共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

ふるさと納税

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

ふるさと納税の体験型コース(御礼品)のオススメ5選(1万円)

ふるさと納税は地域の特産などに触れ、
様々な地域への理解を深めてくれる素晴らしい制度です。

おまけに納税した金額分が翌年度の税金が減ります。
うに家では共働きなので夫婦でそれぞれの年収でできる
最大金額をフルに活用しています。
(お陰様で主食であるお米を買ったことはありません)

【美味しい新米10キロが実質2000円で手に入るお得な方法】

ふるさと納税では、納付した金額に応じて
御礼品をもらえますが、食品などの特産だけではありません。

今回は、1万円の納税でできる体験型の御礼品を紹介します。

あくまで「ふるさとチョイス」を見ていて、面白そうだなと思ったものです。
なお、私はどこの自治体ともご縁がありません(笑)

旅行のプランと組み合わせると、同じ予算でも
行動範囲(できることが)が広がるのでオススメです。


〇そば処『一筆啓上』 丸岡城のお膝下で「そば打ち体験」(1万円)
図5

福井県の坂井市(さかいし)の御礼品です。
そば打ち体験っていいですね、
私も軽井沢で行ったことがありますが
意外にそば粉は形を整えるのが難しかったです。

打ちたてのそばはとても美味しかったです。

【軽井沢の手打ちそばの店「ひょうろく」で蕎麦打ち体験】

(紹介文 ふるさとチョイスより)
-----------------------------------------------------------
丸岡城のお膝下の天守を望む絶好ポイントで、
そば打ち名人と共に石臼挽きのそば粉を
使用したそば打ち体験できます。

提供企業:㈱イワタグループ
-----------------------------------------------------------


〇イルカとふれあい体験チケット(1万円)
図4
大分県の津久見市(つくみし)の御礼品です。

なんとイルカとのふれあい体験券と「つくみイルカ島」の
ペアの入場券をもらえるようです。

お子さんがいらっしゃったら、いい思い出ができそうですね。
うちの娘ちゃんにもこういうのはどんどん連れて行ってあげたい。

(紹介文 ふるさとチョイスより)
-----------------------------------------------------------
うみたま体験パーク「つくみイルカ島」は、
イルカと人間の「ふれあい・癒し」をテーマにした体験型施設。
「つくみイルカ島」のペア入場券とプログラム参加券をプレゼント!

提供:うみたま体験パーク「つくみイルカ島」
-----------------------------------------------------------


〇米屋直伝!味噌作りの旅 『手My味噌』 味噌作り体験チケット(1万円)
図3

千葉県の館山市(たてやまし)の御礼品です。

お味噌づくりを体験できるという御礼品です。
なおプログラムには軽食もついているようです。

体験系が好きなうに家ですが、味噌作りは
まだやったことがないので候補として検討します。


(紹介文 ふるさとチョイスより)
-----------------------------------------------------------
味噌は自分で作った方が断然おいしい。
自分好みの「手MY味噌」で健康に!
創業90年老舗米屋での味噌作り体験は、
玄米甘酒と玄米もちの軽食付き。
-----------------------------------------------------------


〇四万十川でSUPとカヌーのお手軽体験1時間(1万円)
図2

高知県 四万十市(しまんとし)の御礼品です。

四万十川でカヌーができ、写真もとってくれるようです。
時間はやや短め(1時間)ですが、ガイドもついてくれるとのこと。

(紹介文 ふるさとチョイスより)
-----------------------------------------------------------
四万十川でSUPまたはカヌーをゆったり体験。
沈下橋のまわりで自由に体験していただきます。
ガイドもついて、写真も撮ります。
撮った写真はその日の内にお送りいたします。

初心者でも体験できます。
-----------------------------------------------------------


〇ワイン造り体験(1万円)
図1

山梨県の笛吹市(ふえふきし)の御礼品です。

ワイン造りも行ってみたい体験コースです。

嫁ちゃんが何年か前に、はとバス(確か)の
ツアーで行って作ったワインがうちにありますが
後で食べられるとか形に残るのがいいですね。


(紹介文 ふるさとチョイスより)
-----------------------------------------------------------
7月下旬~10月20日まで※要事前確認
昔ながらの足踏み体験が出来ます。
畑でぶどう狩りも楽しめて、オリジナルラベルで
自分だけの特別な1本のワインが出来上がります。
山梨の魅力も十分に味わっていただけます。
-----------------------------------------------------------



いかがでしたでしょうか。

ふるさと納税では実質的に無料で
このような体験ツアーに参加ができます。

これ以外にも納税額や自治体によって
千差万別の御礼品があるので
ぜひいろいろ調べてみてください。


ではでは。


神奈川県三浦市のふるさと納税は名物のマグロの御礼品が充実している

神奈川県三浦市のふるさと納税については以前ご紹介しました。


三浦市は野菜・海鮮・観光の3拍子が揃った名所です。
(写真は京急油壷マリンパークより)
図12


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


海鮮と言えば、三崎港は古くからまぐろ漁業で栄えた港です。
図2

三浦市ではマグロが名物・名産になっています。
三崎港にあるうらりマルシェでは、数多くのマグロが売っています。

個人的には、マルシェの隅っこにある世界でここでしか食べられない
「まぐろっちジェラート」を食べてほしいと思います。

【三浦(三崎港)に行ったら絶対行きたい魅力あふれる「うらりマルシェ」】

図20

そんな三浦市ですが、ふるさと納税の御礼品にも
まぐろが多くラインナップされています。

価格も手が出やすい1万円から
20万円までと合計で28件掲載されています。
(2018年7月時点、ふるさとチョイスより)

ふるさと納税は納税した金額から2000円を控除して
所得税や翌年度の住民税が還付される素晴らしい仕組みです。
上手く活用して、地域の特産品を味わいましょう。

今日はそんな三浦市のマグロの御礼品を一部ご紹介します。
配送は全て冷凍なので好きなタイミングで食べられます。


〇三崎港直送まぐろのお刺身半年定期便(6回配送) 200,000円

御礼品がまぐろの一番高いのがこちらです。

寄附金入金確認後の翌月から半年間、
三崎港からまぐろのお刺身をもらえるという


6か月の幸せを味わえるコースです。

コース内容が記載されていないブラックボックスですが
20万円分のまぐろはかなりのボリュームになると思います。


〇【髙島屋バイヤーセレクション】鮪・かじき 贅沢満喫セット 100,000円


高島屋とのタイアップ企画のようです。
タイアップ企画はこれ以外にも、
65,000円、30,000円のコースもあります。

100,000円のコースの中身はこちらです。

本まぐろ 大とろ(200g)×1、中とろ(200g)×1、赤身(200g)×2
目鉢まぐろ 大とろ(150g)×1、中とろ(150g)×2、赤身(150g)×2
ねぎとろ(100g)×2
白皮かじき 味噌漬(80g)×2、粕漬(80g)×2、西京漬(80g)×2
角煮(100g)×2、しぐれ煮(100g)×2

大トロや中トロ、赤身とバランスよく揃っていますね。
カジキや角煮なども入っている至福のコースです。


〇豪華!!特選三崎まぐろごちそうセット 50,000円


タイトル通り、ごちそう様の名にふさわしい2キロのマグロ。
2キロって、2リットルのミネラルウォーターのペットボトルと同じ重さです。

(コース内容)
天然三崎まぐろ
霜降りトロ3サク、中トロ2サク、赤身2サク、たたき3パック 合計約2.0kg



〇2回配送!極上お刺身&混ざりなしネギトロセット 30,000円

お刺身とネギトロを2回も発送してくれるコース。
忘れたころにもう1回送られてくるというのはいいですね。

(コース内容)
特選中とろ180g、特選赤身150g、混ざりなし!
100%ネギトロ200g×2を2回配送



〇三崎港まぐろ 家族みんなで丼と手巻き寿司用セット 20,000円


昨年私がもらったコースがこちらです。
図2

図1

図3

うまい具合に小分けになっているので
何日かマグロが食卓に並びました。
お子さんがいる家庭では手巻き寿司パーティができそう。

(コース内容)
メバチまぐろづけ丼200g×2パック 
メバチまぐろ巻き芯200g×1パック
メバチまぐろ鉄火丼200g×2パック
メバチまぐろ角切り300g×1パック



〇総重量600g☆ちょっとずつ3種類☆目利き職人が選ぶ!
    三崎港まぐろお刺身(中トロ・赤身)と朝市で
    人気の三崎港まぐろトロちまき 10,000円


10,000円でもこのボリュームです。中トロも入ってます。
お試しでふるさと納税するにはちょうどいいかもしれません。

(コース内容)
メバチまぐろ中トロ150g×1、赤身150g×1
三崎港まぐろトロちまき100g×3個 合計:600g




是非今年のふるさと納税で三浦市の美味しいまぐろを食べましょう。
私も今年三浦のまぐろをチョイスしたいと思います。


ではでは。


ふるさと納税で一番高い御礼品はどんなものか調べてみた(トップ5)

毎年ふるさと納税で御礼品を受領している、うにです。
お米はいろいろな自治体さんからもらっており、
ここ数年は買ってません。(ありがとうございます)
図6

今回は、三浦市のふるさと納税を調べていた際に
「そういえば、他の自治体で高い御礼品はなんだろう」と
純粋に気になったので調べてみました。


調査は普段私が使っている「ふるさとチョイス」さんの
ホームページを活用して、全国の事例から調べました。

ふるさとチョイスさんは業界最大手で約1300の自治体さんに
寄付・納税ができます。掲載されている御礼品の数は
18万点以上と圧倒的なシェアです。



それでは早速みていきましょう!!



【1位】卓上ディスクオルゴール(80弁×2)(長野県下諏訪町)


納税額:10,000,000円(1,000万円)


1位は下諏訪町のハヤック総合サービスさんの超高級のオルゴールでした。

ふるさと納税は原価率はだいたい半分以下と聞いたことがあるので
普通に購入したとしても500万円くらいのオルゴールです。
高級車が買える夢の詰まった箱ですね。


なお制作には約4か月程度を要するようです。
是非とも音色を聞いてみたいですね。



【1位】若手クリエイター応援企画“内海聖史”絵画プラン 1点限定(茨城県境町)


納税額:10,000,000円(1,000万円)


同じく1位なのは、境町のクリエイター作品でした。
制作には12か月でサイズも3メートル四方の大きさです。

境町出身の内海聖史さんが作成されるようです。


なお、境町では他にも内海聖史さんの作品が高額御礼品に登場しますが
今回はこちらのみを(勝手に)エントリーさせていただきました。
他にも、900万円、800万円など様々な価格帯で寄付コースがあります。



【3位】エリーゼ・Elise(静岡県湖西市)


納税額:8,000,000円(800万円)


続いて3位は湖西市さんの有限会社オギノピアノ工房のピアノでした。
白いグランドピアノってオシャレですね。なお、同額(800万円)で
「オリヴィア・Olivia」というピアノも選択できます。



【4位】元湯陣屋のまるごと貸切パーティプラン(一泊二食・40名様)(神奈川県秦野市)



納税額:7,800,000円(780万円)


4位は秦野市さんの陣屋さんを貸し切れるプランです。
鶴巻温泉や夜も庭園を一望できるレストラン「賑わい亭」で
総料理長自信の本格「特選会席」が用意されるとのことです。


紹介文にも記載されていますが、会社として納税した場合に
セミナーや福利厚生に使えそうなプランですね。



【5位】御守刀(短刀)月山貞利作(奈良県桜井市)


納税額:7,560,000円(756万円)


5位は桜井市の月山日本刀鍛錬道場の短刀です。
家宝になりそうな御礼品ですね。歴史的な背景がある
自治体ではこういう御礼品を紹介できますね。




以上ふるさとチョイス調べでしたが
全国ふるさと納税高額トップ5の御礼品でした。


なお、簡易計算ではありますが、1億円の年収がある場合に
自己負担なく寄付できる目安は約430万円らしいです。


2~3億年収がないと、自己負担なく今回の御礼品が受け取れないですね。
自己負担があってもいい場合はこの限りではありませんが。



ではでは。



三浦市のふるさと納税の御礼品が素晴らしい(グルメも体験型も)


うに家では夫婦それぞれ、毎年ふるさと納税を行っています。
(お陰様でほぼ無料でお米が手に入り、食費の軽減になっています)
【美味しい新米10キロが実質2000円で手に入るお得な方法】

図6

ふるさと納税をすると、所得に応じて一定金額までなら、
翌年度の住民税が減ります。その上で、納税した金額に応じて、
納税先の自治体から御礼品がもらえます。

この仕組みは結構素晴らしいもので、自分がこれまで住んでいた自治体や
災害等が発生した自治体に対して、自分で選んで納税ができます。

我々は自身の税金が減り、特産品などがもらえますし
受け取った自治体では、地元の事業者(御礼品を作っている会社など)や
自治体に収入が増え、新たな経済が回るというWin-Winな仕組みだと思います。

このふるさと納税については、賛否両論ありますが、
私としては使える制度はしっかり使っていきたいと思います。

【やってよかった「ふるさと納税」、2015年にもらった全特産品紹介とオススメランキング】

今回は、個人的に好きな三浦市のふるさと納税の御礼品を調べてみました。
図3

三浦市は都内から1時間程度で行けて、海・グルメ・観光が揃った
素晴らしい街だと思います。そんな三浦市を応援するために
「うにちっぷす」では「みうらちっぷす」を立ち上げて、
三浦の情報を発信しています。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今回は三浦市のふるさと納税でこれはいいというものを6つ集めてみました。
ちなみに昨年私も納税してマグロをいただきました、とても美味しかったです。



早速見ていきましょう!!


〇産直センターうらりマルシェ  三浦野菜詰め合わせ(10,000円)

うらりマルシェ野菜館の新鮮三浦野菜の中から、
季節の野菜をもらえるというもの。
1万円のふるさと納税なので、段ボールできそうですね。

詳細は書いていないのですが、三浦は野菜が旨い。
ダイコンやキャベツなど有名な野菜も多いです。

以前みうらちっぷすでも紹介しましたが、
うらりマルシェは地元の特産品が手に入る市場なので
是非行ってみてください。

マグロアイス(まぐろっちジェラート)をご賞味ください(笑)

【三浦(三崎港)に行ったら絶対行きたい魅力あふれる「うらりマルシェ」】


〇上クルージングSUP半日(まぐろ丼付き)(10,000円)

スタンドアップパドルボートの半日体験と三崎のまぐろ丼(1名様分)という
三浦のグルメとSUPの半日体験ができるというコース。

これも10,000円でできるというのがいいですね。
(ふるさと納税なので実質タダですし)

三浦の海は半島の先でもあるのでキレイなところです。


〇三崎港まぐろ 家族みんなで丼と手巻き寿司用セット(20,000円)

三浦と言えば、まぐろですね。そのマグロを家族で楽しめるコースです。

私は過去にこのコースを頼みました。当時は娘ちゃんもいなかったので
嫁ちゃんと二人で何日かマグロが食卓にあって幸せな気持ちになりました。

冷凍での配送なので日持ちもしますので好きな時に食べられますね。


〇気軽に水中散歩~体験ダイビング~(まぐろ丼付き)(20,000円)

最低参加年齢10歳以上の体験ダイビング(1名)です。
このコースにもまぐろ丼(1名)がついてます。

三浦には、水中を見ることができる船がありますので
こちらでも海の中をお楽しみください。

【動く水族館「水中観光船 にじいろさかな号」で三浦半島の海中散歩】


〇シーボニア海の散歩サンセットクルーズ(20,000円)

海も重要な観光資源ですね、20000円でクルーズが体験できます。

小網代湾を中心にした約70分のサンセットクルーズを
貸し切りのボートで楽しめるコースのようです。

貸し切りボートのサンセットクルーズってのがいい。


〇三浦半島でダイバーになろう♪PADIオープンウォーターダイバーコース(200,000円)

個人的に一番行きたいのはこちらです。
納税額は20万円です。(今の年収では足りません。。。)

3日間でダイビングのCカードが取得できるという素晴らしいコース。
ただし参加は10歳以上とのこと。(私はアラサーなので大丈夫)



ダイバーのライセンスがほぼ無料(ふるさと納税なので)で手に入るという。

スキューバーダイビングもやってみたい方(資格を取りたい方)は
ふるさと納税でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


ではでは。


都会で夫婦共働きでしっかり貯金して生きていくための家計節約テクニック

東京を中心とした首都圏は家賃も高いし、共働きだと食費もかかりますよね。
今回はそんな大都会において共働きで働いている人のために、
うに家で実践している今日からできる節約術のテクニックを大公開します。

図2


ダイエットと同じで、家計でもまずは筋肉をつけるなど痩せやすい体にすることが重要です。
貯金を殖やすためには、まず無駄な出費を削減するなどして、家計の筋肉質化を
図るなどできることから始めましょう。そうすれば収入が増えたら、お金もどんどん貯まります。


お金は大切です、お子さんがいらっしゃる家庭では教育費、お子さんがいない家庭でも
両親の介護や自分達の老後資金も用意しなければいけないご家庭もあると思います。

先日、経済評論家の山崎元氏の提唱している必要貯蓄率を使って
うに家の貯蓄率を計算しましたが、自分たちの老後に備えるためには
手取りの約17%も貯金をしないといけません。(厳しいですね)

30秒程度できるので皆さんも試算してみてください、
特に財布を握っている奥様の皆さん、家庭の財務大臣の重要なお仕事ですよ。



→【都内で共働きの夫婦の場合の貯金(貯蓄率)の目安とはおいくら(うに家の実例で試算)


貯金ばかりでは疲れてしまいますが、今回ご紹介するテクニックは
無理のない範囲でできるものばかりです。将来のためのお金を貯めるのも必要ですが、
メリハリをつけて、節約したお金で旅行や美味しいものを食べに行きましょう。

城崎温泉 大幸商店 1
(写真は兵庫県城崎温泉付近の大幸商店の海鮮丼)


→【日本海の海の幸を堪能「大幸商店」で海鮮丼とカニ@城崎温泉


<STEP1>家計の見える化


まずは夫婦二人でどれくらい収入があるか、そして支出があるか確認しましょう。
現状を知らずして議論しても空回りします。1円単位で管理する必要はないですが、
お互いの給与明細等を見せ合って、月でどういう支出があるかざっくり書き出してみましょう。


うに家では簡単なエクセルに月々の収支を入れています。項目としては下記の通りです。
ざっくりいうと、収入、固定費、変動費の3つです。うに家は共働きなので、
固定費や食費(二人で食べるもので昼食分は除く)、生活費(洗剤や薬代など)は
概ね折半してます。それ以外は共通貯金分を出せば、すべてお小遣いです。


おかげ様で、世間平均と比べて倍近いお小遣いがそれぞれあり、
特に不自由していません。(飲み会が多い月や結婚式などがあると厳しいですが。。。)


まずは、このように家計をざっくりと把握することから始めましょう。



<書き出す項目>

・額面給与、手取り収入
・固定費(家賃、光熱費、通信費)
・変動費(食費、生活費、お小遣い)




<STEP2>家計の固定費削減


それでは早速、各支出の削減方法ですが、固定費はいろんな節約術ブログなどでも
紹介されていて最も節約効果が高い支出です。固定費を制する者は家計を制すると言っても
過言ではありません。今回ご紹介するのは3つの方法です。


① 通信費削減(格安SIM携帯に変更)


今回紹介するテクニックの中で最も効果が大きい通信費の節約方法ですが、
ソフトバンクやドコモ、Auで契約している方向けです。格安SIM携帯に切り替えましょう。


方法は簡単です、大手携帯会社で転籍、フリーテルなどの店頭で加入手続きをするだけです。
番号も変わりません。格安SIMの会社はフリーテルや楽天など多くあるので、
各サイト等で値段などを確認してみてください。


デメリットとしてはキャリアのメールが使えなくなりますが、
中にはメールアドレスサービスをやっている会社もあります。
(フリーテルはメールアドレスがありません)
ただ、Gmailなどは使えますので困ることはほぼないでしょう。


私はフリーテルにしましたが、通信速度なども気になったこともありません。
(フリーテルはドコモ回線を使用しています)


もともとは私はソフトバンクで契約をしていたのですが、フリーテルに変えて、
月額で通信費が約7,000円も減少しました。嫁ちゃんもドコモでしたが、
同じように約7,000円近く通信費が削減できました。

二人合わせて月14,000円の節約です。
年間では約170,000円の節約ができました。これはすごい。


ソフトバンクが一時期吉野家とコラボして牛丼が食べれるようにしていましたが、
この節約方法だけで、年間約400杯の牛丼が食べられます。。。
ソフトバンクさんには是非とも値段を下げるように頑張ってほしいですね。


なお、大手キャリアでは2年縛りの期間などもありますので、
諸経費を計算して変えることをオススメします。私は2年縛りも気にせず、変えました。
携帯もフリーテルで新しい端末を買いましたが、それでも1年程度
で元が取れるくらいコスト削減効果が大きかったです。



② 電気代削減(電力小売り自由化)


これは最近うちでも始めたものですが、今電力会社から
電気は買わなくてもいいのをご存じでしょうか。大手ガス会社等から
電気を買うことができます。これを使うと年間で10,000円近く電気代を
削減することができます。(都内2人で居住の場合)


東京ガスのHPで試算した結果が下記の通りです。
昨年1年間の使用電気料を入れると削減効果を試算してくれます。
うに家の場合で約9,000円ですね。スマートメーターをつける必要がありますが、
費用はかかりませんし、解約手数料もかからないのが魅力ですね。

図1

ちなみに最も電気代の削減効果のある会社はニフティ電気でした。
価格.comでは試算もできるし、まとめられているのでご覧ください。


→【価格.com HP 電気料金比較


② ´電気代削減(暖房器具について)


これはちょっとした節約術ですが、暖房器具は電気代が高いので
代わりにカーペットを足元に置いてみるのはいかがでしょうか。
電気代としては暖房より1/4程度になります。

うちで使っているのはアマゾンで発見したこちら、お値段もサイズもお手頃です。


暖房はどうしても乾燥してしまうし、床まで温まりません。
こういう電気カーペットは足から温まるので全身も温まります。
床暖房がないご家庭で共有スペースにあると有り難いですね。



<STEP3>変動費削減(食費削減について)


続いて変動費の節約テクニックです。こちらはうに家でもいろいろ試しているので
新しいもの(節約レシピなども)は今後もどんどん追加していきたいと思います。
今回は変動費の中でも食費に焦点を当ててご紹介します。



① 食費削減

どこの家庭でも食費が大きなネックになっているのではないでしょうか。
育ちざかりの子供さんがいればなおさら削れないし、食費を削って
栄養バランスが偏って病気になっても元も子もありません。
そうならないためにもしっかりと考えたいですね。


(1)食費の週次管理


様々な節約術の本を読みましたが、よく出てくる方法です。
例えば1週間1万円と決めて、その範囲内で買い物をするという方法です。


1日毎だと飲み会などの突発的な用事に対応できないので1週間単位で
食費を管理しようというものです。うに家でもほぼ1週間当たり
7000円という目標を設定して管理しています。


財布を別にしてもいいですし、封筒にお金を入れるなどしてもいいですね。



(2)宅配サービスの利用


(1)の食費の週次管理にも関係しますが、世の中には便利なサービスがあって
毎週決められた日に野菜等の食品を自宅まで運んでくれる会社があります。


有名なところでは生協やオイシックス、らでぃっしゅぼーやなどがありますね。
うに家でもらでぃっしゅぼーやで野菜等の食品を毎週配達してもらってます。


このサービスのいいところは、多少値段は高めですが、野菜等が偏りが少なく
自宅まで届けてくれることです。どうしても自分で買うと好きな野菜などが
多く食卓に登場してしまいます。(水菜やホウレンソウなど)


らでぃっしゅぼーやでは5000円程度で数種類の野菜等を届けてくれます。
もちろん中身については自分でも調整して変えることができるので
食べたいものを頼むことができますし、前回も食べたものを変更したり
落としたりすることができます。


このサービスを使うことで、週次管理を上手に行うことができます。
(足りないものやらでぃっしゅぼーやで高いものはスーパーで買い足します)



(3)ふるさと納税の活用


うにちっぷすでもこれまでたくさんのふるさと納税を行ってきましたが
納税の御礼の品として全国各地から様々な特産品をいただきました。

(玄米15キロ(1万円)@茨城県猿島郡境町)

図2

(伊万里牛のロースステーキ(5万円)@佐賀県伊万里市)
図1

お米や玄米は買ったことがありません。1万円の納税で20キロもお米が
もらえるところもあります。他にもうどんや牛丼などの備蓄系の食品から
ご当地の野菜や肉、果物など食べ盛りのお子さんがいる家庭にも優しい
ラインナップが各自治体で用意されています。


(黒毛和牛の牛丼(1万円)@山形県上山市)
山形県上山市 3

(稲庭うどん(72食分、3万円)@山形県湯沢市)
図3

ふるさと納税は2000円は自己負担なので、お米を20キロももらうと
それだけで十分に元が取れてしまいます。あとはどれだけ特産品をもらっても
実質タダ(翌年の住民税や所得税で返ってくる)ですからそのインパクトはすごい。


→【【ふるさと納税 2015】美味しい新米10キロが実質2000円で手に入るお得な方法@長野県駒ケ根市

→【やってよかった「ふるさと納税」、2015年にもらった全特産品紹介とオススメランキング


(4)ベランダなどで野菜を育てる


ネギやニラなどの野菜は育てやすいので、日当たりのベランダがあれば
プランターで野菜を育てるのも手ですね。


また近くに(借りれる)畑があったりすれば、もはや野菜も買わなくてすみますね。
(別の費用や労力はかかると思いますが、リフレッシュもできますし)


うちも小さな畑を借りて野菜を育てていますが、
もっと無農薬の有機栽培の野菜を作ってみたいと思っています。

図3


→【週末にマイファームで畑をレンタルして野菜栽培開始、週末農業スタート

→【栄養豊富で家庭菜園にオススメ、シシトウ栽培と早くて簡単、美味しいシシトウ料理レシピ

→【畑を探して三千里、週末農業をやりたい人へ、畑を借りる方法(関東編)


いかがでしたでしょうか、参考になりましたでしょうか。
うにちっぷすではこれからも家計節約テクニックを研究・実践して紹介していきます。



ではでは。




Twitter プロフィール