業務形態などブラック企業も
真っ青の勤務形態である。

また、サービス業における深夜業務においては、
お客様が不在時には一息つけることもあるが、
育児における夜勤では気を抜くと、人の生死にかかわるため、
絶えず緊張感も存在する。

また、交代勤務等も行われていない事例
(旦那様が寝ていて助けを求められない場合もあり)も多く、
過労死寸前のお母様が多いことが推察される。




〇屋形船

男性の親が自身の子供がまさに生まれそうな場合においても、
職場の上司や同僚と乗り込みたくなるこの世の桃源郷である。

2017年に放映されているTBS「コウノドリ」の第4話において
初めて世に知れ渡った、魔の誘惑船といっても過言ではない。

ドラマ中においては、その船の詳細について語られることはなかった。
なお、ドラマ中では、前述の登場人物は最終的に
船には乗らず、暖かい家庭を築くことができた。




〇ワンオペ(育児)

労働基準法が適用されないブラック企業も顔負けの勤務形態の1つ。
新生児がいるにも関わらず、片親(主に父親)が帰って来ず(帰って来れず)、
結果として残された親(主に母親)が一人で育児を行う状態を言う。

特に慣れない育児である1人目の子供の時においては、
産後うつなどを併発する可能性もあり、危険な状況であり、
一刻も早く改善が必要であると考えられる。

ワンオペ育児がなくならない限り、少子化問題の解決はほど遠い。