共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

地鉈温泉

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

旅とグルメが年中大好きなうにです。

式根島について紹介した記事が大変好評なのでまとめました。

みやとら+石白川海岸 3
(「石白川海岸」の砂浜)

式根島は伊豆諸島の1つで、東京からは高速ジェット船で
約3時間半で着くという離島旅にはピッタリの島です。
式根島 民宿(鈴豊)7

また、周囲はキレイな海に囲まれた絶景スポットや温泉もあり

都会の喧騒から離れるには最高の島だと思います。
松が下雅湯 5
(「松が下雅湯」より)

そんな魅力あふれる式根島の観光情報をまとめていますので
式根島に行く人も島旅を検討する方にとって参考になればと思います。



〇温泉

これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」

秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください

海を展望、足湯も景色も楽しめるアクセス良好の「松が下雅湯」(混浴)@式根島

式根松島と称される式根島の外科の湯「足附温泉」、もちろん混浴で入浴料無料


〇展望台・絶景スポット

式根島の絶景スポット、新東京百景にも選ばれた「神引展望台」に行ってきた

式根島の絶景スポット、広大なオーシャンビューが特徴の「ぐんじやま展望台」


〇民宿・飲食店

釣り好きなご主人が運営する式根島の民宿「鈴豊」の美味しいごはんとアットホームな雰囲気

式根島に行ったら絶対食べたい「みやとら」のお弁当と石白川海岸の癒しの風景


〇お土産・養殖場


伊豆諸島の式根島に行ったら買って帰りたいオススメのお土産

太平洋に面した環境で育った高級なタイとシマアジが割安通販で手に入る式根島養殖場


〇移動手段・アクセスなど


式根島の移動手段をまとめてみた、オススメは電動アシスト付レンタサイクル(電動自転車)

伊豆諸島行きの東海汽船の「高速ジェット船」の乗り心地とスピードが予想以上に良かった話

伊豆諸島の復路は大型客船さるびあ丸、海の上からの横浜の夜景は最高


〇部活やサークル


式根島を海水浴や部活・サークルの合宿の場所としてオススメする5つの理由




<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。


            


ではでは。



式根島を海水浴や部活・サークルの合宿の場所としてオススメする5つの理由

今年の初春に式根島に行きましたが、東京からほどよく離れていて
島の環境もいいので、ゆっくりとした時間の流れを感じることができました。
みやとら+石白川海岸 1

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

これからの季節、海水浴や釣りもできるのでさらに注目が集まると思います。

今回はそんな式根島を海水浴や合宿等でオススメする理由を説明したいと思います。


オススメ理由①:東京から離れた島で海がとてもキレイ


海水浴やBBQする方には是非ともこの海の水を見てほしい。
みやとら+石白川海岸 2

スキューバーダイビング、シュノーケリングやシーカヤックも楽しめるし
海を眺める温泉も海の中にある温泉もあって透明な水おかげで満喫できます。


海水浴場も主要なもので4つもあり、それぞれの海によって雰囲気が異なりますが
どこも規模はこじんまりしていて湘南とか都会の人が多い海とは違った様子です。


<海水浴場>
・泊海水浴場(泊海岸)
・大浦海水浴場(大浦海岸)
・中の浦海水浴場(中の浦海岸)
・石白川海水浴場(石白川海岸)


釣りをしても大きな魚も期待できるようですし、またリベンジしたいと思います。
キレイな海を守るため、BBQ等のゴミは決められた場所に捨てましょう。



オススメ理由②:島は自転車があれば一周でき、各種展望台からの眺めは絶景


ちょうどいいサイズ感と言いますか、コンパクトな島なんですよね。

仮に自転車で走ったら1時間もかからず1週できるだろうし、町の中心部から
主要なスポットまでは自転車があれば何もストレスなく行けます。


ちなみに坂はいたるところにあるので、自転車は電動自転車がオススメです。
レンタカーやレンタルバイクもあるので、旅のスタイルに合わせて選べます。

式根島 移動手段 5

→【式根島の移動手段をまとめてみた、オススメは電動アシスト付レンタサイクル(電動自転車)

また、島の至るところにある展望台からの眺めは最高です。
ぐんじやま展望台 3

そしてこんな絶景ポイントも自転車から降りて徒歩数分程度で行けるという。
朝焼けも夕焼けもぜひ楽しみたいですね。

<展望台>
・神引展望台
・ぐんじ山展望台
・足地山展望台
・小の口公園
・御釜湾展望台

→【式根島の絶景スポット、新東京百景にも選ばれた「神引展望台」に行ってきた
→【式根島の絶景スポット、広大なオーシャンビューが特徴の「ぐんじやま展望台」

オススメ理由③:温泉は4つもありどれも個性的かつ入浴無料

島の魅力の1つは温泉です、断言します。秘湯中の秘湯である地鉈温泉から
地元のおじいちゃんやおばあちゃんまで使っている松が下雅湯まで
4つの温泉が楽しめます。海中温泉は夏場だけですかね。

松が下雅湯 5

あともし、雨が降っているなら屋内温泉施設である「憩い家」もありますので
こちらは入浴料(大人:200円、子供:100円)がかかりますが
こちらでゆっくりされてはいかがでしょうか。


<温泉>
・松が下雅湯
・足付温泉
・地鉈温泉
・海中温泉
・屋内温泉施設「憩い家」


→【海を展望、足湯も景色も楽しめるアクセス良好の「松が下雅湯」(混浴)@式根島
→【式根松島と称される式根島の外科の湯「足附温泉」、もちろん混浴で入浴料無料
→【これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」
→【秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください


オススメ理由④:民宿は多く、海産物が美味しい


式根島には数多くの民宿があります。その数約40店舗。

それぞれの民宿では特色があるとは思いますが、私が以前お邪魔した
鈴豊さんはご主人が釣ってきた魚を料理してくれてアットホームな民宿でした。

式根島 民宿(鈴豊)10

島の周辺では大きな魚も釣れるようなのでご飯も楽しみですね。


→【釣り好きなご主人が運営する式根島の民宿「鈴豊」の美味しいごはんとアットホームな雰囲気

オススメ理由⑤:島内は道が整備されていて、ランニングやジョギング(散歩)には最適


島を1週する場合、道路はほぼコンクリートで舗装されており
自転車でもそうですが、特段移動に困ることはありません。


少し坂道もありますが、島の周りをまわるようなコースで
ジョギングやウォーキングなどのトレーニングもできるかと思います。

式根島 民宿(鈴豊)4

島にはテニスコートも2面あるので気になる方は役場に確認してみてください。

文化系のサークルや陸上系の部活なら、施設を気にしなくていいので
夏の旅行も兼ねていいかもしれませんね。



<その他情報>
・島への往路は高速船(約9000円)か夜行船(乗船席によって異なるが6000円程度~)
・島への復路は大型客船(乗船席によって異なるが6000円程度~)
・島への往復と宿がついたツアーで約15000円~25000円程度(船1泊、宿1泊の3日間)
・船は海上が荒れると運航できない可能性があるので天気は要確認
→平気で2~3日船が動かないこともあるようです。特に冬場。


→【伊豆諸島行きの東海汽船の「高速ジェット船」の乗り心地とスピードが予想以上に良かった話
→【伊豆諸島の復路は大型客船さるびあ丸、海の上からの横浜の夜景は最高

伊豆諸島の式根島いかがでしょうか、夏是非とも行ってみてください。


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            





海を展望、足湯も景色も楽しめるアクセス良好の「松が下雅湯」(混浴)@式根島

式根島の温泉紹介第2弾です。式根島は全部で温泉が4つもあります。
島自体はこじんまりとしてますが、温泉の数は多いですね。

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

<式根島の温泉一覧>

・地鉈温泉
・松が下雅湯
・足附温泉
・海中温泉

海中温泉は文字通り、地図を見ると明らかに海の中にあります。
どうやら海中温泉は以前ご紹介した石白川海岸の先にある
御釜湾にあるようで、ダイビングとかでないと行けないようです。
海水浴のシーズンがターゲットですね。

→【式根島に行ったら絶対食べたい「みやとら」のお弁当と石白川海岸の癒しの風景

前置きが長くなりましたが、松が下雅湯は式根島で最も利用しやすい温泉です。
お湯の温度も水位もほぼ一定です。
松が下雅湯 7

脱衣所もしっかり準備されてますし、自転車置き場からも徒歩1分とアクセスもいい。
松が下雅湯 11
松が下雅湯 15
松が下雅湯 14

地鉈温泉なんてある意味命懸けですからね。

→【これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」
→【秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください

さらに24時間灯りはついていて、足引港・足付漁港を見ながら湯に浸かることができます。
松が下雅湯 5
松が下雅湯 4
松が下雅湯 10
松が下雅湯 8

夜に行っても港の雰囲気を楽しむことができますね。
松が下雅湯 6

さらにさらに式根島の全ての温泉でそうですが、混浴で入浴料は無料です。

混浴なため水着着用はマストです。残念なのか、嬉しいのか
友人と行った時はたまたま誰もいなかったのでゆっくり浸かることができました。

ちなみにこの雅湯は内科の湯と言われています。
泥っぽい感じや鉄分の香りが効いているのでしょうか。

あと補足ですが、真水のシャワーもありますが、お湯はでません。
松が下雅湯 9

そのため冬場など外が寒い季節はお湯に浸かった後は
さらっと体を拭いて帰ることになります。石鹸やシャンプーも利用禁止です。

足湯だけという使い方もいいのではないでしょうか。
松が下雅湯 13
松が下雅湯 12
松が下雅湯 2

すぐ隣には足附温泉がありますが、少し距離があるので
着替えを持っていった方がいいかなと思います。
松が下雅湯 1


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行・観光情報はこんな本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            


【開催時期(営業時間)】
年中無休、24時間入浴可

【住所・場所】
東京都新島村式根島

【アクセス】
野伏港から徒歩約30分

【所要時間】
-

【費用(入場料)】
無料

【備考・参考】
→【松が下雅湯 観光情報 東京都新島村 新島&式根島公式HP

秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください

式根島の「地鉈温泉」をご紹介致しましたが、実は前日の夜にも行ってました。

→【これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」

朝と夜では雰囲気が全然違います。夜はまさに冒険でした。
ドラクエやファイナルファンタジーなどのRPGゲームでいうところの
洞窟、ダンジョンさながらのスポットになってました。

式根島 地鉈温泉(夜) 8

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

まずは入り口からの下へ降りる階段がこんな感じです。
写真だとより暗く見えて幻想的ですね。
式根島 地鉈温泉(夜) 7

ちなみに日中だとこんな感じです。(少し写真の場所は違いますが)
式根島 地鉈温泉(朝) 11

下に降りるまでの階段と海に向かう岩肌の隙間道が
うっすらとした明かりで幻想的な道になってます。
式根島 地鉈温泉(夜) 6
式根島 地鉈温泉(夜) 5

日中とは全然雰囲気が違いますね。
式根島 地鉈温泉(朝) 9

狭い小道を進むと温泉地帯ですが、もはや暗すぎて怖い。
式根島 地鉈温泉(夜) 4
式根島 地鉈温泉(夜) 3
式根島 地鉈温泉(夜) 2
式根島 地鉈温泉(夜) 1

明かりがついているので夜でも行くことを前提にしてあるとは思いますが
海中電灯などしっかり準備をしていった方がよさそうですね。

ちなみに我々はこのときは入浴に最適な場所を探せず断念しました。
海との境界線が最も適した場所とは気が付きませんでした。

ただ地元の方にお話しを聞いたところ、夜は星もキレイなので
すごく癒されるとのことです。看板にも潮騒と風の音を楽しむと書いてあります。
島内は明かりも少なく、東京とは異なり星もキレイなのでこういった楽しみ方もできますね。
式根島 地鉈温泉(朝) 16

秘境の温泉とはまさにこれだと帰りに友人が言ってました。

まずは日中行ってみてからよく周囲や入浴スポットを確認していくことをオススメします。


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            





【開催時期(営業時間)】
年中無休

【住所・場所】
東京都新島村式根島


【アクセス】
<式根島迄>
東京から夜行大型客船で約11時間、高速ジェット船で約3時間(東海汽船)
下田から客船にて約4時間半(神新汽船)
<地鉈温泉迄>
野伏港から自転車で約15分
徒歩で約40分


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
無料(地鉈温泉)


【備考・参考】
→【観光スポット・レジャー 式根島 公式HP

これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」

式根島の観光スポット紹介、今回は秘湯、地鉈温泉です。
式根島 地鉈温泉(朝) 12

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

式根島には全部で4つの温泉があります。今回の島旅行で3つ行きました。
どれも面白い温泉ですが、これは群を抜いてすごい温泉でした。
写真もたくさん撮ったのでぜひ雰囲気を味わってください。
式根島 地鉈温泉(朝) 14

<式根島の温泉(全部で4つ)>

・松が下雅湯
・地鉈温泉
・足付温泉
・海中温泉

→いずれも入湯は無料です。これとは別に「温泉憩いの湯」という入浴施設はあります。

式根島 地鉈温泉(朝) 15
式根島 地鉈温泉(朝) 16

駐車場・駐輪場もあり、入り口付近にはお手洗いもあります。
式根島 地鉈温泉(朝) 13

この温泉まずは軽いトレッキングが必要です。断崖絶壁を下っていきます。
式根島 地鉈温泉(朝) 11
式根島 地鉈温泉(朝) 10
式根島 地鉈温泉(朝) 9
式根島 地鉈温泉(朝) 8

下について振り返ると周囲は岩石の山です。落石注意の看板の説得力がありあまる。
式根島 地鉈温泉(朝) 7
式根島 地鉈温泉(朝) 5

さらに狭い岩肌を進むと海と温泉が見えてきます、足元にご注意ください。
式根島 地鉈温泉(朝) 6
式根島 地鉈温泉(朝) 4
式根島 地鉈温泉(朝) 3

湯気が沸き立ってます、温泉独特の香りもします。
式根島 地鉈温泉(朝) 2
式根島 地鉈温泉(朝) 20
式根島 地鉈温泉(朝) 18
式根島 地鉈温泉(朝) 24
式根島 地鉈温泉(朝) 25
式根島 地鉈温泉(朝) 27
式根島 地鉈温泉(朝) 19

当然この空間の周囲は岩肌に囲まれてます。脱衣所等はありません。
遠くの壁に更衣室とありますが、落石が怖くて行けない。。。
たしかにそっちの方は岩が多く影にはなってます。
式根島 地鉈温泉(朝) 1
式根島 地鉈温泉(朝) 26

ちなみにすぐ目の前は海です。波が押し寄せてきてます。景色もキレイです。
式根島 地鉈温泉(朝) 28
式根島 地鉈温泉(朝) 22

さて温泉について、あちこちで湯気が立っていますがどこも熱いです。
入る前には必ず手や足で確認してください、しゃぶしゃぶになります。
さすが源泉の温度80度と言われるだけあってどこもアツアツです。

友人と発見した入浴スポットは海との境界線でした、ここだとちょうどいい湯加減です。
熱いお湯が流れてくるのと海水が混ざり合ってベストな温度になります。
ちなみにどこにも階段とかないので、入る際は足元にご注意ください。
式根島 地鉈温泉(朝) 23
式根島 地鉈温泉(朝) 21

この場所だと若干塩水なので後でどこかでシャワーを浴びた方がいいですね。
更衣室もないので水着を事前に着用していくことをオススメします。
式根島の温泉はどこも混浴なので水着着用はマストです。

こんな壮大な温泉は生まれて初めてでした。
式根島に行かれた際は是非温泉巡りをしてみてください。


PS.地鉈温泉の夜の雰囲気はこのような感じです。

→【秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            





【開催時期(営業時間)】
年中無休


【住所・場所】
東京都新島村式根島


【アクセス】
<式根島迄>
東京から夜行大型客船で約11時間、高速ジェット船で約3時間(東海汽船)
下田から客船にて約4時間半(神新汽船)
<地鉈温泉迄>
野伏港から自転車で約15分
徒歩で約40分


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
無料(地鉈温泉)


【備考・参考】
→【観光スポット・レジャー 式根島 公式HP

Twitter プロフィール