共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

特産品

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

ふるさと納税で一番高い御礼品はどんなものか調べてみた(トップ5)

毎年ふるさと納税で御礼品を受領している、うにです。
お米はいろいろな自治体さんからもらっており、
ここ数年は買ってません。(ありがとうございます)
図6

今回は、三浦市のふるさと納税を調べていた際に
「そういえば、他の自治体で高い御礼品はなんだろう」と
純粋に気になったので調べてみました。


調査は普段私が使っている「ふるさとチョイス」さんの
ホームページを活用して、全国の事例から調べました。

ふるさとチョイスさんは業界最大手で約1300の自治体さんに
寄付・納税ができます。掲載されている御礼品の数は
18万点以上と圧倒的なシェアです。



それでは早速みていきましょう!!



【1位】卓上ディスクオルゴール(80弁×2)(長野県下諏訪町)


納税額:10,000,000円(1,000万円)


1位は下諏訪町のハヤック総合サービスさんの超高級のオルゴールでした。

ふるさと納税は原価率はだいたい半分以下と聞いたことがあるので
普通に購入したとしても500万円くらいのオルゴールです。
高級車が買える夢の詰まった箱ですね。


なお制作には約4か月程度を要するようです。
是非とも音色を聞いてみたいですね。



【1位】若手クリエイター応援企画“内海聖史”絵画プラン 1点限定(茨城県境町)


納税額:10,000,000円(1,000万円)


同じく1位なのは、境町のクリエイター作品でした。
制作には12か月でサイズも3メートル四方の大きさです。

境町出身の内海聖史さんが作成されるようです。


なお、境町では他にも内海聖史さんの作品が高額御礼品に登場しますが
今回はこちらのみを(勝手に)エントリーさせていただきました。
他にも、900万円、800万円など様々な価格帯で寄付コースがあります。



【3位】エリーゼ・Elise(静岡県湖西市)


納税額:8,000,000円(800万円)


続いて3位は湖西市さんの有限会社オギノピアノ工房のピアノでした。
白いグランドピアノってオシャレですね。なお、同額(800万円)で
「オリヴィア・Olivia」というピアノも選択できます。



【4位】元湯陣屋のまるごと貸切パーティプラン(一泊二食・40名様)(神奈川県秦野市)



納税額:7,800,000円(780万円)


4位は秦野市さんの陣屋さんを貸し切れるプランです。
鶴巻温泉や夜も庭園を一望できるレストラン「賑わい亭」で
総料理長自信の本格「特選会席」が用意されるとのことです。


紹介文にも記載されていますが、会社として納税した場合に
セミナーや福利厚生に使えそうなプランですね。



【5位】御守刀(短刀)月山貞利作(奈良県桜井市)


納税額:7,560,000円(756万円)


5位は桜井市の月山日本刀鍛錬道場の短刀です。
家宝になりそうな御礼品ですね。歴史的な背景がある
自治体ではこういう御礼品を紹介できますね。




以上ふるさとチョイス調べでしたが
全国ふるさと納税高額トップ5の御礼品でした。


なお、簡易計算ではありますが、1億円の年収がある場合に
自己負担なく寄付できる目安は約430万円らしいです。


2~3億年収がないと、自己負担なく今回の御礼品が受け取れないですね。
自己負担があってもいい場合はこの限りではありませんが。



ではでは。



やってよかった「ふるさと納税」、2015年にもらった全特産品紹介とオススメランキング

2015年は本誌では全国各地の自治体にふるさと納税を実施しご紹介しました。
今回はそんな中でやってよかったふるさと納税をランキング形式で発表致します。

<2015年のふるさと納税一覧(全10件)>

→【【ふるさと納税 2015】奥出雲の和牛肉サーロインステーキを堪能@奥出雲町
→【【ふるさと納税 2015】ミシュラン料理店でも愛用される香味干しも入った「佐賀のり詰合せ」@佐賀市
→【【ふるさと納税 2015】美味しい新米10キロが実質2000円で手に入るお得な方法@長野県駒ケ根市
→【【ふるさと納税 2015】日本のワイン名産地・山梨に寄付して美味しいワインを手に入れよう@山梨市
→【【ふるさと納税 2015】北海道のワイン名産地に寄付して美味しい十勝ワインを手に入れよう@池田町
→【【ふるさと納税 2015】こんな納豆見たことない、オシャレな「納豆BARセレクトセット」@大東市
→【【ふるさと納税 2015】ダイエットに効くという玄米をたっぷり10キロもいただきました@山形県三川町
→【【ふるさと納税 2015】納豆界の奥深さと日立市のホスピタリティーの高さに脱帽@茨城県日立市
→【【ふるさと納税 2015】上品な味わいの黒毛和牛の牛丼を御礼品として送っていただきました@山形県上山市
→【【ふるさと納税 2015】肉も魚も果物も旨そうな特産品をポイントで選べる@愛媛県西条市

いやあ、振り返ると結構たくさんありましたね。
それでは2015年のランキングは独断と偏見により発表します。

各自治体では同じ寄付金額でも数種類から数十種類の
特産品・御礼品を用意しているところもあるので、同じ自治体に
寄付した方でも別のものをいただいた方もいるかもしれません。


<1位 島根県奥出雲町 奥出雲の和牛肉サーロインステーキ>

(1)ふるさと納税 奥出雲町 8

[コメント]
1位はこれですね、なんといっても特産品の質がいい。
肉が大好きなので、特産品が到着するまでもワクワクでした。
到着してすぐに初めてのステーキづくりにチャレンジしました。
(無事に美味しく食べられました)

特産品もとてもよかったのですが、自治体として町の紹介や観光案内を
送ってくれたのが個人的にとてもよかったかなと思います。

特産品や町の案内のクオリティの高さが1位と判断した理由です。
奥出雲町にも是非行ってみたいと思います。

(1)ふるさと納税 奥出雲町 6
(1)ふるさと納税 奥出雲町 7


<2位 茨城県日立市 日立市産 特選納豆セット>

日立市 10

[コメント]
正直なところ、1位と2位については甲乙がつけがたかったです。
納豆よりも肉が好きという理由で順位がつきました、ええ独断です。

この品と数により納豆の世界の奥深さを知ることができました。
納豆ドレッシング、どらい納豆、海洋ミネラル納豆、黒豆納豆に金箔入りの
ゴールド納豆など十分すぎるほどのアイデアや商品を堪能できました。

さらに日立市さんはこれだけでなく、観光案内も充実していて
観光マップはもちろんのこと、市内にある動物園や科学館の入場無料券も
送ってくれました、このホスピタリティには感動しました。
日立市 2
日立市 5

<3位 愛媛県西条市 西条海苔香味>

西条市 1

[コメント]
海苔が大好きなので佐賀市と合わせて2015年に2回も
海苔がもらえる自治体に寄付を実施しております。

西条市さんの送ってくれた四国海苔さんの海苔の詰め合わせは
どれもとても美味しかったです。初摘みの海苔や特上海苔は
素晴らしいご飯のお供です、いや親友です。ご飯が進む、進む。

佐賀市の三福海苔さんのミシュランレストランでも使われる香味干しが
入った海苔の詰め合わせも大変美味しくご飯が進みまくったのですが
西条市さんの観光案内が優れていたのでこちらに軍配が上がりました。


<総評>
勝手にオリジナルベストランキングを発表しましたが
どこの自治体さんが送ってくれたものもとても質のいいものばかりでした。
ランキングとしてはさらにその町に対する観光案内等の充実度も
加味して独断で順位付けしました。

別の記事でも書きましたが自治体を代表して特産品を送っているので
しっかりとした事業者さんが対応してくれているものですから。

2016年もいろんな自治体さんに寄付を行って
それぞれの地域の特産品を楽しんでいこうと思います。


<ふるさと納税に関するオススメ図書>

人気の特産品や制度とかがわかりやすく書いているので本屋で見てみてください。
下記のやつも中身が見れるのでパラパラめくってみてください。

               
          


【開催時期(営業時間)】

2015年
【住所・場所】
全国各地 

【アクセス】

-
【所要時間】

-
【費用(入場料)】

-
【備考・参考】
-

お得なだけじゃない「ふるさと納税」をオススメする5つの理由

今まで、いろんな地域に「ふるさと納税」を行ってきました。

一部はこのブログでも紹介してきましたが、まだ紹介していないものもあります。

→【【ふるさと納税 2015】奥出雲の和牛肉サーロインステーキを堪能@奥出雲町
→【【ふるさと納税 2015】ミシュラン料理店でも愛用される香味干しも入った「佐賀のり詰合せ」@佐賀市
→【【ふるさと納税 2015】美味しい新米10キロが実質2000円で手に入るお得な方法@長野県駒ケ根市
→【【ふるさと納税 2015】日本のワイン名産地・山梨に寄付して美味しいワインを手に入れよう@山梨市

今回はなぜこの制度を私がオススメするのかをまとめてみました。


①お礼の品・地域の特産品がもらえる


これは言わずもがなですが、寄付した金額に応じて
寄付する自治体からお礼の品が送られてきます。

地域によって特産品や名産品が異なりますが
好きなものを選んでもらうことができます。

例えば、有明海で有名な佐賀は高級な海苔をもらえます。
(2)ふるさと納税 佐賀市 1

また海がそばにある町や市だと海産物を選べます。

寄付する先は自身で選べるのでほしいものがある
自治体に寄付してもいいでしょう。


②節税効果がある(税金の還付・控除が受けられる)


これも①に次いで大きな特徴です。①②を合わせてお得な制度と言えます。
ふるさと納税をすると税金の還付・控除を受けられます。

ざっくり言うと、寄付した金額から2000円引いた金額のうち
10%が所得税の還付金として入金されますし、90%の金額が
翌年度の住民税が控除されます(翌年度の住民税が減ります)。

例えば年収400万の方は目安は約43000円程度、税の軽減額は約41000円程度(※)
(※)単身もしくは共働きの目安、家族等の状況により異なります。

ただ実質2000円の負担で①がもらえるようにするには
上限(家族や状況等により異なる)があるのでご確認ください。

私は節税効果というよりは税金の先払いのイメージですね。
例えば、今手元にある40000円を寄付すると、10%は還付されて戻ってきて
90%分は来年の住民税を減らすもので40000円返ってくるわけではないので。
→数字は適当です、ざっくりとした話でイメージをお伝えするものです。

ただ、①②と組み合わせれば、実質タダで特産品が手に入るような裏技みたいなこともできます。

例えばお米はほぼ皆さま買われると思うので、1万円で20キロとかもらえる
自治体に寄付すれば、実際は1万円もらえるようなものです。

ちなみに今年から制度が変わって会社にお勤めのサラリーマンの場合
5自治体迄の寄付は確定申告が不要で節税効果を受けられます。
特産品も地域によっていろいろあるのでサイトから見てください。
多いところは20~30の特産品から選べるところもあります。



③地域に貢献できる・その地域に関心をもつ


これも私としては結構オススメする理由の一つです。
というよりは私自身が寄付する際の選定基準みたいなものです。

寄付できる自治体は無数にありますが、特産品も似たりしているものもが多いです。

そういった場合、寄付する先を選ぶ基準のは
昔お世話になった場所(住んでいたなど)や今後行ってみたい場所という選び方です。

災害があった場所や応援したい地域を寄付する先に選ぶというのも
本来のふるさと納税の趣旨にもかなったものだと思います。

自治体側に対するお願いとしては、特産品・お礼品と一緒に観光ガイド送ってほしいです。
そうすれば旅行の計画を立てたりとよりその地域に興味を持てると思います。

(例 奥出雲町観光ガイド)
(1)ふるさと納税 奥出雲町 7


④自分で税金の使い道を選べる


③に関連しますが、ふるさと納税の大部分は寄付したお金を
その自治体の何に使ってほしいかを選ぶことができます。

例えば、自分が卒業した小学校への支援などができたり
地域でやっているお祭り等の支援をしたり、自然環境の
保護活動に利用するよう使途を選択することができます。

また最近ニュースになってましたが、広島県神石高原町が
犬の殺処分を減らすために「ふるさと納税」でお金を集めたことは
新しい試みですし、素晴らしいと思いました。

→【犬200頭保護に1億円超 民間シェルターの支えは「ふるさと納税」

税金の使われ方を選ぶことはひいてはその地域に関心を持つことにもなります。


⑤税金に関心を持つ


④で税金の使われ方を選ぶことは他の税金にも関心を持つことになると思います。

多くの人が自身の街ではどういった税金の使われ方をしているのかを
今まで以上に関心を持つようになると、無駄な使われ方が減り
結果よりよいサービスが提供されるようになるのではないでしょうか。

ちょっと飛躍しすぎかもしれませんが、社会保障費が
年々増えていく日本では集めた税金の使い方は重要なものだと考えます。

ふるさと納税は税金に対する関心を持つきっかけになると思います。



以上が私が「ふるさと納税」をオススメする理由でした。


これからもいろんな土地にふるさと納税を行い、その場所に
旅行したりして観光スポットも合わせてご紹介できればと考えてます。


<オススメ参考図書>

人気の特産品や制度とかがわかりやすく書いているので本屋で見てみてください。

下記のやつも中身が見れるのでパラパラめくってみてください。


               

【ふるさと納税 2015】ミシュラン料理店でも愛用される香味干しも入った「佐賀のり詰合せ」@佐賀市

ふるさと納税2015、第二弾、佐賀市に寄付致しました。

佐賀には昔お世話になったこともあってぜひ寄付をしたい先でした。

佐賀市のお礼品は寄付金によって様々なものがありますが
日帰り入浴券、佐賀牛カレー・シチュー詰め合わせ、季節の野菜詰合せや
佐賀のり、日本酒、佐賀の特産品詰合せ、佐賀の醤油詰合わせ等あります。

また、佐賀錦手織り体験(2名様分) 、タカッポ漁と干潟体験といった珍しいものもあります。

ふるさと納税のお礼品は5000円~50000円の金額でかなり充実している印象です。


寄付してからのざっとしたスケジュールはこんな感じです。

①ふるさと納税 実施

②お礼状、特産品が宅急便で到着(①から2週間後くらい)

(2)ふるさと納税 佐賀市 3
(2)ふるさと納税 佐賀市 2

箱の中には海苔がいっぱい入ってます。
(2)ふるさと納税 佐賀市 1

<特産品 一覧>
佐賀一番摘み焼(2切6枚)2袋
佐賀一番摘み味(2切6枚)1袋
佐賀海苔塩のり(2切7枚)1袋
佐賀のり香味干し(5g)1袋

のり香味干しはお味噌汁に入れると
とても風味もよく美味しかったです。
他も白ごはんとの相性は抜群でした。

③寄付金受領書が郵便で到着(①から3か月くらい)

佐賀市さん、三福海苔さん、ありがとうございました。

アマゾンでも買えるみたいですね。贈答品用がありました。
若干中身が違うようですが。




【開催時期(営業時間)】
2015年
【住所・場所】

佐賀県佐賀市
【アクセス】


【所要時間】

【費用(入場料)】

【備考・参考】

→【佐賀県ふるさと納税の特徴 佐賀市HP
→【工場直売店 のり道楽 三福海苔(株)

【ふるさと納税 2015】奥出雲の和牛肉サーロインステーキを堪能@奥出雲町

最近、ふるさと納税をして美味しいサーロインステーキをいただいたのでご紹介。

ふるさと納税は、自分で選んだ自治体に寄付をすることで
住民税や所得税が控除される仕組みです。本件については別途ご紹介を致しますが
2015年4月の税制改正で今まで以上にお得な制度になってます。

ご自身の年収や条件によっては2000円程度の自己負担で様々な
自治体からお礼の品をもらえるものになってます。

今回私が寄付をしたのは島根県の奥出雲町です。

奥出雲町は寄付金額に合わせてサーロインステーキや肩ロース
仁多米、味噌醤油、日本酒、蕎麦、生どら等、特産品が選んでもらえます。

<寄付金と受け取る特産品の数>
1万円以上2万円未満・・・・1品
2万円以上10万円未満・・・ 2品
10万円以上・・・・・・・・3品

私の場合、寄付から特産品受領迄以下のスケジュールでした。
(状況や時期、お礼品によって異なると思うのであくまで目安で)

①ふるさと納税 実施

②お礼状、寄付金受領書・観光案内・町紹介が郵便で到着(①から2週間後くらい)
(1)ふるさと納税 奥出雲町 6
(1)ふるさと納税 奥出雲町 7

③特産品(和牛肉サーロインステーキ)が宅急便で到着(①から1か月くらい)
(1)ふるさと納税 奥出雲町 12
(1)ふるさと納税 奥出雲町 11
(1)ふるさと納税 奥出雲町 8

お肉は到着から1週間程度しかもたないのですぐに調理しました。
調理と言っても焼くだけですが、普段あまり調理をしないので
ネットで美味しい焼き方を調べました。(もりやすさんありがとうございました)

→【ステーキの焼き方 肉匠もりやす ホームページ

(1)ふるさと納税 奥出雲町 9

味はシンプルにわさび醤油と市販のステーキソースで。
もちろん大根おろしも忘れずに。
(1)ふるさと納税 奥出雲町 10
(1)ふるさと納税 奥出雲町 4
(1)ふるさと納税 奥出雲町 5

わさび醤油も大根おろしも相性ばっちり。ステーキ丼も作ってみました。
(1)ふるさと納税 奥出雲町 3
(1)ふるさと納税 奥出雲町 2
(1)ふるさと納税 奥出雲町 1

もっと写真をうまくとれるようになりたいです。
サーロインは1枚約180gの合わせて360gでした。

お肉も柔らかく、ジューシーでした。奥出雲町さん、ありがとうございました。
10,000円の寄付で実質無料でお肉が手に入るとは。素晴らしい制度です。
(お肉は相場ではだいたい5,000円くらいの量です)

観光ガイドもいただいたので旅行にも行ってみたいと思います。

【開催時期(営業時間)】
2015年
【住所・場所】

島根県奥出雲町
【アクセス】


【所要時間】

【費用(入場料)】

【備考・参考】

→【奥出雲町ホームページ ふるさと納税
Twitter プロフィール