共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

クレジットカード

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

京都駅直結の穴場休憩スポット、フリードリンクもあるJCBラウンジ京都

友人の結婚式のために京都に行って、時間にゆとりができ
「JCB Lounge 京都」に立ち寄ってみたのでご紹介。

図7

「JCB Lounge 京都」はJCBがカード保有者に提供する
無料の休憩スペースです(事前申し込み不要)。
ディズニーランド以外でJCBが単独で提供しているラウンジは国内ではここだけです。

営業時間は年中無休で10時から18時です。
旅の途中などでコマ切れの時間ができた際には、
フリードリンクもあるので是非とも立ち寄りたいですね。


「JCB Lounge 京都」の入場に必要なカードは以下の10種類のみとのこと(2017年8月時点)。
私は社会人になってから、JCB一本で決済をしてきたので、身分不相応なカードを
使わせていただいております。JCBのクレジットカードのサービスについては
別途ご紹介していければと思います。

【「JCB Lounge 京都」に入場可能なカード一覧】

・JCBザ・クラス
・ANA JCBカードプレミアム
・ANA JCBスーパーフライヤーズカードプレミアム
・東海東京証券プレミアムクラブJCB Platinum
・JAL・JCBカード プラチナ
・JALグローバルクラブ JAL・JCBカード プラチナ
・JAL CLUB EST JAL・JCBカード プラチナ
・JAL・JCBカード(ディズニー・デザイン)プラチナ
・JCBプラチナ法人カード
・JCBゴールド ザ・プレミア


図8


〇アクセス

アクセスは京都駅直結と言っても過言ではない、JR京都駅ビル内にあります。
もちろん雨が降っていても、濡れずにたどり着くことができます。
京都駅の中央改札から徒歩3分といったところでしょうか。


ここがお馴染みの京都駅の中央改札がある場所です。

図18

図3

ここから、ホテルグランヴィア京都、京都劇場の方に歩いて向かいます。
図4

京都劇場のレッドカーペットが目印です。

図2

そして京都劇場の建物に入ると右側にJCBプラザとラウンジが見えてきます。
なお、お手洗いも近くにあるので大変便利な場所にあります。

図5

図6

〇ラウンジ内の様子など

ラウンジの中はこんな感じです。
図16

図14

ちょっと一杯ドリンクを飲んで休むには十分すぎる環境です。
座席は全部で15席程度ですかね。本棚には、るるぶなど旅行雑誌もあっていいですね。

図15

ドリンクはフリーのセルフサービスでコーヒーやココアなどが飲めます。(もちろんアイスも)
オレンジジュースやリンゴジュースもスタッフの方にお願いすれば出していただけるとのこと。

図13

図12

個人的に一番ありがたかったのはコンセントですね。
行きの新幹線で携帯を使い過ぎたせいか
電池がなくなりかけていたので、大変助かりました。

図17

私はタバコを吸わないのですが、喫煙スペースもありますよ。
図11


〇留意点


(1)混雑状況について
まず前提条件として私が行ったのは、日曜日の午前でした。
10時開店で、一番乗りでした。カードを見せて入場するだけです。
特に何かを記入する必要はありません。


10時半頃までラウンジにいましたが、その間に来た人は私を含め、3~4人です。
1人はコーヒーだけを飲んでちょっと休んですぐに出て行かれました(10分くらいいらっしゃったかな)。
私が出る時には、たしか1人以外誰もいなかったような。


そういう意味では、全く混雑もない快適な空間です。
駅中や駅近のカフェなどは人で溢れていてゆっくりするのもできないでしょう。
旅行先でなかなかゆっくり過ごせる場所ってないですよね。


なお、混雑していることが予想される日は「1時間程度で退出ください」という案内も出るようです。
図9

まあ、皆様京都には観光等で来られているわけで、
2時間も3時間もここで過ごすことはないでしょうから特段問題ないかなと思います。

(京都タワーもすぐそこですね)
図1


(2)利用可能人数について
上記の対象カードを1枚見せれば、本人と同伴者1名の計2名まで入れます。
うちは家族カードにしているので、嫁ちゃんと合わせれば、4名まで入場できるはず。


それ以上に追加で人数を増やせるかについては、探してみましたが、見つかりませんでした。
JCBカードのページにも記載がありません。そこまで広いラウンジではないので、
大勢で入ることは想定していないでしょう。



(3)荷物の預かりについて
「JCBラウンジ京都」では手荷物についても預かっていただけるようです。
ただ、営業時間が18時までなので、じっくり京都観光をする場合は、
駅のコインロッカーに預けるのが無難ですね。




京都への観光や出張などの用事で
少し時間があるときは是非とも立ち寄ってみてください。








【開催時期(営業時間)】
10時~18時

【住所・場所】
JR京都駅ビル内 京都劇場入り口すぐ

【アクセス】
JR京都駅中央改札から徒歩3分

【所要時間】
-


【費用(入場料)】

無料

【備考・参考】
-

阿蘇くまもと空港の空港ラウンジ「ASO」が快適すぎた件について

熊本空港のラウンジがすごく快適だったのでご紹介。
図8

空港ラウンジは、飛行機へ搭乗する前にジュースなどを飲んでゆっくり
時間が過ごせるある種カフェみたいなところです。ラウンジには大きく2つあります。

(1)航空会社のラウンジ
(2)カード会社等のラウンジ

どちらも使ったことがある(航空会社のラウンジは同伴で)のですが、
航空会社のラウンジは豪華ですね。さすが飛行機を年に何回も
使う人が入れるだけあって、サービスがいい。
(お酒を含むドリンクが飲み放題で軽食が出るところもあります)

カード会社等のラウンジは航空会社のラウンジには劣りますが
それでも、飛行機への搭乗をゆっくり待つことができます。
今回ご紹介する「ASO」は後者になります。

入場方法はいたって簡単で、受付でクレジットカードと航空券を見せるだけ。
(入場可能なクレジットカードをお持ちでなければ、入場料を払えば入れます)

座席は自由です。たまに混雑しているときもありますが
今回私が行ったときはすいてました。
(羽田空港のラウンジは常に混んでいるイメージですね)

ラウンジ「ASO」は室内も座席もすごくキレイでした。
図4

図5

座席毎にコンセントがあるので、携帯やパソコンの充電もできます。
なお、「ASO」では、ビールが一杯無料で飲めます。(2杯目以降有料)
図2

また、私が行ったときはビール以外にも焼酎の試飲ができるなど
他の空港ラウンジでは見たことがないバリエーション。
もちろんソフトドリンクは自動販売機が2台あって飲み放題ですよ。
(ジュースやコーヒーなどなどアイスからホットまで)
図1

おつまみのお菓子もあります、ビールとの相性は抜群ですね。
図7

ご想像の通り、こういうセットができ上がります(笑)
図6

ソフトドリンクとおつまみという組み合わせもいいですね。
図3

少し早く空港に着いたら、ぜひ空港ラウンジでごゆっくりお過ごしください。
熊本空港のラウンジはレベルが高いと思います。いやあ、ほんとによかった。

ぜひ阿蘇くまもと空港から飛び立つときは、立ち寄ってみてください。

ではでは。






【開催時期(営業時間)】
6:30〜最終便出発時刻まで

【住所・場所】
阿蘇くまもと空港内

【アクセス】
-

【所要時間】
-

【費用(入場料)】

<2時間ドリンク付>
大人:1000円(1時間毎の追加料金500円)
子供:600円(1時間毎の追加料金300円)

【備考・参考】
→【施設情報-施設サービス 熊本空港(阿蘇くまもと空港)オフィシャルサイト

クレジットカードをお得に使うためのおすすめの作り方と4つのポイント

現在世の中には様々なクレジットカードがあふれ返ってます。
そしてクレジットカードの作り方も同じようにいろんな人が
書籍やブログで教えてくれています。

クレジットカード 1

しかしいろんなカードがある中でクレジットカードの初心者向けに
作り方を説明してくれているものはあまりないのではないかと思います。

今回は大学生や社会人になったばかりの人など初めてカードを作る人や
あまりカードを作ったことがない人向けにカードを作る場合にどういう基準で
カードを作った方がいいかをシンプルにまとめてみました。

クレジットカードを作る際のご参考にどうぞ。


【1】JCB・VISA・MASTERブランドを選ぼう

まずはカードのブランドをどうするかですね。
結論から言うと、特にこだわりがなければ多くの提携店をもつ
(多くのお店で使える)ブランドで作るほうが便利です。

お店によってはVISAやMASTERは使えるけどDinorsは
使えない等お店によって使えるカードブランドが異なります。

個人的な感覚ですが、日本国内ではこの国際3ブランドがあればだいたい困りません。
中にはVISA・MASTERは使えるけどJCBは使えないっていうお店も多々ありましたので
使える数としてはこの両ブランドが一番使えるお店が多いのではと思います。

どのブランドが一番使えるお店が多いかについては正式な統計がないため
単純に比較ができません。もし正確なデータがあれば教えてください。


【2】ポイント還元率が高いカードを選ぼう

クレジットカードは使うとポイントが貯まります。
貯まったポイントは様々なものと交換できたり、割引ができるので
どうせならポイントが貯まりやすいものがいいですね。

私が調べたポイント還元率が高いカードトップ5はこんな感じです。
(年会費無料ですぐに還元率が適用されるものを調べました)

①REX CARD Lite(レックスカードライト) 1.25%
②Orico Card THE POINT 1.00%
③Yahoo! JAPANカード 1.00%
④楽天カード 1.00%
⑤JCB EIT 1.00%


【3】使かうカードを集約しよう

【2】でご説明した還元率が高いカードを使っても
カードがたくさんあるとそれぞれのカードでポイントが分散されてしまいます。

またカードはたくさん使うと翌年から還元率が高くなるものも多いので
たくさんのカードを持つメリットはあまりありません。

ポイントが多く貯まると享受できるメリットも多いので
作るカードはできるだけ少ないカードで集中させましょう。


【4】電子マネー・サブカードも有効活用しよう

クレジットカードを作る際にETCカードを作れたり
電子マネーをセットできるカードもあります。

ID、Edy、Suica、Pasumoなどクレジットカードと一体にできたり
QUICPayみたいに使った分が同じカードから引き落としてくれるので
普段のコンビニやちょっとした買い物でもポイントが貯まります。

カードを作る際にはこういったサブカードや電子マネーも考慮して作りましょう。



以上をまとめるとクレジットカードをお得に使うためには・・・

・使えるお店が多い3大ブランド(VISA・MASTER・JCB)の中で
・ポイント還元率が高いカードを作って
・できるだけで持つカードを少なくして使うカード集約しよう





【開催時期(営業時間)】
-
【住所・場所】
-
【アクセス】
-
【所要時間】
-
【費用(入場料)】
-
【備考・参考】
-
Twitter プロフィール