共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

味付け海苔

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

ム~辛い、最上級のやみつき「激辛あじのり」(海苔の松尾)

どうも、自称「海苔ソムリエ」のうにです。

一般人では日本で一番海苔を食べていると自負しているくらい
海苔が大好きです。ご飯が進む君なんて目じゃありません。
今も家に20種類くらいの海苔があります。

地元のスーパーやネットだけでは飽き足らず、日本有数の海苔のふるさとの
大森の海苔屋さんに時々買い出しにいきます、写真は「海苔の松尾」さんで買った海苔。
図1

そんな私が全国各地の様々な海苔を紹介する「のりちっぷす」を
新しくオープンします。このコーナーでは美味しい海苔やレシピなどを
紹介していければと思います。

初回は、大森にある老舗海苔問屋の「海苔の松尾」さんで手に入れた
「ム~辛い、激辛あじのり」です。「ム~辛い」の「ム~」の意味はいまだに
分かりませんが、お店の中で目を引いたこのカンカン。
図3

お値段は540円(税込み)とリーズナブル。お試しに一個買ってみました。
家に帰って早速開けてみると、中身もふつう、においもふつうですね。
図1

ちなみに私は辛いものが大好きです。七味唐辛子より一味唐辛子派です。
ワサビやからしもタバスコもよく使いますね。なので激辛とか言われても
そんなに気にしてませんでした。なめてましたね、完全に。
図11

まあ、お尻は出してませんが(笑)お決まりの炊き立てご飯に巻いて食べました。
図2

結果・・・。

図5
噛めば噛むほど味が出るという言葉がありますが、これは痛いに近い。
噛めば噛むほど痛い、知覚過敏ではありません(笑)

痛いくらい辛いですね、ム~辛いなんて悠長なこと言ってられません。
今まで食べた味付け海苔の中で上位クラスに辛い海苔でした。

しかし、なんかクセになる辛さ。誓っていいますが、Mではありません。
後日調べたのですが、モヤさまでも取り上げられたようです。

是非食べてみてください。

ではでは。







【海苔情報】


ム~辛い、あじのり激辛

全型8枚(8切64枚入)

540円(税込)

【購入したお店】

海苔の松尾

住所:東京都大田区大森東1-6-3

アクセス:大森海岸駅より徒歩約10分、平和島駅より徒歩約2分

営業時間:営業時間 9時~19時

定休日:無休

→【海苔の松尾 ホームページ

海苔好きオススメの焼き海苔工場見学「中川海苔店」@千葉県木更津

今回は焼き海苔の工場見学ができるお店をご紹介します。
車で千葉の木更津まで行った際に立ち寄りました。
当店は海苔を仕入れて、焼いたり味をつけたりするお店です。

千葉は質のいい海苔がとれるので
木更津や富津には海苔の業者さんが多いようです。 

直売所と工場が併設されており工場見学では海苔を焼く
機械や実際に焼いているところ、袋に詰めたりするところが見学できます。
(本店は同じ木更津市内にありますが別の所にあるようです) 
中川海苔店 工場見学 2
中川海苔店 工場見学 3
中川海苔店 工場見学 1
中川海苔店 工場見学 4
私も今までビール工場やお菓子工場とかは行ってきましたが
海苔に関する工場見学はなかなか珍しいものかなと思います。

工場はシンプルですが、空気でほこりを落とす機械など体験できます。
(あの映画とかに出てくる、小さい部屋で空気を吹き付けられるあれです)

施設設備とか海苔についてはお店の方が丁寧に説明・案内してくれます。
業務用の大きな乾燥機にはびっくりしました。
中川海苔店 工場見学 6
この工場で袋詰めされた海苔は箱詰めされて出荷されます。
中川海苔店 工場見学 5
帰りに1階の直販所に寄って焼き立ての海苔やいろんな味付の海苔が買えます。

あったかい白ごはんにあうし、つまみとしてもいただけそうな味付海苔も多いです。
(個人的に海苔がすごく好きなので面白い見学でした)

直売所では クレジットカード(VISA,MASTER)が使えます。
大変助かりました(私はJCBユーザーなので今後使えると嬉しいです)。

海苔の漁場や海苔を加工する工場なども合わせて見れば
小学生の自由研究とかにもぴたっりかなと思います。

所要時間は約30分くらいで食卓で身近な
海苔の加工・出荷が見れるのでいい経験になりました。

千葉方面に行かれる方は行ってみてはいかがでしょうか。
ドライブ工程や旅行に組み込めむと面白いかなと思います。

【開催時期】

月~土 9時~17時
定休日:日・祝日

【住所・場所】

千葉県木更津市請西2-5-22

【アクセス】
<車(駐車場は10台)>
○千葉方面からは、京葉道路⇒館山道⇒
アクアライン連絡道[袖ヶ浦IC]下車-国道16号―中川海苔店

○東京・神奈川方面からは、アクアライン⇒
アクアライン連絡道[袖ヶ浦IC]下車-国道16号―中川海苔店

木更津駅から車で約10分、徒歩で約30分
【所要時間】
1時間程度
【費用(入場料)】 
無料
事前予約要(℡:0438-37-1226)
【備考・参考】

→【中川海苔店 公式HP
→【中川海苔店 焼海苔工場直売所 案内ページ

Twitter プロフィール