共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

温泉

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

これまで「うにちっぷす」では神奈川県三浦市を何度も訪れ
様々な情報を提供してきました。(旅行回数は10回超え)
図2
(城ヶ島の「馬の背洞門」)

図3
(まぐろ食堂「七兵衛丸」の「まぐろ海鮮丼」)


私自身家族も含め、三浦市には全くゆかりもないですが
旅行、グルメ・自然をこよなく愛するファンの一人として
市の魅力を発信していければと思います。


三浦半島は東京都内から電車(京急電鉄)で
1時間程度と好立地であり、三崎港の海鮮や城ヶ島の自然、
海水浴場、三浦ダイコンをはじめとする三浦野菜など
観光地には十分すぎる目玉が揃っています。


また、マホロバや京急ホテルなどの宿や温泉など
日帰り旅行でも泊まりでも満喫できる施設も多々あります。


「うにちっぷす」では本屋に並んでいる観光本よりも
情報が蓄積してきたので、三浦の観光情報をまとめてみました。
(そのうち本も出していきたいです)


このページはこれからも適宜更新しますので
皆さんが足を運ぶ際の参考(保存版)となればと思います。


なお、三浦に行くなら、「みさきまぐろきっぷ」が圧倒的にオススメです。

詳細は以下にまとめましたが、品川から3,500円で往復交通費や現地での
バスも乗り放題で食事も遊びも楽しめます。

まだ使ってないの?お得な「みさきまぐろきっぷ」で遊びもグルメも大満足


【グルメ】
(海鮮)
〇「三崎館支店 香花」
老舗の「三崎館支店 香花」でまぐろきっぷ丼など旨い海鮮丼を食べよう

〇「あやとり」
三浦海岸駅でメニューも豊富な居酒屋「あやとり」で海鮮と酒はいかが

〇「まぐろ食堂 七兵衛丸」
ももクロも訪れた「まぐろ食堂七兵衛丸」で「みさきまぐろきっぷ」を活用

〇「鮮味楽」
三崎港(三浦)で大人気の海鮮店の鮮味楽にまぐろきっぷで行ってみた

〇「紀の代」
老舗「紀の代」でまぐろきっぷを使って「とろとろ丼」を堪能しよう


(らーめん)
〇「牡丹」
三崎港に行ったら海鮮丼もいいけど「三崎まぐろラーメン」はどう@牡丹

〇「三崎港ラーメン」
三崎港でいただくメニューも豊富なこだわりの「三崎港ラーメン」


(スイーツ・カフェ)
〇「潮風」
城ヶ島に行ったら食べたいB級デザート「しらすソフトクリーム」@潮風

〇「ミサキドーナッツ」
三浦で絶対行きたい大人気オススメのスイーツ「ミサキドーナッツ」


【スポット】
(漁港関係)
〇「水中観光船 にじいろさかな号」
動く水族館「水中観光船 にじいろさかな号」で三浦半島の海中散歩

〇「うらりマルシェ」
三浦(三崎港)に行ったら絶対行きたい魅力あふれる「うらりマルシェ」


(水族館・自然)
〇「京急油壷マリンパーク」
三浦市の水族館「京急油壷マリンパーク」は独自のショーなど見所が多い

〇「桜まつり」
三浦海岸駅から小松ヶ池公園で開催中の桜まつりは見頃注意(河津桜)


(歴史)
〇「三崎城跡」
三浦半島の三崎城跡は戦国時代に廃墟となった三浦家の山城で水軍拠点


【その他】
(お土産)
〇「かじめん」&「海藻美人」
三浦のお土産と言えば、オリジナル特産品「かじめん」と「海藻美人」でしょ

〇「三崎まぐろラーメン」
三浦のお土産はB1グランプリ入賞の名物「三崎まぐろラーメン」も

〇「蔦金商店」
うらりマルシェで発見、出川哲郎氏の実家「蔦金商店」の旨い海苔


(ふるさと納税)
〇「御礼品まとめ」
三浦市のふるさと納税の御礼品が素晴らしい(グルメも体験型も)

〇「マグロの御礼品」
神奈川県三浦市のふるさと納税は名物のマグロの御礼品が充実している


(その他)
〇みうらちっぷす立ち上げについて
【新企画】神奈川県三浦市の情報発信「みうらちっぷす」を立ち上げます

〇「レンタサイクル」
うらりマルシェのレンタサイクルで三浦半島をサイクリングしよう



<三浦への旅のお供に>

三浦の旅情報は以下の本があります。

本の中が一部見れますので、パラパラと見てみてください。




ではでは。


海を展望、足湯も景色も楽しめるアクセス良好の「松が下雅湯」(混浴)@式根島

式根島の温泉紹介第2弾です。式根島は全部で温泉が4つもあります。
島自体はこじんまりとしてますが、温泉の数は多いですね。

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

<式根島の温泉一覧>

・地鉈温泉
・松が下雅湯
・足附温泉
・海中温泉

海中温泉は文字通り、地図を見ると明らかに海の中にあります。
どうやら海中温泉は以前ご紹介した石白川海岸の先にある
御釜湾にあるようで、ダイビングとかでないと行けないようです。
海水浴のシーズンがターゲットですね。

→【式根島に行ったら絶対食べたい「みやとら」のお弁当と石白川海岸の癒しの風景

前置きが長くなりましたが、松が下雅湯は式根島で最も利用しやすい温泉です。
お湯の温度も水位もほぼ一定です。
松が下雅湯 7

脱衣所もしっかり準備されてますし、自転車置き場からも徒歩1分とアクセスもいい。
松が下雅湯 11
松が下雅湯 15
松が下雅湯 14

地鉈温泉なんてある意味命懸けですからね。

→【これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」
→【秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください

さらに24時間灯りはついていて、足引港・足付漁港を見ながら湯に浸かることができます。
松が下雅湯 5
松が下雅湯 4
松が下雅湯 10
松が下雅湯 8

夜に行っても港の雰囲気を楽しむことができますね。
松が下雅湯 6

さらにさらに式根島の全ての温泉でそうですが、混浴で入浴料は無料です。

混浴なため水着着用はマストです。残念なのか、嬉しいのか
友人と行った時はたまたま誰もいなかったのでゆっくり浸かることができました。

ちなみにこの雅湯は内科の湯と言われています。
泥っぽい感じや鉄分の香りが効いているのでしょうか。

あと補足ですが、真水のシャワーもありますが、お湯はでません。
松が下雅湯 9

そのため冬場など外が寒い季節はお湯に浸かった後は
さらっと体を拭いて帰ることになります。石鹸やシャンプーも利用禁止です。

足湯だけという使い方もいいのではないでしょうか。
松が下雅湯 13
松が下雅湯 12
松が下雅湯 2

すぐ隣には足附温泉がありますが、少し距離があるので
着替えを持っていった方がいいかなと思います。
松が下雅湯 1


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行・観光情報はこんな本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            


【開催時期(営業時間)】
年中無休、24時間入浴可

【住所・場所】
東京都新島村式根島

【アクセス】
野伏港から徒歩約30分

【所要時間】
-

【費用(入場料)】
無料

【備考・参考】
→【松が下雅湯 観光情報 東京都新島村 新島&式根島公式HP

秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください

式根島の「地鉈温泉」をご紹介致しましたが、実は前日の夜にも行ってました。

→【これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」

朝と夜では雰囲気が全然違います。夜はまさに冒険でした。
ドラクエやファイナルファンタジーなどのRPGゲームでいうところの
洞窟、ダンジョンさながらのスポットになってました。

式根島 地鉈温泉(夜) 8

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

まずは入り口からの下へ降りる階段がこんな感じです。
写真だとより暗く見えて幻想的ですね。
式根島 地鉈温泉(夜) 7

ちなみに日中だとこんな感じです。(少し写真の場所は違いますが)
式根島 地鉈温泉(朝) 11

下に降りるまでの階段と海に向かう岩肌の隙間道が
うっすらとした明かりで幻想的な道になってます。
式根島 地鉈温泉(夜) 6
式根島 地鉈温泉(夜) 5

日中とは全然雰囲気が違いますね。
式根島 地鉈温泉(朝) 9

狭い小道を進むと温泉地帯ですが、もはや暗すぎて怖い。
式根島 地鉈温泉(夜) 4
式根島 地鉈温泉(夜) 3
式根島 地鉈温泉(夜) 2
式根島 地鉈温泉(夜) 1

明かりがついているので夜でも行くことを前提にしてあるとは思いますが
海中電灯などしっかり準備をしていった方がよさそうですね。

ちなみに我々はこのときは入浴に最適な場所を探せず断念しました。
海との境界線が最も適した場所とは気が付きませんでした。

ただ地元の方にお話しを聞いたところ、夜は星もキレイなので
すごく癒されるとのことです。看板にも潮騒と風の音を楽しむと書いてあります。
島内は明かりも少なく、東京とは異なり星もキレイなのでこういった楽しみ方もできますね。
式根島 地鉈温泉(朝) 16

秘境の温泉とはまさにこれだと帰りに友人が言ってました。

まずは日中行ってみてからよく周囲や入浴スポットを確認していくことをオススメします。


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            





【開催時期(営業時間)】
年中無休

【住所・場所】
東京都新島村式根島


【アクセス】
<式根島迄>
東京から夜行大型客船で約11時間、高速ジェット船で約3時間(東海汽船)
下田から客船にて約4時間半(神新汽船)
<地鉈温泉迄>
野伏港から自転車で約15分
徒歩で約40分


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
無料(地鉈温泉)


【備考・参考】
→【観光スポット・レジャー 式根島 公式HP

これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」

式根島の観光スポット紹介、今回は秘湯、地鉈温泉です。
式根島 地鉈温泉(朝) 12

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

式根島には全部で4つの温泉があります。今回の島旅行で3つ行きました。
どれも面白い温泉ですが、これは群を抜いてすごい温泉でした。
写真もたくさん撮ったのでぜひ雰囲気を味わってください。
式根島 地鉈温泉(朝) 14

<式根島の温泉(全部で4つ)>

・松が下雅湯
・地鉈温泉
・足付温泉
・海中温泉

→いずれも入湯は無料です。これとは別に「温泉憩いの湯」という入浴施設はあります。

式根島 地鉈温泉(朝) 15
式根島 地鉈温泉(朝) 16

駐車場・駐輪場もあり、入り口付近にはお手洗いもあります。
式根島 地鉈温泉(朝) 13

この温泉まずは軽いトレッキングが必要です。断崖絶壁を下っていきます。
式根島 地鉈温泉(朝) 11
式根島 地鉈温泉(朝) 10
式根島 地鉈温泉(朝) 9
式根島 地鉈温泉(朝) 8

下について振り返ると周囲は岩石の山です。落石注意の看板の説得力がありあまる。
式根島 地鉈温泉(朝) 7
式根島 地鉈温泉(朝) 5

さらに狭い岩肌を進むと海と温泉が見えてきます、足元にご注意ください。
式根島 地鉈温泉(朝) 6
式根島 地鉈温泉(朝) 4
式根島 地鉈温泉(朝) 3

湯気が沸き立ってます、温泉独特の香りもします。
式根島 地鉈温泉(朝) 2
式根島 地鉈温泉(朝) 20
式根島 地鉈温泉(朝) 18
式根島 地鉈温泉(朝) 24
式根島 地鉈温泉(朝) 25
式根島 地鉈温泉(朝) 27
式根島 地鉈温泉(朝) 19

当然この空間の周囲は岩肌に囲まれてます。脱衣所等はありません。
遠くの壁に更衣室とありますが、落石が怖くて行けない。。。
たしかにそっちの方は岩が多く影にはなってます。
式根島 地鉈温泉(朝) 1
式根島 地鉈温泉(朝) 26

ちなみにすぐ目の前は海です。波が押し寄せてきてます。景色もキレイです。
式根島 地鉈温泉(朝) 28
式根島 地鉈温泉(朝) 22

さて温泉について、あちこちで湯気が立っていますがどこも熱いです。
入る前には必ず手や足で確認してください、しゃぶしゃぶになります。
さすが源泉の温度80度と言われるだけあってどこもアツアツです。

友人と発見した入浴スポットは海との境界線でした、ここだとちょうどいい湯加減です。
熱いお湯が流れてくるのと海水が混ざり合ってベストな温度になります。
ちなみにどこにも階段とかないので、入る際は足元にご注意ください。
式根島 地鉈温泉(朝) 23
式根島 地鉈温泉(朝) 21

この場所だと若干塩水なので後でどこかでシャワーを浴びた方がいいですね。
更衣室もないので水着を事前に着用していくことをオススメします。
式根島の温泉はどこも混浴なので水着着用はマストです。

こんな壮大な温泉は生まれて初めてでした。
式根島に行かれた際は是非温泉巡りをしてみてください。


PS.地鉈温泉の夜の雰囲気はこのような感じです。

→【秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            





【開催時期(営業時間)】
年中無休


【住所・場所】
東京都新島村式根島


【アクセス】
<式根島迄>
東京から夜行大型客船で約11時間、高速ジェット船で約3時間(東海汽船)
下田から客船にて約4時間半(神新汽船)
<地鉈温泉迄>
野伏港から自転車で約15分
徒歩で約40分


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
無料(地鉈温泉)


【備考・参考】
→【観光スポット・レジャー 式根島 公式HP

まるでテレビロケ、関東でバンジージャンプをするなら群馬の温泉地みなかみへ

世界の果てまでイッテQなど数々のテレビで目にするバンジージャンプをやってきました。

みなかみの営業シーズンは春から秋ですが、竜神・猿ヶ京・五木では
忘年・元日・新年バンジーもやっているのでやってみたい方は是非。

やり方は簡単、芸能人でなくてもバンジージャンプはできます。
運営している会社は日本で唯一のブリッジバンジーの運営会社で
本格派ブリッジバンジージャンプが体験できます。

周りはこんな感じで自然が豊かな利根川です。

水上バンジー 10
水上バンジー 13

利根川では夏には川下りも楽しめます。みなかみは温泉もあるので
夏は川下りやバンジージャンプ、冬はスキーと自然豊かな観光地です。


我々は「水上温泉 おやど 松葉屋」さんにお世話になりました。
女将さんもすごくいい方で1泊でしたがみなかみを満喫できました。
お部屋もキレイで川も一望できるので写真を見てみてください。

バンジージャンプは事前に予約をしておけばスムーズに飛べます。
現地に到着したら簡単に説明を受け、誓約書にサインをして装備を着けたら完了です。

予約さえしていれば現地に到着して飛び終わるまで人数にもよりますが
1時間くらいあれば終わるかなと思います。私は友人6人で行きましたが
だいたい2時間くらいで全員飛び終わりました。
水上バンジー 11

装備を着ければ、あとは時がくるまで待つだけです。
目の前で人が飛んでいくのを見ながら自分の番を待つのはドキドキが止まりません。

水上バンジー 2

順番が来たら、バネをつけて発射台に立ちます。
インストラクターはノリノリでカウントダウンをしてくれます。

水上バンジー 9

そしてついに3.2.1、思い思いのポーズと気持ちで飛びました。


私が飛んだとき、あぁ終わったと思いました。まさに思い出が走馬灯のように。。。
バンジージャンプは飛ばれた方は分かると思いますがヒモが伸びきるまで全く支えを感じません。
岩場目がけて落ちていくのでスリル満点どころか1000点です。


1度底につくと我に帰りましたが、その時間にして約2秒がとても長く感じます。
下を見ると川です、落ち着くまで宙吊りでこの間も結構怖い。
水上バンジー 7
水上バンジー 8
水上バンジー 6

最後は手を伸ばすと回収してくれます。
水上バンジー 1
水上バンジー 5

友人皆無事に飛んで回収されました。
我々の前にいた女性のメンバーのうち1人が飛ぶに飛べず
泣いていらっしゃってリタイアされました。

安心してください、飛べない場合はリタイアできます。


みなかみは東京からも近く自然も豊かな場所なので
ぜひ行かれた際はチャレンジしてみてください。


<群馬県への旅のお供に>

観光ガイドは行く方面で用意していると便利ですね。
自分が見やすいものを本屋とかで選ぶことをオススメします。

下記のやつは中身が見れるのでパラパラめくってみてください。

        


【開催時期(営業時間)】

営業は春から秋

2015年は11月30日迄、定休日は火、水。時間は9:00~16:00(15:30受付終了)

事前予約要→【バンジージャパン 予約 公式HP

【住所・場所】

群馬県利根郡みなかみ町小日向143

【アクセス】

<車> 
練馬I.C→水上I.C(約1時間半)→水上I.C→諏訪峡大橋(約2分)

<新幹線>
東京駅→上毛高原駅(約1時間10分)→バスで上毛高原→諏訪神社前(約10分:¥520)
→諏訪神社前→諏訪峡大橋(徒歩2分) 
 
<電車>
上越線「高崎駅」→水上駅(1時間)→「水上駅」からバス/タクシー(バス5分:約¥350/タクシー3分)

【所要時間】

1時間程度

【費用(入場料)】

1回目: 8,000円 
同日2回目以降: 5,000円
2回目以降: 6,000円 (要認定書&身分証明書)

【備考・参考】
→【バンジージャパン みなかみ(群馬県) 公式HP


Twitter プロフィール