共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

東京子育て奮闘記

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

子供が生まれてから光熱費がこう変わった、思った以上に増えるよという話

どうも家計担当大臣のうにです。
毎月ざっくりとした家計簿をつけております。
図2


今回はこれまでの家計に関するビッグデータ(36か月分)を
使って、子供が生まれる前後で光熱費がどう変わったか
お伝えしたいと思います。


これからお子様が生まれるご家庭や
現在小さいお子様がいらっしゃるご家庭で参考になればと思います。


子供が生まれると、夫婦二人だけの生活には存在しない
ベビーカー、ミルクやオムツなど様々なモノが必要となります。
これは別の機会に共有します。


今回は、電気・ガス・水道の光熱費がどのように変化したのか
数字もお見せして説明します。結論からいうと、ほぼ倍増します。


まずは前提条件については以下の通りです。


〇子供が誕生する前
・夫婦共働き、平日は20時以降に自宅に帰る生活(夫婦共々)
・40平米未満の1LDK(電気契約40A、2017年1月から東京ガスに変更)
・洗濯は2~3日に1回
・洗濯は夏場は外で干す、それ以外は浴室乾燥機と洗濯機で乾燥

〇子供が誕生した後
・夫婦共働き、平日は18時以降に自宅に帰る生活(夫婦どちらか)
・40平米未満の1LDK(電気契約40A、2017年1月から東京ガスに変更)
・洗濯は2日に1回
・洗濯は夏場は外で干す、それ以外は浴室乾燥機と洗濯機で乾燥



〇電気代について
まずは電気代です。子供が生まれて一緒に生活を始めた
2017年12月からドカンと増えました。
3年間の各年の平均月額金額はこんな感じです。


2016年:10,216円
2017年:10,676円
2018年:18,680円



2016年から2018年で約1.8倍となりました。

図3


夫婦は生活スタイル等が変わったわけではないので
純粋に子供が増えたことに関する費用の増加であると考えます。


〇ガス代について
次にガス料金です。支払先は東京ガスです。
こちらも2017年12月からドカンと増えました。
3年間の各年の平均月額金額はこんな感じです。


2016年:4,208円
2017年:3,868円
2018年:5,803円



2016年から2018年で約1.4倍となりました。

図2


2017年に減っている理由はよく分かりませんが、
2016年の冬が少し使用量が多かったためですね。
(確かにこのころは嫁ちゃんが湯舟を入れていたような)


子供が生まれてから、しばらくはベビーバスで
毎日お風呂だったのが、最近では毎日湯舟を
入れるようになったためガス料金が上がっています。


〇水道代について
最後に水道料金(下水道料金含む)です。


こちらは2ヶ月に1度の検針のため、毎回請求される使用料を
単純に2で割っているため、グラフがこのような形になっています。

図4


こちらも分かりやすく2017年12月から増えています。
3年間の各年の平均月額金額はこんな感じです。


2016年:2,962円
2017年:3,000円
2018年:5,332円



2016年から2018年で約1.8倍となりました。


こちらは理由が分かりやすいです。


洗濯とお風呂の回数(湯舟)が増えたことが原因です。
2018年当初はベビーバスだったものが、4~5月頃から
湯舟で一緒にお風呂に入るようになったため、
現在も高止まりしております。


以上子供が生まれる前後での光熱費の推移です。
合算すると、このように変化しています。


2016年:17,387円
2017年:17,545円
2018年:29,816円



トータルで見ると、家族が増える前後で
光熱費は約1.7倍となりました。増えた理由としては
それぞれの項目で簡単にまとめましたが以下の通りです。


〇電気代
・子供が生まれたことによる冷暖房の使用頻度上昇
・洗濯回数の増加、乾燥機の利用頻度増加
・離乳食作成によるIH・電子レンジの使用量増加

〇ガス代
・子供のお風呂(毎日湯舟)

〇水道代(下水道使用料含む)
・洗濯回数の増加
・子供のお風呂(毎日湯舟)
・離乳食作成や食器洗いの頻度増加


子供が生まれる前後で光熱費に変化があるのは
当然だとは思いますが、無理のない範囲で節約して
日々の生活を豊かにする方にお金を使いたいと思います。


現場からは以上です(笑)今後は光熱費の
節約方法などを試しながらご紹介できればと思います。


ではでは。





それは本当に突然やってくる、保育園からのお迎えの呼び出し(病児保育の必要性)

こんばんは、東京で家族3人暮らしのうにです。
かれこれ、10年近く東京に住んでますが、
いまだに人混みにはなれません。多分これからも。。。


前回は、子供が生まれてからの夫婦の時間の使い方を
実体験をもとにお伝えしました。


今回は保育園に入れて安心している皆さんに
保育園からの呼び出しの頻度などについてお伝えします。
図2


我々うに家は第10志望の保育園に入りました(奇跡的に入れました)。
自宅から徒歩20分以上という朝から健康対策の散歩付の
登園コースという点を除けば、保育園の環境や先生方の対応、
園のイベントなど何も申し上げることはありません。
図1


本当に素晴らしい保育園です、大変感謝しております。
保育園でわが娘ちゃんもイキイキと生活している写真などを見ると
本当に先生方には厚く御礼申し上げたいと日々思っております。


さてさて、保育園でのイキイキとした生活の様子はさておき
保育園では、一定の体温が出た場合、要するに熱が出た場合は
お迎え要請の連絡が両親にきます。


うちの保育園では37.5度が基準となっています。


ではでは、一体どれくらいの頻度で呼び出し要請がかかるのか
実体験をもとにお伝えします。なお、わが娘ちゃんは予防接種を
規定の月齢で受診しておりますが、これまで以下の病気を発症しました。
(なんかRPGゲームの技名みたいなものもありますね)


・アデノウィルス
・RSウィルス
・ヘルパンギーナ
・インフルエンザA型←new!!(先週)



それ以外には、通常のいわゆる風邪を引くことが多々あります。
なお、保育園では、免疫力が高くなく、このような病気を
うつし合うため、かなりの確率で多くの子供が感染します。
図5


これらを勘案して、だいたい月2~3回くらい
保育園から呼び出しのお電話があります。
この数が多いか少ないかは個人差があります。
呼ばれる時間はランダムです、午前もあれば
午後もあります、夕方のほぼ帰り際に言われることもあります。


入園当初は慣らし保育などもありますが
慣れない環境であるため、頻繁に熱を出して
お休みをとられる方がいるとも聞いています。


うちの娘ちゃんは比較的休みは少ない方かもしれません。


授乳期はほとんど熱を出すことなく、呼び出しもほとんどなかったです。
なお、この呼び出しのお電話が入る時間については、
いつくるかは全く読めません。社内の打ち合わせ中や
お客様との商談中に入ることもあります。


その際に皆さんのご家庭ではどうされますか?


うちはまず第一連絡者の嫁ちゃんに入ります。
それで電話に出ない場合は私に連絡が入ります。
基本的には嫁ちゃんが対応してくれていますが
どうしても外せないアポなどの場合は、私が迎えにいきます。


最近問題になったのは、どちらも外せないアポの場合。。。
嫁ちゃんが泣く泣くリスケをしてくれました。本当に申し訳ない。


また、熱が出た場合は、翌日も保育園に登園できない場合があります。
(インフルエンザなどは基本的に1週間登園できません)


このような場合の対応も考えておかねばなりません。
渋谷区だけでなく多くの区市町村では病児保育のサービスを
実施している事業者様がるので、そちらに預けることになるかと思います。
(両親のどちらかが休めるなら特段問題はないかもしれません)


渋谷区にはフローレンスという病児保育サービス(1日2,000円)があり
我々もよく活用させていただきます。とは言え、こちらも
先着順なので必ず予約できるとは限りません。(渋谷区は定員は6名)
(隔離が必要な病気の場合は1名しか利用できません)


フローレンスでは、病児保育ベビーシッターというサービスもあり
こちらは入会すれば、100%保育を依頼できるサービスとなっています。
入会金は50,000円、月会費は利用頻度に応じて10,000円弱からと
多少費用はかかりますが、いざという時の安心料としてうちも加入しています。


→→→病児保育のフローレンス ホームページ


病児保育についてはフローレンス以外もありますので
各自治体で対応可能な事業者の方を調べてみてください。


夫婦の両親を頼れない我々はこのようなサービスを
活用しないと、仕事ができないです。本当に助かっています。
保育園もそうですが、病児保育のサービスが
もっと拡充することを切に願っています。


保育園に入ると必ず発生する、呼び出しの対応や
病気で登園できないという事態について、
これから保育園に入られる方はどちら対応するのか
連絡体制や対応方法等を事前に夫婦で協議しておくことをオススメします。


PS.病児保育の費用等については医療費控除を受けられないようですが
  政府の方にはこのあたりの税制の改正をお願いしたいと思っています。
  (年間を通じてみれば結構な金額になりますし、働くために必要な経費だと思います)


ではでは。



4月から初めて保育園に入園される方へ、毎日がこんな感じになりますよ

どうもご無沙汰しております、うにです。


先週娘ちゃんがインフルエンザA型を発症し
1週間保育園に登園できませんでした。
図5

うに家では夫婦ともに予防接種を受けていたため
なんとか大丈夫でした。予防接種は重要ですね。


今回は来年4月から保育園に入園される方に
昨年4月から奇跡的に保育園生活をスタートできたうに家が
先輩面(笑)をして、保育園入園の前後で
日々の生活がどのように変わったかをお伝えします。


是非とも参考になればと思います。


まず、我々夫婦はこんな感じです。


〇うに(♂)
・アラサー、金融機関勤務
・旧態以前の会社で勤務しており、働き方の柔軟性に乏しい

〇うに(♀)
・アラサー、広告業界勤務
・今回初の産休・育休を経て、昨年4月から復帰
・働き方の柔軟性はあるものの、個人に求められる数字は厳しい


今回の記事のアジェンダは以下の通りです。


<今回のアジェンダ>
〇保育園入園前
・平日のタイムスケジュール
・土日の
タイムスケジュール
〇保育園入園後
・平日の
タイムスケジュール
・土日のタイムスケジュール


〇保育園入園前(平日のタイムスケジュール)
まずは保育園に入る前の平日はこんな感じでした。
うちは二人とも共働きですが、ふたりともこんな感じ。
(嫁ちゃんは化粧などがあるのでもう少し早く起きてます)


7:30 起床
8:00 出勤(基本私は朝ごはんは食べません)
9:00 始業
<職場で仕事>
17:00 定時
21:00 退社・帰宅
24:00 就寝


共働きのため、それぞれが仕事をして、
平日はほとんど家にいません。夜も飲み会などがあったり
帰宅時間も違うため、なかなか一緒にご飯を食べることも
ありませんでした。(仲は悪くありません(笑))


たまに金曜日で二人で早めに帰って
家の近くの居酒屋に行くことがあるくらいですね。


洗濯は2~3日に1度まとめてやります。
図3


〇保育園入園前(土日のタイムスケジュール)
土日はそれぞれが特段予定がなければ、
平日よりはゆっくりと起床して、
二人で出かけたり、外食したり、自由な感じです。


8:30 起床
午前 自由
午後 自由
20:00 夕食
24:00 就寝


寝る時間は平日とそこまで変わりません。
予定がなければ家でゴロゴロする日も多々あります。


懐かしい思い出です、遠い目・・・(笑)



〇保育園入園後(平日のタイムスケジュール)
そして、子供が生まれて保育園に入ってからの
平日の過ごし方はこんな感じです。


6:30 起床
7:00 朝食(子供)
7:30 出勤・保育園送り
8:00 保育園に預けて会社に向かう
9:00 始業
<職場で仕事>
17:00 定時・退社
18:00 保育園迎え
19:00 夕食・お風呂(子供)
20:00 寝かしつけ(子供)
21:00 夕食
22:00 片付け(子供の分も)
24:00 就寝


まず平日ですが、子供の保育園への送りがあるため
これまでより早く起きる必要があります。


子供を起こして、ご飯を食べさせて、着替えさせて
保育園の準備が必要です。まだ、イヤイヤ期には
入っていないため、朝の準備でそこまで手こずることは
ありませんが、今後心配です。


うに家では渋谷区の厳しい選抜を乗り越え、
奇跡的に保育園に入れましたが、家から徒歩20分以上かかり
通勤とは逆方向の保育園のため、家の近くの保育園に
通う人より何倍も労力がかかります。
(それでも入れただけで大変有難いと思っています)


ただ、遠方のため、晴れの日は朝から散歩するようなものですが
雨の日はかなりつらく、目から雨が出そうになります(笑)


また、夕刻は保育園のお迎えがあるため、残業はできません。
うに家では、私が朝送りを担当して、迎えは原則嫁ちゃんに
行ってもらっています。この役割も夫婦で話合いが必要です。


私も週に1度程度は迎えに行くようにはしていますが、
出張等も多く必ずしも毎週行けてはいません。
(嫁ちゃんの不満も貯まりやすい。。。)


なお、お迎えに行った後、家でご飯を食べさせて
お風呂に入れて寝かしつけをするまで、
自分の時間は1ミリもありません。
図6


中には夜中に目覚める赤子様も
いらっしゃるということで睡眠不足にも覚悟が必要です。
(夜泣きには個人差があり、大人しく寝てくれる子もいます)


子供を寝かしつけた後には、片付けや洗濯などを並行して
自分のご飯の準備をして、食べる時間は21時頃になっています。


子供の洗濯は2日に1回程度必要で
自分達の分も含めると、ほぼ毎日洗濯しています。
(服やタオルが潤沢にある家庭は除く)


なお、これは何もない(保育園からの呼び出し)一日の場合です。


子供が熱を出したりしたときの対応については
多数経験がありますので、また別の機会にご説明します。



〇保育園入園後(土日のタイムスケジュール)
土日については、仕事や予定がない場合、少しゆっくりできます。


しかし、子供の朝ごはんがあるので、
7時半頃には起きなくてはなりません。


保育園がないので、昼食やお昼寝、おやつ、散歩など
全てをこなす必要があります。また、離乳食も作っている場合は
土日のどちらかで、大量生産する必要があります。
うに家では土日に1週間分作って冷凍しています。


一日スケジュールとしてはこんな感じです。
子供のスケジュールの間に我々が活動するような
イメージですね(笑)夫婦どちらかに予定があれば
1人でこなさなければなりません。


7:30 起床
8:00 朝食(子供)
11:30 昼飯(子供)
15:00 おやつ(子供)
18:30 夕食(子供)
19:00 お風呂(子供)
20:00 寝かしつけ(子供)
21:00 夕食
22:00 片付け・離乳食製造
24:00 就寝


いろいろと書きましたが、4月から保育園に入る方へ、
自分で自由にコントロールできる時間は
大きく減少するかと思いますが
夫婦で協力して頑張っていきましょう。


子供が生まれる前とは全く違った生活ですが
可愛い子供と過ごす時間はあっという間に
過ぎていくとよく周り方から言われます。


大変なこともありますが、日々大切に過ごしたいと思います。


ではでは。


共働き子育て夫婦(娘0歳)が揃えて助かったオススメ育児グッズ5選

はじめての育児でどういうグッズを揃えたらいいのか
戸惑うことも多いですよね、うちもそうでした。
図6
うに家でも娘ちゃんが産まれる前から、たまひよなどの
雑誌や育児本を読みながら、いろいろと考えました。


そんななか、今回は買って(揃えて)良かったと
思える育児グッズについてご紹介します。

タイトルは共働きとしましたが、うちが共働きだっただけで
そうでないご家庭でも参考になるかと思います。


これからお子さまが産まれるご家庭や
育児中のご家庭の参考になればと思います。


ちなみにうに家は都内の極小賃貸マンションでの
子育て中なので、ご紹介するグッズは
どこの家庭でも使えると思います(笑)


更に財布のひもが堅いうに家なので
コスパがいいものを厳選しています。

それでは早速いってみましょう!!


(1)バウンサー

赤ちゃんが泣いたときのあやし、離乳食を食べるときの椅子や
お風呂に入れた後に自分の着替えをする際に
待機してもらうなど様々な用途があります。

図5

0か月から使えると書いてありますが、
うちは3ヶ月くらいから使ってます。

今もお風呂にワンオペで入れる際は、
我々がシャワーを浴びているときに
娘ちゃんが一時的なステイとして使っています。


ちなみに、このバウンサーについては、自動で揺れるものから
うちで使っている手動のものまでたくさんありますが
口コミや用途などから選んでみてください。


ちなみにうちで使っている「リッチェル Richell」の
バウンサーはシートがメッシュで取り外して洗濯が可能であったり
おもちゃをつけるバーもついています。

傾きも3段階で調整が可能なうえに、
使わない時は折りたたみもできるので
スペースにゆとりがない場合も十分に活躍可能です。


詳細はこちらから見てみて、口コミなどもチェックしてみてください。





(2)空気清浄機

うちの娘ちゃんが生まれたのが、秋でインフルエンザなどが心配でした。

また、マンションが1階で湿度の管理もしっかりしないとカビなどが
繁殖すると思い、除湿機能付の空気清浄機を購入しました。

図4

部屋もそこまで広くないので、小型の空気清浄機を買いました。

娘ちゃんがいない間に空気清浄機(除湿)を回して、
寝るときは音が少しするので止めています。


お陰様か我々夫婦も風邪などを引くことなく過ごせています。


サイズやスペックも機種によっていろいろあるので
こちらから口コミなども含めてチェックしてみてください。





(3)ブレンダー

これは離乳食が始まってから、大活躍してくれたアイテムです。
図1

生後5~6ヶ月のゴックン期や7~8ヶ月のモグモグ期に
これがないと作業量が恐ろしいほど増えます。


ボタン1つで数秒するだけで、離乳食が粉々に粉砕されるため
圧倒的な時短で離乳食を作ることができます。


食材を粉砕しないといけないのは、モグモグ期くらいまでなので
それ以降は使う頻度は多くありません、これも安いものから
高いものまで種類は多いので、家庭での使用頻度などを考えて
準備されてはいかがでしょうか。


うちで使っているのは、お値段的にも程よいものでした。
サイズやスペックも機種によっていろいろあるので
こちらから口コミなども含めてチェックしてみてください。





(4)ベビーゲート

うちの娘ちゃんが寝返りをして、
そろそろハイハイするかなという時期に買いました。
(残念ながら9か月ですが、ハイハイはしていません)

図3

娘ちゃんはまだハイハイはしませんが、
寝返りだけでかなり行動範囲が広がりました。
柵などがないと、どこに行くか分かりません。
狭い家だけに、モノもチラホラあって危険です。


そこでうちの狭い家にもおけるベビーゲートを探しました。
そうすると、意外にあるものですね。
今やこの中をどこでもゴロゴロと動きまわっています。

組み立ても簡単ですし、縦長の長方形にもセットできます。
高さも約56センチで、抱っこしたまままたぐことができて便利です。


口コミにも「これがなければ詰んでいた」というコメントがあって
とてもリアルです。口コミもチェックしてみてください。




(5)電気ポット(湯沸かし器)

正直これがあるのとないのでは、
ミルク育児中の手間に雲泥の差が出ます。
図2

新生児の時期はおよそ3時間起きにミルクを求めて泣きますし、
新生児でなくてもうちの9ヶ月の娘ちゃんは、離乳食を上げてから
ミルクを作る間でも泣くときがあります。

タイムリーにミルクを作るためには必需品です。
むしろ使っていない家庭はないかなと思います。

うちも産まれる前に買いました。
ティファールなど品数は豊富ですが
うちはタイガーのシンプルなものにしました。




以上、育児オススメグッズ5選でした。

ではでは。


高配当の上場新興国債ETF(1566)の配当情報と積立投資妄想物語

以前高配当の上場新興国債ETF(1566)についてご紹介しました。


運用会社である日興アセットマネジメントのホームページを見たら
ETFの収益分配のお知らせが出ていました。
図1

見てみると、1口当たりの収益分配金額は486円でした。
(計算期間:平成30年5月11日~平成30年7月10日)

分配金支払開始予定日は8月17日とのことです。

うにファンドでは4口保有しているので、税金を納めて、
約1,500円の配当金収入の見込みです。


育児における1,500円というのは、ミルトン1000mLを
1本買っておつりがくるという感じでしょうか。

図4

このETFの配当時期は年に6回あるので、
4口保有しているだけで、すでにミルトンが
年に6本は配当金で買えそうです。

引き続き毎月積立投資をして、
ミルトン費用に捧げたいと思います。

(半分本当で半分ウソです)


タイトルの後半部分ですが、人とは欲深い生き物で
捕ってもいない狸の皮を計算してしまうものです。

このまま、このETFの保有口数が増えていったらどうなるのか
現状ベースで試算してみました。計算の前提は以下の通りです。



【妄想条件】

ETF1口:50,000円
配当金:1口当たり約480円(税引前)
配当時期:年6回



【妄想結果】



(妄想物語エピソードⅠ)


このペースで積み立てが進めば、
年が変わる頃には達する予定です。
妄想というかほぼ現実の世界です。


保有口数が10口に到達した場合、投資総額は50万円
1回当たりの配当金受領額は約3,800円
年間配当金額は約23,000円



1回あたりの配当金で4ミルトン、年間で23ミルトンに達しますね。
保有口数が10口で、すでにミルトンをうに家で使えないほど買えます。
うに家では2~3月に一度1本買っています。

図1


(妄想物語エピソードⅡ)

計画では年間で14口保有数が増えていくので
3年程度でこの保有数に達する見込みです。


保有口数が50口に到達した場合、投資総額は250万円
1回当たりの配当金受領額は約19,000円
年間配当金額は約115,000円



1回あたりの配当金で19ミルトン、年間で115ミルトンに達しますね。

2か月に一回の配当金で19ミルトンが買えます。。。
図3


(妄想物語エピソードⅢ)

先は長いです、計画では7~8年かかりますが
不可能な目標ではないので、妄想の域です。


保有口数が100口に到達した場合、投資総額は500万円
1回当たりの配当金受領額は約38,000円
年間配当金額は約230,000円



1回あたりの配当金で38ミルトン、年間で230ミルトンに達しますね。
2か月に1回で38ミルトン買えます、もはや小さな小売店が開けるレベル。
図2


ミルトンで換算すると、分かりやすいですね。(そうでもないか)
今後も妄想エピソードを作っていきたいと思います。

これからもしっかりと節約して、積立ミルトンに励みたいと思います。
1口当たりの金額や配当金にも変動があるので
あくまで参考としていただければと思います。


ではでは。


Twitter プロフィール