共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

新米

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

【ふるさと納税2016】1万円で新米「はえぬき」15キロが御礼品@山形県上山市

年末が近づいてきて、ふるさと納税の季節がやってきました。
昨年度は全国各地にふるさと納税を行い、特産品三昧でした。

→【やってよかった「ふるさと納税」、2015年にもらった全特産品紹介とオススメランキング

おまけに所得税の還付や住民税の軽減があり、財布にも優しい制度です。

もちろん今年度も実施しましたのでご紹介いたします。
まずは昨年度も実施した山形県上山市ですが、1万円で
白米を15キロもいただけるということで即決でした。
図1

なお、昨年度もご紹介しましたが、ふるさと納税は10000円分は
生活する上で必要となるお米とかを1つは頼むことをオススメします。
(お得な制度をさらにお得にするための方法です)

→【美味しい新米10キロが実質2000円で手に入るお得な方法

ちなみに昨年度は黒毛和牛の牛丼を非常食のつもりでもらったのですが
旨すぎてもらってからすぐに食べきってしまいました。(後悔はありません)

→【上品な味わいの黒毛和牛の牛丼が御礼品@山形県上山市

山形県上山市 3


今回選んだ白米はどうやらなかなかいいお米のようです。

wiki様によると・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本穀物検定協会が認定する食味ランキングにおいて山形内陸産はえぬきが14年連続、
山形庄内産はえぬきが12年連続で特Aを認定されたことからもわかるように、味では
ブランド米の魚沼産コシヒカリに全くひけをとらない
が、山形県外での作付けがほとんどないため、
味のわりに知名度が低く比較的安価で取引されている。冷めても味が落ちにくいことから、
おにぎりや弁当用の炊飯米として向いているため弁当業者やコンビニエンスストアからの
業務用米としての需要が高く、特にセブン-イレブンのおにぎりの多くに使われているのが
山形県産はえぬきであると言われている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用了ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

味はいいのに安価で取引がされているという庶民の味方ではないですか。
おまけに冷めて味が落ちにくいなんて共働きの我々には最高のご飯です。

今日は早速、炊いて食べましたが、新米・炊き立て・はえぬきという最強のコンボで
普段はダイエットで夜は1杯までのところ3杯まで食べてしまった。なんて罪深いお米。
図4

15キロもあるのでしばらくはお米は買わなくてすみそうです。ありがとう上山市。


それでは恒例の納税実施から特産品受領までのスケジュールと特産品の紹介。

①ふるさと納税 実施

クレジットカードが使えますし、簡単で3分もかかりません。


②寄附金税額控除に係る申告特例申請書・寄附金受領証が郵便で到着(①から約1週間後)


昨年度は確定申告をしましたが、今回はワンストップ特例制度を活用します。

寄附金受領証の裏には、かみのやま温泉でのウォーキング(クワオルト)の
無料おためし券がついています。昨年は封筒に印字されていましたが
こちらの方がいいですね。行きたいなかみのやま温泉。
図1



③特産品が宅急便で到着(①から約1か月後)

待ちに待ったお米が到着。15キロってすごい重さです。

図3

図2


上山のリピーターですね。来年度も寄附の候補間違いなし。


【開催時期(営業時間)】
-
【住所・場所】
-
【アクセス】
-
【所要時間】
-
【費用(入場料)】
-
【備考・参考】
→【山形県上山市公式ホームページ

【ふるさと納税 2015】美味しい新米10キロが実質2000円で手に入るお得な方法@長野県駒ケ根市

当ブログでもたびたび「ふるさと納税」を取り上げてきましたが
今回は長野県駒ヶ根市にふるさと納税を実施しました。

今回の納税でゲットしたのは新米のコシヒカリ10キロです。
駒ヶ根市は私が以前登山で行った北岳の近くにあるので寄付しました。
(ゆかりはありませんが、これも縁ではないでしょうか)

→【日本で2番の標高、北岳の登山方法・スケジュール等(芦安・広河原)を大公開

ちなみに私が提唱する「ふるさと納税」を最大限お得に使う方法は下記の通りです。

【1】まず自身の年収と寄付控除が最大限活かせる金額を把握する

例えば年収400万の方は目安は約43000円程度、税の軽減額は約41000円程度(※)

(※)単身もしくは共働きの目安、家族等の状況により異なります

【2】【1】の金額のうち5000円もしくは10000円で生活に必ず必要なお礼の品がもらえる自治体に寄付をする

今回私が寄付した駒ヶ根市は10000円の寄付をすると新米10キロをいただけます。
ちなみにコシヒカリ10キロの市場価格は約3000円~5000円のようです。

   

【1】の最大限メリットが受けられる金額であれば実質2000円で新米10キロが手に入ります。

残りの寄付予定額では好きなものが無料で手に入ります。
私は肉に海苔にお酒をもらえるよう寄付する自治体を選んでます。
(寄付する先はできる限り昔住んでいたことがあったり、行ってみたい先とかを選んでます)

以上がシンプルですが、お得に利用する方法だと思います。

今年から制度が変わって会社にお勤めのサラリーマンの場合
5自治体迄の寄付は確定申告が不要で節税効果を受けられます。
特産品も地域によっていろいろあるのでサイトから見てください。
多いところは20~30の特産品から選べるところもあります。



駒ヶ根市の寄付から特産品の受領までのスケジュールもご紹介。

①ふるさと納税 実施

②寄付金受領書と観光案内が郵便で到着(①から2週間くらい)
(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 1
(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 5

③お礼状、特産品が宅急便で到着(①から3週間後くらい)

(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 2
(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 3

新米は届いたらすぐに研いで炊きました。やっぱり新米は旨い。
(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 4

他にも駒ヶ根市はりんごや梨などのお礼の品も選べるみたいです。

自然に触れたい時は旅先を駒ヶ根市を候補にしたいと思います。

【開催時期(営業時間)】
2015年
【住所・場所】

長野県駒ケ根市
【アクセス】


【所要時間】

【費用(入場料)】

【備考・参考】

→【駒ヶ根市HP アルプスがふたつ映えるまち

Twitter プロフィール