うにちっぷす(uni-tips)

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。中の人は東京で働く共働きの夫婦です。昨年10月から家族(娘)が増えて、東京の保育園に通いながらの子育てライフもスタートしました。投資の配当(月10万円が目標)で子育てを目指すプロジェクトも始動しました。Let' enjoy life.

熊本空港

旅行、グルメ、マネーや節約情報等を掲載中。毎日を楽しく生きるために役立つ情報を掲載。昨年10月から新しい家族(娘)も増えて、東京の保育園に通いながらの夫婦共働きのサバイバル子育てで奮闘中。ETFの積立投資で月10万円の配当収入を目指しています。Let' enjoy life.

食べるのがシュールなくまモンの味付のりを熊本空港で発見

熊本空港のお土産売り場で見つけた熊本が誇るあのくまモンの海苔。
海苔マニアとしては買わずは帰れない、ということでまとめてお買い上げ。
図7

こちらはくまモンらしさが出てますね、ずーんって感じ?(笑)
甘口味付のり(税込540円)です。
図5

味は普通に美味しいです。
図4

きゅうりとご飯を味付け海苔で巻いて食べるとうまいです、お試しあれ。
図3

皆さんにとっては気になるのは、こちらですよね。
初めて見ました、くまモンがプリントされている海苔です。
パッケージにはちょっとおどけたくまモンが。
(くまモンプリント味付のり、540円(税込))
図8

裏を見ると、この白いのはカルシウムだそうです。
図6

白いボールはサッカーボールかな?
図2

ご飯(玄米ブレンド)にのせてみたら、なんか食べていいのかわかんない。
そんな目でこっち見ないでくれよ(笑)
図1

ちなみに味は白いところもほとんどありません。

シュールな食卓になると思うのでぜひ熊本に行ったら買ってみてください。
小学校とかで海苔弁当にしてもっていくと話題になりそうですね。
キャラクター弁当とまでは言えないでしょうけど(笑)

ではでは。



阿蘇くまもと空港の空港ラウンジ「ASO」が快適すぎた件について

熊本空港のラウンジがすごく快適だったのでご紹介。
図8

空港ラウンジは、飛行機へ搭乗する前にジュースなどを飲んでゆっくり
時間が過ごせるある種カフェみたいなところです。ラウンジには大きく2つあります。

(1)航空会社のラウンジ
(2)カード会社等のラウンジ

どちらも使ったことがある(航空会社のラウンジは同伴で)のですが、
航空会社のラウンジは豪華ですね。さすが飛行機を年に何回も
使う人が入れるだけあって、サービスがいい。
(お酒を含むドリンクが飲み放題で軽食が出るところもあります)

カード会社等のラウンジは航空会社のラウンジには劣りますが
それでも、飛行機への搭乗をゆっくり待つことができます。
今回ご紹介する「ASO」は後者になります。

入場方法はいたって簡単で、受付でクレジットカードと航空券を見せるだけ。
(入場可能なクレジットカードをお持ちでなければ、入場料を払えば入れます)

座席は自由です。たまに混雑しているときもありますが
今回私が行ったときはすいてました。
(羽田空港のラウンジは常に混んでいるイメージですね)

ラウンジ「ASO」は室内も座席もすごくキレイでした。
図4

図5

座席毎にコンセントがあるので、携帯やパソコンの充電もできます。
なお、「ASO」では、ビールが一杯無料で飲めます。(2杯目以降有料)
図2

また、私が行ったときはビール以外にも焼酎の試飲ができるなど
他の空港ラウンジでは見たことがないバリエーション。
もちろんソフトドリンクは自動販売機が2台あって飲み放題ですよ。
(ジュースやコーヒーなどなどアイスからホットまで)
図1

おつまみのお菓子もあります、ビールとの相性は抜群ですね。
図7

ご想像の通り、こういうセットができ上がります(笑)
図6

ソフトドリンクとおつまみという組み合わせもいいですね。
図3

少し早く空港に着いたら、ぜひ空港ラウンジでごゆっくりお過ごしください。
熊本空港のラウンジはレベルが高いと思います。いやあ、ほんとによかった。

ぜひ阿蘇くまもと空港から飛び立つときは、立ち寄ってみてください。

ではでは。






【開催時期(営業時間)】
6:30〜最終便出発時刻まで

【住所・場所】
阿蘇くまもと空港内

【アクセス】
-

【所要時間】
-

【費用(入場料)】

<2時間ドリンク付>
大人:1000円(1時間毎の追加料金500円)
子供:600円(1時間毎の追加料金300円)

【備考・参考】
→【施設情報-施設サービス 熊本空港(阿蘇くまもと空港)オフィシャルサイト
Twitter プロフィール