共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

投資

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

うに家(共働き・子育て世帯)のボーナス・賞与の貯金(投資)ルール

今日も暑いですね、ニュースによると命に危険を感じる暑さらしいので、
外出するときや家にいるときも気をつけましょう。

昨日はうに家の毎月の貯金(投資)のルールをご紹介しました。

今日はうちのボーナス・賞与のルールをご紹介します。
図2

そもそも、うに家ではボーナス・賞与はないものとして考えてます。

こんな時代なので、ボーナス・賞与がいつなくなるか分からないですし、
転職や独立でボーナスなどがない環境になるかもしれません。

月々の収支はその月々で完結させ、ボーナス払いなどは絶対にしません。
月々の収支で完結するように身の丈にあった生活をしてます。

家も買ってないので、ローンもありませんが(笑)
仮に家を買ってもボーナス払いはしないです。

うに家では、これまで貯めていたボーナス等を
結婚式や新婚旅行の費用、引越しなどには使いました。
貯めておけば、いざというときに使えますね。

嫁ちゃんと結婚してから、お金の話をして、定めたルールがこちらです。


ボーナス・賞与は手取りの7割(70%)を掛けて
5万円単位で切り上げた金額を共通の貯金(投資)に回す

※残りはお互いがそれぞれ自由に使っていい。(ある意味成果連動型)


7割と5万切り上げにはあまり意味はないですが、お互い物欲はないので
特に不満はないですね。運用例としては、例えば、こんな感じです。


【手取りが32万円の場合】
32×0.7=22.4万円→25万円は貯金、7万円は自由

【手取りが58万円の場合】
58×0.7=40.6万円→45万円は貯金、13万円は自由

【手取りが77万円の場合】
77×0.7=53.9万円→55万円は貯金、22万円は自由


基本的に、貯金については、家電購入や引越しなどの急な出費、
娘ちゃんの教育費用や住宅を買う際の頭金(今のところ買うつもりはない)、
老後の資金などに充てる予定です。

もちろん貯金と言っても現金で置いておくわけでなく、
ETFの積立投資などに充てており、金の卵を産んでもらいます。



ではでは。


配当で子育てを目指すための現状把握(配当収入推移~2018年5月)

こんばんは、最近仕事で帰りが遅かったうにです。
なぜか分かりませんが、遅く帰ると心が荒みますね。
家に帰って寝るだけという生活に1ミリも魅力を感じません。


話は本題へ。前回子育ての費用を捻出するために
配当金収入の増加を目指すと目標を掲げました。

図2


目標を達成するためには、現状を理解して
具体的な行動に移さなければなりません。


現状を把握するために、うに家のファンド
(SBI証券で運用)をまとめてみました。


配当金を受領し始めたのは、昨年の4月からです。
2017年4月に主に塩漬けのETFを貸株登録して
金利収益を生み始めたのがスタートです。
(1月には分配型投資信託を一部保有、その後売却)

それ以外には詳細はまた今度ご説明しますが
2017年8月から日経高配当株50ETF(銘柄コード:1489)を
毎月積み立てて購入していたため、その配当収入もあります。

表にするとこんな感じです。(単位はもちろん円)
2017年1月2月3月4月5月6月 
貸株収益00021343299 
配当(1489)000000 
その他73600000 
合計7360021343299 
        
2017年7月8月9月10月11月12月合計
貸株収益295299314340357315663
配当(1489)000080700
その他000000736
合計2952993143401,1643151,399
        
        
20181月2月3月4月5月合計 
貸株収益3243233283743471,696 
配当(1489)0376004,2524,628 
その他000000 
合計3246993283744,5996,324 


だいたい月に300円程度の収入を生み出してくれています。

昨年に比べて、順調に配当金等の収入は増加していますが、
現状では月10万円の配当収入はまだまだほど遠いですね。


日経高配当株50ETFの配当がある月はうちで使っている
パンパースのオムツが1袋買える月もありますね。
先月は配当だけでアイクレオの2缶セットが買えそうです。


引き続きETFを積み上げて育児費用をまかなっていきたいと思います。


なお、貸株収益は雑所得に計上されますので
年間の収入が20万円を超える場合は確定申告が
必要となるようなのでお気をつけください。


通常の配当では源泉徴収になっているのですが
雑所得となると税率も変わりますので注意が必要です。
このあたりも次回ご説明します。


ではでは。



投資による配当金で子育て費用を確保することは可能か

どうも毎日元気すぎるうにです。

娘ちゃん(8ヶ月)はよく熱を出したりして
病院にはよくお世話になっています。

ああ神様、少し私にうつして娘ちゃんを楽にして下さい。


話は変わりますが、少し前にネットサーフィン中に
とても面白いブログを見つけました。

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた

三菱サラリーマンさんは、投資による配当で
経済的自由(月々の生活費を上回る配当収入を得る)を
目標として、その後実際に達成しています。

図2

怪しい投資の話ではなく、上場している企業の株式などを
ひたすら買っていくというシンプルな方法です。


そのために毎月の給与から手取りの8割を投資に回すという
三菱サラリーマンさんの節約志向は神の域です。
(日経ヴェリタスでも特集が組まれてました)


三菱サラリーマンさんのブログを読んで、
自分の投資へのコミットへの甘さを痛感しました。

私も大学時代から投資をしておりますが、収支では
そこまで大きなプラスにはなっていません。(含み損あり)

なお、入社した会社では個別銘柄への投資ができないので
今はETFや投資信託を売買しています。(NISAもフル活用)


東京での子育ては様々なお金がかかります。
共働き世帯で月10万円程度(?)でしょうか。


私は現在仕事を辞めたいとは思っていませんが
投資から得られる配当収入等が足しになれば
今後発生するであろう娘ちゃんの教育等で選択肢が増えます。


現在うに家でも月に牛丼1杯程度を食べられるほど配当収入はありますが
今後はこれを最大化すべく投資方針を変更したいと思います。


これまでは特段目標はなかったので、「配当で子育て」を目標にします。

配当金で月10万円収入があれば、年間120万円の収入になります。
月に1万円でも収入が増えれば、習い事が1つはできます。


例えば、高配当の銘柄で知られている、
みずほFGの株式では、100株買うのに19,190円必要ですが、
100株保有していると年間750円配当がもらえます。(6月15日終値)


配当利回りで換算にすると、約3.9%です。
実際には税金が引かれるので利回りは約3%程度です。


もし、4,000万円分のみずほFGの株式(約2,100万株)を保有していれば
年間120万円の配当が受領できます。ただ、これは
みずほFGが潰れないことや配当が減らないことが前提です。


また、私は個別銘柄には投資できないので、
ETFなどで年間120万円の配当収入を目指します。


具体的な方法は今後公表していきたいと思います。


ではでは。


Twitter プロフィール