共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

丸清製麺

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

三浦のお土産はB1グランプリ入賞の名物「三崎まぐろラーメン」も

都内から日帰りで旅行に行くなら、神奈川県三浦市をオススメしています。
図1

三浦市は、都内から京急で約1時間程度で行けるし、
グルメも観光スポットもお土産も揃っている、まさに観光地です。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そんな三浦市は1950年代からまぐろ漁業で有名であり
現在も三崎港はマグロなどをはじめとする海鮮が食べられるお店が多いです。
(写真は、「まぐろ食堂七兵衛丸」の海鮮丼です)
図3

【ももクロも訪れた「まぐろ食堂七兵衛丸」で「みさきまぐろきっぷ」を活用】

うらりマルシェでは、マグロなどの海産物が数多く販売されており
その一角でこの「三崎まぐろラーメン」を見つけました。
図4

【三浦(三崎港)に行ったら絶対行きたい魅力あふれる「うらりマルシェ」】
図11

もともと三浦市では、まぐろを使ったらーめんが存在していましたが
まぐろの漁業者が減るにつれて、まぐろラーメンも消えてしまったとのこと。

そこで、2007年に市内の有志が集まって、「三崎まぐろラーメン」を
復活させる「三浦中華料理研究会」が結成されたようです。

その「三崎まぐろラーメン」のお土産用は2種類存在します。
図3

図5

味は2種類で、「しお味」と「濃厚醤油味」です。
マグロがベースなので濃厚醤油もあっさり目のスープでした。

どうしてもうちで作ると、シンプルな感じになりますね。
トッピングにマグロを入れるべきだった。。。

こちらがしお味です。
図2

こちらが濃厚醤油味です、わかめをトッピング。
図1

魚介スープが美味しいラーメンでした。

「まぐろラーメン」については、店舗によっても違うので
是非とも試してみてください。私は牡丹は行きました。

【三崎港に行ったら海鮮丼もいいけど「三崎まぐろラーメン」はどう@牡丹】
図2

最近、三浦市に行っていないので、そろそろ遠征して
食べ歩きにチャレンジしたいと思います。

ではでは。



三浦のお土産と言えば、オリジナル特産品「かじめん」と「海藻美人」でしょ

旅行は買ったお土産を家で食べるまでです、うにです。
三崎港にあるうらりマルシェで見つけた、三浦麺をご紹介。
図11

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

うらりのさかな館をぶらついていたら、目に入ったのが今回紹介する麺。
ラーメンでもなければ、うどんでもそばでもなければ、「かじめん」です。(1袋390円)
図7

三崎で採れたこんぶ科の海藻「かじめ」を練り込んだ「めん」のようです。
かじめはサザエやアワビのエサになる海藻のようです。
図5

パッケージ裏をよくみると、「干しうどん」と書いてありますが、ご愛嬌。
図4

なお、麺はこんな感じ(湯がく前)、ふんわりと海藻の香りがしますね。
これが噂のかじめ風味??
図14

3~4分湯がいて、水洗いすれば、こんな感じ。見た目は茶そばみたい。
図13

シンプルに麺つゆでいただきました、海藻風味は湯がくときはかなりあったのですが、
食べるときはだいぶ落ちてました、嫁ちゃんはほとんど感じなかったようです。
図12

麺つゆにゴマを入れてみました、ざるうどんやそうめんの薬味にゴマがオススメ。
図11

感想としては、若干海藻風味を感じるけど、普通にうどんでした。
いやかじめんか(笑)海藻風味がするうどんなので珍しいかなと思います。

続いて、ご紹介するのは、「海藻美人」です。
これもうらりマルシェを散策していたら、試食コーナーがあって
食べて美味しかったので迷わずその場で買って帰りました。
図4

「めん」としか書いていないですが、正式名称は「海藻美人」のようです。
1袋400円、3袋1000円です。わかめと海苔を使った麺です。
図8

海洋深層水でわかめや海苔が練り込まれた麺でビタミンも豊富とのこと。
ただ、これも左下に記載されてますが、「干しうどん」のようです。
うどんの領域の広さにはびっくりですね。
図6

図3

麺の色はこちらも緑色です。
図10

フライパンで湯がくと、こちらも海藻の風味がしますね。かじめんほどではないですが。
図9

水洗いすると、こんな感じでした、いよいよ茶そばとして出されても分かりません(笑)
同じく麵つゆでいただきましたが、画像にあまり違いがないので割愛。
図2

味は「海藻美人」の方が海藻風味がないので、食べやすいかも。
嫁ちゃんはこちらもうまいと言っておりました。(なんでも食べる娘だなあ)
私もこちらの方が、クセがなく、するりと食べれて良かったかな。
(別に海苔好きだからってわけじゃないですよ)

海藻美人は宣伝もしっかりしていて、こんなパンフレットもついていました。
大学の先生のコメント付き、たしかに海藻が入っているのでダイエットめんと
言えるかもしれません。小麦だけのうどんに比べれば効果は高いと思います。
図1


普通一つの都市で麺が2種類もあるでしょうか、三浦市すげえ。


ぜひとも両方買って帰って食べ比べてみてください。


ではでは。


<三浦への旅のお供に>

三浦の旅情報は以下の本があります。
本の中が一部見れますので、パラパラと見てみてください。









Twitter プロフィール