うにちっぷす(uni-tips)

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。中の人は東京で働く共働きの夫婦です。昨年10月から家族(娘)が増えて、東京の保育園に通いながらの子育てライフもスタートしました。投資の配当(月10万円が目標)で子育てを目指すプロジェクトも始動しました。Let' enjoy life.

グルメ

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報を掲載。昨年10月から新しい家族(娘)も増えて、東京の保育園に通いながらの夫婦共働きのサバイバル子育てで奮闘中。ETFの積立投資で月10万円の配当収入を目指しています。Let' enjoy life.

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

これまで「うにちっぷす」では神奈川県三浦市を何度も訪れ
様々な情報を提供してきました。(旅行回数は10回超え)
図2
(城ヶ島の「馬の背洞門」)

図3
(まぐろ食堂「七兵衛丸」の「まぐろ海鮮丼」)


私自身家族も含め、三浦市には全くゆかりもないですが
旅行、グルメ・自然をこよなく愛するファンの一人として
市の魅力を発信していければと思います。


三浦半島は東京都内から電車(京急電鉄)で
1時間程度と好立地であり、三崎港の海鮮や城ヶ島の自然、
海水浴場、三浦ダイコンをはじめとする三浦野菜など
観光地には十分すぎる目玉が揃っています。


また、マホロバや京急ホテルなどの宿や温泉など
日帰り旅行でも泊まりでも満喫できる施設も多々あります。


「うにちっぷす」では本屋に並んでいる観光本よりも
情報が蓄積してきたので、三浦の観光情報をまとめてみました。
(そのうち本も出していきたいです)


このページはこれからも適宜更新しますので
皆さんが足を運ぶ際の参考(保存版)となればと思います。


なお、三浦に行くなら、「みさきまぐろきっぷ」が圧倒的にオススメです。

詳細は以下にまとめましたが、品川から3,500円で往復交通費や現地での
バスも乗り放題で食事も遊びも楽しめます。

まだ使ってないの?お得な「みさきまぐろきっぷ」で遊びもグルメも大満足


【グルメ】
(海鮮)
〇「三崎館支店 香花」
老舗の「三崎館支店 香花」でまぐろきっぷ丼など旨い海鮮丼を食べよう

〇「あやとり」
三浦海岸駅でメニューも豊富な居酒屋「あやとり」で海鮮と酒はいかが

〇「まぐろ食堂 七兵衛丸」
ももクロも訪れた「まぐろ食堂七兵衛丸」で「みさきまぐろきっぷ」を活用

〇「鮮味楽」
三崎港(三浦)で大人気の海鮮店の鮮味楽にまぐろきっぷで行ってみた

〇「紀の代」
老舗「紀の代」でまぐろきっぷを使って「とろとろ丼」を堪能しよう


(らーめん)
〇「牡丹」
三崎港に行ったら海鮮丼もいいけど「三崎まぐろラーメン」はどう@牡丹

〇「三崎港ラーメン」
三崎港でいただくメニューも豊富なこだわりの「三崎港ラーメン」


(スイーツ・カフェ)
〇「潮風」
城ヶ島に行ったら食べたいB級デザート「しらすソフトクリーム」@潮風

〇「ミサキドーナッツ」
三浦で絶対行きたい大人気オススメのスイーツ「ミサキドーナッツ」


【スポット】
(漁港関係)
〇「水中観光船 にじいろさかな号」
動く水族館「水中観光船 にじいろさかな号」で三浦半島の海中散歩

〇「うらりマルシェ」
三浦(三崎港)に行ったら絶対行きたい魅力あふれる「うらりマルシェ」


(水族館・自然)
〇「京急油壷マリンパーク」
三浦市の水族館「京急油壷マリンパーク」は独自のショーなど見所が多い

〇「桜まつり」
三浦海岸駅から小松ヶ池公園で開催中の桜まつりは見頃注意(河津桜)


(歴史)
〇「三崎城跡」
三浦半島の三崎城跡は戦国時代に廃墟となった三浦家の山城で水軍拠点


【その他】
(お土産)
〇「かじめん」&「海藻美人」
三浦のお土産と言えば、オリジナル特産品「かじめん」と「海藻美人」でしょ

〇「三崎まぐろラーメン」
三浦のお土産はB1グランプリ入賞の名物「三崎まぐろラーメン」も

〇「蔦金商店」
うらりマルシェで発見、出川哲郎氏の実家「蔦金商店」の旨い海苔


(ふるさと納税)
〇「御礼品まとめ」
三浦市のふるさと納税の御礼品が素晴らしい(グルメも体験型も)

〇「マグロの御礼品」
神奈川県三浦市のふるさと納税は名物のマグロの御礼品が充実している


(その他)
〇みうらちっぷす立ち上げについて
【新企画】神奈川県三浦市の情報発信「みうらちっぷす」を立ち上げます

〇「レンタサイクル」
うらりマルシェのレンタサイクルで三浦半島をサイクリングしよう



<三浦への旅のお供に>

三浦の旅情報は以下の本があります。

本の中が一部見れますので、パラパラと見てみてください。




ではでは。


熱海の初島に行ったら民宿磯料理「大西」で新鮮な海鮮グルメをご堪能あれ

少し前に熱海からフェリーで約30分で行ける初島に友人と行きました。
日帰りで行って、お昼食べたお店が良かったのでご紹介。
図1

初島食堂街の奥にある(14番)こちら、磯料理「大西」さん。お店はだいたい
こんな感じで一列に並んでいるから分かりやすい、初島港からも近いし。
図11

大西さんもそうですが、どこのお店の前にも水槽があって魚やイセエビが泳いでます。
図10

大西さんのメニューはこんな感じです。せっかくの日帰り旅行なので
お昼ごはんは奮発して初島定食とビール、キンメダイの煮つけ、
イカの下足揚げ、サザエの壺焼きのフルコース(?)で注文しました。
図9

お店はお座敷とテーブルで和気あいあいとした雰囲気です。
図8

お通しで、海苔が出てきました。風味がよく、ご飯と食べたい1品(笑)
図7

金目鯛の煮つけとイカの下足揚げがこちら。
図6

図5

そして初島定食はこちらです。アジとイカの刺身に甘えび~。
甘えびは卵もついてます。友人はこれにサザエの壺焼きが付く磯定食に。
図3

図2

友人の食事と合わせて机の上が豪華、どれも美味しかったです。
図4

初島に行かれたら是非とも行ってみてください。

私も次回は釣りやSARUTOBIをしに初島に行きたいと思います。



【開催時期(営業時間)】
11時~15時、定休日は不定休

TEL:0557-67-1495

【住所・場所】
静岡県熱海市初島17

【アクセス】
初島港から徒歩約5分(初島食堂街14番)
熱海港から初島までフェリーで約30分

【所要時間】
-

【費用(入場料)】
カード使用不可、現金のみ

【備考・参考】
→【大西 食べログページ

ラテン系イベント「Latin Spirits〜シンコ・デ・マヨ〜2016」にてグルメ等の気分満喫@代々木公園

代々木公園で面白そうなイベントをやっていたので行ってみました。
ゴールデンウイークの2日間しか開催していないけど、入場料は無料で
そこそこ混雑しているけど、財布にも体力的にも優しいイベントです。

図19図18

以下は公式HP(Latin Spirits〜シンコ・デ・マヨ〜2016 公式HP)より引用。

・「シンコ・デ・マヨ」とは1862年にメキシコ軍が無敵のフランス軍を打ち破ったことを記念する日
・アメリカをはじめ多くの国で、メキシコ文化を楽しむお祭りが開かれる
・ちなみに実際の記念日は5月5日


たしかに会場には陽気なラテン系外国人の方が多く、盛り上がってます。

ライブ会場ではメキシコなどラテン系の音楽やダンスを楽しめるようです。
夕方から夜にかけて本場メキシコの有名アーティストも参戦。
図3

会場内では子供用のトランポリンバンジーやジャンボ滑り台もあり
お酒は飲めない親子連れでも楽しめますね。
図12
図16

また代々木公園との連絡口付近ではプロレスもやっていて観客が集まってます。
技が決まるたびに盛り上がってました、ラテンとプロレスの関係は謎のままです。
図17
図20
図4


<イベントグルメ 紹介>


①ピンクモヒート 600円(BIGサイズは900円)

お酒はこれ以外にラムコークも飲みましたが、全般的にアルコールが濃い気がします。
バーテンダーのお店やBARみたいなお店もあるのでいろいろ楽しんでみてください。

図14
図13

②チキンのアヒージョ 600円

アヒージョ風のチキン、ラテン風の焼き鳥といった感じでしょうか。
味付けもしっかりしていてビールやハイボールが恋しくなる味です。

図11
図9

私は食べてないけど、パエリア(600円)も美味しそうでした。(鍋がでかい)
図10

③ボタナス 300円

ソースが4段階から選べます、一番辛いソースにしました。
口に入れた瞬間はそうでもないけど、じわじわくる辛さです。

図8
図7


④ビーフサンド 700円と ロングポテト(明太マヨ) 700円

ビーフサンドはジューシーでボリューム感もある。このポテトは今や
原宿とかフェスとかでもお店が出てるので知名度も高いですね。

図6
図5
図4

⑤バジルソーセージ(400円)とカーリーポテト(500円)

最後の〆にソーセージとリベンジポテトをいただきました。
ライブホールの近くのお店なのでイベントが始まる前にもすぐに買えます。
ポテトにチーズは相性がいい。

図3
図2
図1

渋谷区役所前交差点への通路では、物産展をやっていて
群馬県や熊本県の特産品などが販売されていました。
図2
図1

お酒、グルメ、音楽、ダンスとラテン系の雰囲気を楽しめます。

ゴーデンウイークに予定がなければ、ふらっと立ち寄られてみてはいかがでしょうか。


【開催時期(営業時間)】
2016年5月3日(火・祝)・4日(水・祝):10時~20時

【住所・場所】
東京都渋谷区神南2丁目 代々木公園イベント広場

【アクセス】
JR「原宿」 徒歩約3分
東京メトロ千代田線「代々木公園」 徒歩約3分
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)」 徒歩約3分
小田急線「代々木八幡」 徒歩約6分

【所要時間】
-

【費用(入場料)】
入場料無し

【備考・参考】
→【イベント公式HP http://www.latinspirits.jp/

沖縄旅行で沖縄料理を満喫したいならコスパも最高の「与那原家Ⅱ」に行こう

沖縄旅行の際に偶然立ち寄ったお店がなかなか良かったのでご紹介。
ついに「うにちっぷす」も沖縄に進出、沖縄情報もどんどんアップできればと思います。

那覇空港近辺でレンタカーを借りて、お昼だったのでお腹もすいて
お店を探していた際にたまたま見つけたので入りました。

図7

Ⅱというのにすごく気になりましたがどうやらⅠもあるようです。
通常与那原家は名前の通り、与那原町にあります。

→【食べログ 与那原家ページ


座席はテーブルやお座敷があり、かなり広いです。

図9

メニューは種類が豊富でびっくり。それもかなりリーズナブルなお値段です。

図4
図5
図6
図1

ちなみに私がいったときはドリンクバーをやってました。それもサービスです。
サービスでドリンクバーってすごいですよね。リンゴ酢とアイスコーヒーをいただきました。
図3
図2

注文をして5分もたたないうちにお料理が来ました。

①軟骨ソーキそば
図13

②沖縄そば(こってり味)
図12

③てびち(単品)
図10

④ジューシー
図11

もちろん一人で食べたわけではありません、嫁と一緒に頼んだ分です。

沖縄そばもソーキそばも思ったよりこってり感はなかったです。
ジューシーも見た目と名前ほどこってりしておらず、あっさりしてました。
ジューシーは沖縄の炊き込みご飯で沖縄の郷土料理の1つのようです。
全般的に見た目や名前ほど味付けは濃ゆくなく、ヘルシーな感じです。

こんだけ頼んで2人で合計2000円もいかなかったです。
体にもお財布にも優しい沖縄料理に感謝。
沖縄に行かれた際はぜひ行ってみてください。

お会計コーナーにはお土産も売ってました。ドライブのお供にもいいかも。
図8


【開催時期(営業時間)】
11時~22時30分 ラストオーダー:22時
年中無休(ただし、正月・お盆を除く)

【住所・場所】
沖縄県那覇市鏡原10-20

【アクセス】
ゆいレール「奥武山公園駅」から約300m
那覇空港から車で約15分

【所要時間】
-

【費用(入場料)】
-

【備考・参考】
→【食べログページ 与那原家Ⅱ

Twitter プロフィール