共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

オーシャンビュー

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

沖縄の絶景スポット「万座毛」は本島屈指のビューポイント、サンセットの名所

沖縄の西海岸にある絶景スポット「万座毛」をご紹介。
図9

沖縄ドライブで立ち寄りました、駐車場も入場も無料で眺めは最高。
これはもう行くっきゃない、ということで少し離れた駐車場に車を停めて歩きました。
図12

晴れていた休日だったからか、一番近い駐車場は混雑していて
少し待たないと車が停めれない状況でした。離れた場所って言っても
200メートルくらいなのでそんなに距離を感じなかったです。」

入り口には天皇皇后両陛下が来られた際の歌が石碑になってます。
万座毛の由来は琉球王国時代に尚敬王が「万人を座するに足る」と
称賛したことがきっかけのようです。
図11

入り口から入って、道は少し坂になってたりしますがほとんど平坦です。
図10
図2

ちょっと海側を見てみると切り立った崖とキレイな海を眺めることができます。
図8
図7
図6

ハブ注意の看板を発見。お会いしたくないですね。
図3

開けた視界からはANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートも見えます。
写真には写ってませんが、もう少し左側ですね。
図5
図4

サンセットの名所としても有名なスポットなので
ぜひ夕焼けの時間に訪れてみてはいかがでしょうか。

お土産は駐車場の近くに売店が軒を連ねています。
図1


万座毛の付近には他にも「部瀬名岬」、「残波岬」や「真栄田岬」があるので
絶景がお好きな方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


【開催時期(営業時間)】
年中無休

【住所・場所】
沖縄県国頭郡恩納村字恩納

【アクセス】
屋嘉ICから国道58号線を利用して車で約10分
那覇空港、美ら海水族館や古宇利島から車で約1時間程度

【所要時間】
30分程度

【費用(入場料)】
入場無料、駐車場無料

【備考・参考】
→【万座毛 観光スポット 沖縄観光情報WEBサイト おきなわ物語HP

式根島の絶景スポット、広大なオーシャンビューが特徴の「ぐんじやま展望台」

「神引展望台」に続いて式根島のぐんじやま展望台をご紹介。

→【式根島の絶景スポット、新東京百景にも選ばれた「神引展望台」に行ってきた

神引展望台に劣らない景色の良い展望台です。なのに場所が分かりにくい。
ぐんじやま展望台 7

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

道路にこんな看板があるのと整備されていない駐車・駐輪スペースがある程度です。
周辺の道路は坂道が多く、山道を走っている感じがします。
ぐんじやま展望台 8

この展望台は駐輪場からわずか徒歩1分の好立地、走れば30秒もかかりません。
そのうえ景色は最高にキレイ、夕焼けなんて見れたら感動して涙がでそうな。
それだけにこの案内はもったいないですね。

展望台までの道も舗装等はなく、間違えたりはしないでしょうけどシンプルです。
ぐんじやま展望台 6

展望台は静岡県伊豆市にある「恋人岬」に似ているかなと、鐘はありませんが。
ぐんじやま展望台 9

階段を上ると、一面にオーシャンビューの景色を眺めることができます。
ぐんじやま展望台 5
ぐんじやま展望台 10
ぐんじやま展望台 4
ぐんじやま展望台 3

天気も良かったので最高の景色を見ることが出来ました。
神引展望台とは違って断崖絶壁な感じではないので
高所恐怖症の方にも安心して楽しめるかなと思います。

ちょっとした椅子もあるのでゆっくりしていってもいいのではないでしょうか。
ぐんじやま展望台 2

近くに看板があるので道路を通る際に注意して見つけてください。


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            


【開催時期(営業時間)】
年中無休

【住所・場所】
東京都新島村式根島

【アクセス】
<式根島迄>
東京から夜行大型客船で約11時間、高速ジェット船で約3時間(東海汽船)
下田から客船にて約4時間半(神新汽船)
<ぐんじやま展望台迄>
野伏港から自転車で約15分
徒歩で約40分

【所要時間】
30分程度

【費用(入場料)】
無料(ぐんじやま展望台)

【備考・参考】
→【観光スポット・レジャー 式根島 公式HP

これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」

式根島の観光スポット紹介、今回は秘湯、地鉈温泉です。
式根島 地鉈温泉(朝) 12

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

式根島には全部で4つの温泉があります。今回の島旅行で3つ行きました。
どれも面白い温泉ですが、これは群を抜いてすごい温泉でした。
写真もたくさん撮ったのでぜひ雰囲気を味わってください。
式根島 地鉈温泉(朝) 14

<式根島の温泉(全部で4つ)>

・松が下雅湯
・地鉈温泉
・足付温泉
・海中温泉

→いずれも入湯は無料です。これとは別に「温泉憩いの湯」という入浴施設はあります。

式根島 地鉈温泉(朝) 15
式根島 地鉈温泉(朝) 16

駐車場・駐輪場もあり、入り口付近にはお手洗いもあります。
式根島 地鉈温泉(朝) 13

この温泉まずは軽いトレッキングが必要です。断崖絶壁を下っていきます。
式根島 地鉈温泉(朝) 11
式根島 地鉈温泉(朝) 10
式根島 地鉈温泉(朝) 9
式根島 地鉈温泉(朝) 8

下について振り返ると周囲は岩石の山です。落石注意の看板の説得力がありあまる。
式根島 地鉈温泉(朝) 7
式根島 地鉈温泉(朝) 5

さらに狭い岩肌を進むと海と温泉が見えてきます、足元にご注意ください。
式根島 地鉈温泉(朝) 6
式根島 地鉈温泉(朝) 4
式根島 地鉈温泉(朝) 3

湯気が沸き立ってます、温泉独特の香りもします。
式根島 地鉈温泉(朝) 2
式根島 地鉈温泉(朝) 20
式根島 地鉈温泉(朝) 18
式根島 地鉈温泉(朝) 24
式根島 地鉈温泉(朝) 25
式根島 地鉈温泉(朝) 27
式根島 地鉈温泉(朝) 19

当然この空間の周囲は岩肌に囲まれてます。脱衣所等はありません。
遠くの壁に更衣室とありますが、落石が怖くて行けない。。。
たしかにそっちの方は岩が多く影にはなってます。
式根島 地鉈温泉(朝) 1
式根島 地鉈温泉(朝) 26

ちなみにすぐ目の前は海です。波が押し寄せてきてます。景色もキレイです。
式根島 地鉈温泉(朝) 28
式根島 地鉈温泉(朝) 22

さて温泉について、あちこちで湯気が立っていますがどこも熱いです。
入る前には必ず手や足で確認してください、しゃぶしゃぶになります。
さすが源泉の温度80度と言われるだけあってどこもアツアツです。

友人と発見した入浴スポットは海との境界線でした、ここだとちょうどいい湯加減です。
熱いお湯が流れてくるのと海水が混ざり合ってベストな温度になります。
ちなみにどこにも階段とかないので、入る際は足元にご注意ください。
式根島 地鉈温泉(朝) 23
式根島 地鉈温泉(朝) 21

この場所だと若干塩水なので後でどこかでシャワーを浴びた方がいいですね。
更衣室もないので水着を事前に着用していくことをオススメします。
式根島の温泉はどこも混浴なので水着着用はマストです。

こんな壮大な温泉は生まれて初めてでした。
式根島に行かれた際は是非温泉巡りをしてみてください。


PS.地鉈温泉の夜の雰囲気はこのような感じです。

→【秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            





【開催時期(営業時間)】
年中無休


【住所・場所】
東京都新島村式根島


【アクセス】
<式根島迄>
東京から夜行大型客船で約11時間、高速ジェット船で約3時間(東海汽船)
下田から客船にて約4時間半(神新汽船)
<地鉈温泉迄>
野伏港から自転車で約15分
徒歩で約40分


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
無料(地鉈温泉)


【備考・参考】
→【観光スポット・レジャー 式根島 公式HP

Twitter プロフィール