うにちっぷす(uni-tips)

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。中の人は東京で働く共働きの夫婦です。昨年10月から家族(娘)が増えて、東京の保育園に通いながらの子育てライフもスタートしました。投資の配当(月10万円が目標)で子育てを目指すプロジェクトも始動しました。Let' enjoy life.

山梨県

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報を掲載。昨年10月から新しい家族(娘)も増えて、東京の保育園に通いながらの夫婦共働きのサバイバル子育てで奮闘中。ETFの積立投資で月10万円の配当収入を目指しています。Let' enjoy life.

【観光名所】山梨県にある日本100名城の一覧と歴史背景・アクセス・営業時間等について

今回は山梨県にある日本百名城をご紹介致します。

前回は長野県の100名城をご紹介してます。
→【【観光名所】長野県にある日本100名城の一覧と歴史背景・アクセス・営業時間等について

日本百名城とは公益財団法人日本城郭協会が平成18年に定めたものです。
各県に1城以上5城と選ばれており、山梨には2城選ばれてます。


百名城は歴史的にも重要な舞台になっており
景観等も優れたものが多いので、観光の際には
是非とも立ち寄ってみてください。


武田神社は私も行ってみました。山梨はあと一つで制覇です。(2つだけなので)
残りの甲府城も行った際にご紹介したいと思います。


①武田氏館(武田神社、山梨県甲府市)


武田神社 17

→【武田信玄ファン参拝必須の武田家3代の躑躅が崎館の跡地、武田神社

【歴史背景等】
武田神社は戦国時代の武田一族(甲斐武田氏3代、信虎公・信玄公・勝頼公)が居城として構えた場所。
大正8年(1919年)に神社が建造された。境内には当時からの堀、土塁、石垣、古井戸等が残り
宝物殿には、武田氏ゆかりの鎧・甲冑・刀剣などを展示されている。

【開催時期(営業時間)】
境内自由、年中無休

【住所・場所】
山梨県甲府市古府中町2611

【アクセス】
<電車>
JR甲府駅から徒歩約30分

<バス>
JR甲府駅から武田神社もしくは積翠寺行のバスで約8分
→【甲府駅北口2番のりば 時刻表

【所要時間】
1時間程度

【費用(入場料)】
境内無料
宝物殿:大人300円、小人:150円

【備考・参考】
→【甲斐 武田神社 公式HP
→【武田神社 甲府市の観光スポット るるぶ.com



②甲府城(山梨県甲府市)

【歴史背景等】

武田氏滅亡後、豊臣秀吉の命により築城された、関東から西側を見渡す拠点として
重要な役割を果たしたようです。甲斐府中城、一条小山城、舞鶴城、赤甲城とも呼ばれました。
江戸時代においては将軍徳川家の一門が統治する城です。

現在では、「舞鶴城公園」や「甲府市歴史公園」が開放されています。

①甲府市歴史公園 山手御門(やまのてごもん) ~展示室、展望スペース~


【開催時期(営業時間)】

午前9時~午後5時
休館日:月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)


【費用(入場料)】

無料


※公園は常時開放


②舞鶴城公園 稲荷櫓(いなりやぐら)


【開催時期(営業時間)】

午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)


【費用(入場料)】

無料

※公園は常時開放

以下は①②共通の情報です。

【住所・場所】

山梨県甲府市丸の内1

【アクセス】
JR甲府駅から徒歩約10分

【所要時間】
2時間程度

【費用(入場料)】
無料

【備考】
→【甲府城 甲府市公式HP


<ご参考>
山梨旅行や百名城観光の際に観光ガイドがあると便利ですね。
中が見れるのでパラパラ見てみてください。

        


<備考>
→【公益財団法人日本城郭協会 公式ホームページ

再び冒険、天然の冷蔵庫「富岳風穴」に行ってきた@山梨県青木ヶ原樹海

前行った、鳴沢氷穴のすぐそばにある「富岳風穴」に行ってきました。
(天然記念物だとは知りませんでしたが)

→【冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県

図1

お盆の時期だったのか駐車場も混雑してました。
鳴沢氷穴の駐車場よりも広いのですぐに入れました。

富岳風穴 2

駐車場からは歩いて2分程度、森林浴ができます。
途中、昔富士山が噴火したときの溶岩の塊がありました。

いよいよ入場ゲート、チケットの購入。
富岳風穴 3
富岳風穴 4

ヘルメットも無料で貸し出してくれています。
富岳風穴 13

入り口はまさに大きな穴、階段を下りていくと足元が徐々に冷たくなってきます。
温度の境界面を感じることができました。
富岳風穴 5
富岳風穴 6

階段を降り切ってすぐに鳴沢氷穴にもあったように氷があります。
富岳風穴 7

温度は数度くらいでしょうか、外は30度近くあるので服装にはご注意ください。
短パンにポロシャツでサンダルだった私はとても肌寒さを感じました。

あと天井低い場所も多いので頭をぶつけないようにお気を付けください。
(入場口にヘルメットが置かれていた理由がわかりました)
富岳風穴 11

洞窟の一番奥には昔冷蔵庫に使われていたスペースがあります。
富岳風穴 8
富岳風穴 9

植物の種や繭を保存していたようです。まさに天然の冷蔵庫。

このスペースの奥は通れませんが、不気味な隙間がありました。
富岳風穴 10

風穴の入り口に近づいた時、安心感を感じました。

富岳風穴 12

帰りにはお土産ショップ「森の駅 風穴」に寄りました。
結構品数多く、お菓子やお酒もたくさんあります。
ふりかけだけ買いました→下の(お土産コーナー)ご参照
富岳風穴 15

気になったのは外に看板が出ているこれ。
富岳風穴 14

風穴オリジナルの「とうもろこしソフトクリーム」(1つ360円)
ガリガリ君じゃ、ありませんって言うコメントがシュールですね。
ってか山梨はトウモロコシって名産だったのか?

富岳風穴 18

見た目はふつう、とうもろこしだけあって色は黄色。
味はコンポタージュをアイスにした感じでした。
是非食べてみてください。

(お土産コーナー)

・食べるえごま(540円)

ふりかけですが、唐辛子が入っているので
調味料としても味付けに使えました。

ご飯だけでなく、納豆やサラダ、豆腐にも合うと思います。
個人的には雑穀米のご飯にかけるのがよかったかなと。
わずか1ヶ月程度で使い切ってしまいました。

富岳風穴 16

富岳風穴 17

なぜかアマゾンにはなく、楽天にはありました。。。
アマゾンのほうがよく使うのでアマゾンでも扱ってほしい。



【開催時期】

営業:4月~10月中旬 8時~17時(季節により変動有※他期間は要問合)
休業:無休(12~3月は不定休)

【住所・場所】
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖青木ヶ原2068-1
【アクセス】
<車>
中央自動車道河口湖ICより約20分
東名高速御殿場ICから東富士五湖有料道路経由で約45分
東名高速富士ICから西富士道路経由で約45分

<電車・バス>
河口湖駅からは路線バスをご利用で約30分 (風穴または氷穴バス停下車)

→【路線バス 時刻表

【所要時間】

30分程度(待ち時間なしの場合)

【費用(入場料)】

大人(中学生以上):290円
小人(小学生):140円

<団体料金>
①20名以上
大人(中学生以上):230円
小人(小学生):100円

②一般40名以上
大人(中学生以上):200円
小人(小学生):60円

③中高生40名以上
大人(中学生以上):170円


【備考・参考】

→【富岳風穴 富士山の洞窟 天然記念物
→【富岳風穴 じゃらんnet 公式HP
→【富岳風穴 富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報 公式HP
→【富岳風穴 口コミ・写真・地図・情報 トリップアドバイザー

夏は昇仙峡の円右衛門で本場流しそうめんとほうとうを食べよう

少し早いですが、夏の風物詩である流しそうめんを
大自然の中で楽しめるスポットをご紹介します。(私が行ったのは昨年です)

今年の夏は是非とも山梨県の自然豊かな場所で
名物ほうとうや渓流のそばで流しそうめんを食べてみてください。

お店は外の席しかないですが、すべての台に屋根がついてます。
テーブルには流しそうめん専用の回転水路台があります。

円右衛門で本場流しそうめん 3
目の前は川です。食べ終わったら川で遊びたい。

円右衛門で本場流しそうめん 5
メニューも涼しげな感じです。

円右衛門で本場流しそうめん 4
流しそうめんを頼んでそのまま食べてもよし
冷たい水が常に流れる水路に流して食べてもよし。

円右衛門で本場流しそうめん 2

円右衛門で本場流しそうめん 1

今回は流しそうめんしか食べてませんが、ここのほうとうも大変美味しいようです。
このお店は2014年の「「第五回昇仙峡味くらべ真剣勝負」」で優勝してます。
→【昇仙峡観光協会 トップページ

近くには日本の滝百選の仙娥滝や山梨ワイン王国があります。
こちらにも是非足を運んでみてください。
移動も考えると車で行くことをお勧めします。

円右衛門で本場流しそうめん 6
円右衛門で本場流しそうめん 7

【開催時期】
10:30~16:00

※不定休、お店のブログで確認してみてください
【住所・場所】
山梨県甲府市猪狩町423
【アクセス】
<車でお越しの場合>
中央自動車道 甲府昭和ICより昇仙峡まで40分
湯村温泉郷より20分
石和温泉郷より40分
昇仙峡ロープウェイを目印に山梨ワイン王国の道向かい。

<電車・バスでお越しの場合>
JR中央線 甲府駅より昇仙峡行きのバスで50分
県営駐車場で下りて橋を渡り左手(流しそうめんののぼりが目印)

【所要時間】
-
【費用(入場料)】
流しそうめん 1人前700円
ほうとう 1人前1200円
【備考・参考】

→【昇仙峡 流しそうめん 「円右衛門」 公式HP

→【渓流 流しそうめん 円右衛門 アメーバブログ

→【円右衛門 (エンエモン) 食べログHP

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県

富士山周辺をドライブした際に立ち寄った
これからの夏の季節にぴったりの納涼スポット(国の天然記念物)を紹介します。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 1

アクセスは良いとは言えないので車(レンタカー)が一番いいですね。
ドライブのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


この鳴沢氷穴は青木ヶ原樹海の中にある
平安時代に富士山の大噴火でできた洞窟です。

夏場は訪れる人も多く(私も夏に行きました)、避暑地としては最高です。
外が30度近い暑さでも中は涼しく、年間平均気温は約3度のようです。

そのため手足を出した真夏の服装で行くと、かなり肌寒いです。
(パーカーやジャケット等上着だけあるとずいぶん楽になります)


駐車場も混雑しているのでちょっと待ち時間
(8月のお盆前くらいだと20~30分くらい)がありますね。
(駐車場も数は少なくはないのですが)

受付のある建物でチケットを買って洞窟に向かいます。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 2

ちょっとぶれぶれな写真ですが混雑状況は伝えられるかな。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 3

夏なのですごく混んでますが、ゆっくりゆっくり進みます。
少しずつ涼しい空気が肌に感じられます。穴の中から見た外の世界。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 4

奥に進むと氷が見えてきます。真夏なのにこんなに氷があります。

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 6

冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 5

さらに奥に進むとまるでファイナルファンタジーを彷彿とさせるような氷。
写真で見るとより氷というよりはクリスタルのような神秘的な感じですね。
フラッシュで撮ったものと普通に撮った写真を載せます。

(フラッシュあり)
冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 7

(フラッシュなし)
冒険心をくすぐる自然の織り成す奇跡の洞窟「鳴沢氷穴」@山梨県 8

山梨県をドライブされた際にぜひともこの洞窟の避暑地に立ち寄ってみてください。

【開催時期】

営業:4月~10月中旬 8時~17時(季節により変動有※他期間は要問合)
休業:1月中旬頃に臨時休あり
その他:年中無休

【住所・場所】
山梨県南都留郡鳴沢村8533
【アクセス】
<車>
中央自動車道河口湖ICより約20分
東名高速御殿場ICから東富士五湖有料道路経由で約45分
東名高速富士ICから西富士道路経由で約45分

<電車・バス>
河口湖駅からは路線バスをご利用で約30分 (風穴または氷穴バス停下車)

→【路線バス 時刻表

【所要時間】

1時間程度(待ち時間なしの場合)

【費用(入場料)】

大人(中学生以上):290円
小人(小学生):140円

<団体料金>
①20名以上
大人(中学生以上):230円
小人(小学生):100円

②一般40名以上
大人(中学生以上):200円
小人(小学生):60円

③中高生40名以上
大人(中学生以上):170円

【備考・参考】

→【富士山の洞窟 天然記念物 富岳風穴・鳴沢氷穴
→【鳴沢氷穴 じゃらんnet 公式HP
→【鳴沢氷穴/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報 HP
→【鳴沢氷穴 口コミ・写真・地図・情報 トリップアドバイザー


Twitter プロフィール