共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

みうらちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

三浦のお土産はB1グランプリ入賞の名物「三崎まぐろラーメン」も

都内から日帰りで旅行に行くなら、神奈川県三浦市をオススメしています。
図1

三浦市は、都内から京急で約1時間程度で行けるし、
グルメも観光スポットもお土産も揃っている、まさに観光地です。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そんな三浦市は1950年代からまぐろ漁業で有名であり
現在も三崎港はマグロなどをはじめとする海鮮が食べられるお店が多いです。
(写真は、「まぐろ食堂七兵衛丸」の海鮮丼です)
図3

【ももクロも訪れた「まぐろ食堂七兵衛丸」で「みさきまぐろきっぷ」を活用】

うらりマルシェでは、マグロなどの海産物が数多く販売されており
その一角でこの「三崎まぐろラーメン」を見つけました。
図4

【三浦(三崎港)に行ったら絶対行きたい魅力あふれる「うらりマルシェ」】
図11

もともと三浦市では、まぐろを使ったらーめんが存在していましたが
まぐろの漁業者が減るにつれて、まぐろラーメンも消えてしまったとのこと。

そこで、2007年に市内の有志が集まって、「三崎まぐろラーメン」を
復活させる「三浦中華料理研究会」が結成されたようです。

その「三崎まぐろラーメン」のお土産用は2種類存在します。
図3

図5

味は2種類で、「しお味」と「濃厚醤油味」です。
マグロがベースなので濃厚醤油もあっさり目のスープでした。

どうしてもうちで作ると、シンプルな感じになりますね。
トッピングにマグロを入れるべきだった。。。

こちらがしお味です。
図2

こちらが濃厚醤油味です、わかめをトッピング。
図1

魚介スープが美味しいラーメンでした。

「まぐろラーメン」については、店舗によっても違うので
是非とも試してみてください。私は牡丹は行きました。

【三崎港に行ったら海鮮丼もいいけど「三崎まぐろラーメン」はどう@牡丹】
図2

最近、三浦市に行っていないので、そろそろ遠征して
食べ歩きにチャレンジしたいと思います。

ではでは。



【新企画】神奈川県三浦市の情報発信「みうらちっぷす」を立ち上げます

こんばんは、うにです。今回は新しい企画のご紹介です。

最近小旅行で行った、神奈川県三浦市がすごくいい場所でした。
(写真は観光船「にじいろさかな号」に乗ったときに撮れた写真)
図4


そこでうにちっぷすの新企画として、三浦市さんの魅力発信の
お手伝いを(勝手に)させていただきます。その名は「みうらちっぷす」。
(ちなみに三浦市出身でもないし、三浦市で働いているわけではありません)


私としては地方創生などには関心があり、自分でも何かできればなと思ってました。
そこでうにちっぷすではこれまで旅行やグルメの情報を多く扱ってきたので
三浦市さんのこれらの情報を中心に発信していきたいと思います。


「うにちっぷす」×「地方創生」=「みうらちっぷす」という感じですね。

ちなみに三浦市はこんなところです。
なんと縄文時代から人が住んでいるというモノホンの歴史があるところです。


【三浦市HP「三浦市について」引用】

三浦市の歴史は古く、市内には古代、縄文、弥生、古墳時代の遺跡が広く分布しています。
鎌倉時代初期には、和田義盛をはじめとする三浦一族が活躍し、また、この時代は三崎に
桜、椿、桃の三つの御所が開かれ、源頼朝をはじめとして多くの要人が来遊しました。
江戸時代には港町としてにぎわい、次第に漁港としての整備が進み、これが近年における
遠洋漁業基地としての都市形成の基礎を築いたといえます。
その後、昭和30年1月1日に三崎町、南下浦町、初声村が合併して「三浦市」となり
現在に至っています。


人口は44,366人、17,490世帯(2017年2月1日時点)


こういう企画だと取材と称して、小旅行もできるし、旅行好きにはもってこい。
(取材費などをどこからか受け取っているわけではありませんが。。。)


三浦市って都内からすごく近いんですよ。なんと品川から約1時間(品川から三崎口まで)。
図5

地図でいうと、このような位置関係です、雑なラインですが(笑)
横須賀市などがある三浦半島の先っちょにあります。
図6


首都圏からのアクセスがいい上にそれでいて、
マグロで有名な三崎港(海鮮)、ブランド三浦野菜や
温泉など観光スポットやグルメなど観光スポットも多い街です。

(「三崎館支店 香花」の「まぐろきっぷ丼」)
図1

(うらりマルシェのさかな館(三崎のマグロ・地魚・海産物など))
図2

(三浦野菜の数々(うらりマルシェにて))
図3


今後このような三浦市のスポットなどを紹介していきますので乞うご期待!!



Twitter プロフィール