うにちっぷす(uni-tips)

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。中の人は東京で働く共働きの夫婦です。昨年10月から家族(娘)が増えて、東京の保育園に通いながらの子育てライフもスタートしました。投資の配当(月10万円が目標)で子育てを目指すプロジェクトも始動しました。Let' enjoy life.

上場新興国債ETF

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報を掲載。昨年10月から新しい家族(娘)も増えて、東京の保育園に通いながらの夫婦共働きのサバイバル子育てで奮闘中。ETFの積立投資で月10万円の配当収入を目指しています。Let' enjoy life.

高配当の上場新興国債ETF(1566)の配当情報と積立投資妄想物語

以前高配当の上場新興国債ETF(1566)についてご紹介しました。


運用会社である日興アセットマネジメントのホームページを見たら
ETFの収益分配のお知らせが出ていました。
図1

見てみると、1口当たりの収益分配金額は486円でした。
(計算期間:平成30年5月11日~平成30年7月10日)

分配金支払開始予定日は8月17日とのことです。

うにファンドでは4口保有しているので、税金を納めて、
約1,500円の配当金収入の見込みです。


育児における1,500円というのは、ミルトン1000mLを
1本買っておつりがくるという感じでしょうか。

図4

このETFの配当時期は年に6回あるので、
4口保有しているだけで、すでにミルトンが
年に6本は配当金で買えそうです。

引き続き毎月積立投資をして、
ミルトン費用に捧げたいと思います。

(半分本当で半分ウソです)


タイトルの後半部分ですが、人とは欲深い生き物で
捕ってもいない狸の皮を計算してしまうものです。

このまま、このETFの保有口数が増えていったらどうなるのか
現状ベースで試算してみました。計算の前提は以下の通りです。



【妄想条件】

ETF1口:50,000円
配当金:1口当たり約480円(税引前)
配当時期:年6回



【妄想結果】



(妄想物語エピソードⅠ)


このペースで積み立てが進めば、
年が変わる頃には達する予定です。
妄想というかほぼ現実の世界です。


保有口数が10口に到達した場合、投資総額は50万円
1回当たりの配当金受領額は約3,800円
年間配当金額は約23,000円



1回あたりの配当金で4ミルトン、年間で23ミルトンに達しますね。
保有口数が10口で、すでにミルトンをうに家で使えないほど買えます。
うに家では2~3月に一度1本買っています。

図1


(妄想物語エピソードⅡ)

計画では年間で14口保有数が増えていくので
3年程度でこの保有数に達する見込みです。


保有口数が50口に到達した場合、投資総額は250万円
1回当たりの配当金受領額は約19,000円
年間配当金額は約115,000円



1回あたりの配当金で19ミルトン、年間で115ミルトンに達しますね。

2か月に一回の配当金で19ミルトンが買えます。。。
図3


(妄想物語エピソードⅢ)

先は長いです、計画では7~8年かかりますが
不可能な目標ではないので、妄想の域です。


保有口数が100口に到達した場合、投資総額は500万円
1回当たりの配当金受領額は約38,000円
年間配当金額は約230,000円



1回あたりの配当金で38ミルトン、年間で230ミルトンに達しますね。
2か月に1回で38ミルトン買えます、もはや小さな小売店が開けるレベル。
図2


ミルトンで換算すると、分かりやすいですね。(そうでもないか)
今後も妄想エピソードを作っていきたいと思います。

これからもしっかりと節約して、積立ミルトンに励みたいと思います。
1口当たりの金額や配当金にも変動があるので
あくまで参考としていただければと思います。


ではでは。


配当利回り6%超えの上場新興国債ETF(1566)の積立投資で配当金確保

平日の朝は保育園へ送ることからスタートです、うにです。


うに家では配当金で育児費用を確保することを目標に
投資戦略の見直しと節約を地道に取り組んでいます。

前回、日経高配当株50ETFについてご紹介しましたが
毎月1口ずつ積み立てていても配当金で育児費用(月10万円)を
まかなうためにはかなりの時間がかかります。

そこで配当利回りが少しでも高いETFへの投資も実施します。
図1

米国の利上げもあり、新興国からの資金動向も気になりますが
こちらも毎月積み立てる(ドルコスト平均法)ことでリスクを軽減します。


上場新興国債ETFは円換算したブルームバーグ・バークレイズ
自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの
変動率に一致させることをめざして運用しています。

国別の投資アロケーションは以下の通りです。
(日興アセットマネジメント株式会社のマンスリーレポートより)
図4

各国の投資割合が約10%を超えない程度に分散されています。
韓国、マレーシア、ブラジル、メキシコ、インドネシアなどの
国々の国債に投資するETFです。


1口の単価(基準価格)は最近は約50,000円前後で推移しています。


配当金チャンスは1月、3月、5月、7月、9月、11月と年に6回もあります。


うにファンドでは当ETFを5月から毎月1口、ボーナス月(6・12月)に
2口購入して継続して積み立てていく方針にしています。
現在までに2口を保有しています。(今月はもう1口投資予定)


なおこのペースで配当金が変わらない前提で投資をした場合
今後5年間で受領できる配当金は以下の通りです。
(過去の実績からざくっと試算してみました)


2018年:    5,400円(投資額:50万円)
2019年:  33,480円(投資額:70万円)
2020年:  63,720円(投資額:70万円)
2021年:  93,960円(投資額:70万円)
2022年:124,200円(投資額:70万円)


なかなかいい数字ですね。5年後には
月1万円の配当金収入が見えてきますね。
1口50,000円での計算ですが、こちらも基準価格が
下がった時には追加で買い増しをしたいと思います。


日経高配当株50ETF(1489)の雪だるまと合わせて
このETF雪だるまも成長させていきたいと思います。


どんどん雪だるまを作って、まずは娘ちゃんの
習い事費用くらいは配当でまかなえるようにしたいと思います。
習い事は水泳とピアノは習わせたいと考えてます。


ではでは。


Twitter プロフィール