平日5日連続働くよりも、水曜日くらいに休みがある
そんな生活に憧れます、うにです。


うに家では配当金で育児費用を確保することを目標に
投資戦略の見直しと節約を地道に取り組んでいきます。

これまでうにファンドの日経高配当株50ETF(1489)と
上場新興国債ETF(1566)の積立投資について
ご紹介をしてきましたが、株式と債券のアセットはあっても
不動産アセットが抜けておりました。
図5


そこで育児費用をまかなう配当金を得るためには
ミドルリスクの不動産アセットを有効活用しない手はありません。

そこそこ流動性もあり、基準価格が低い(毎月投資しやすい)
以下の不動産のETFを選んで投資をします。

・ダイワ上場投信-東証REIT指数(銘柄コード:1488)
・上場インデックスファンド豪州リート(銘柄コード:1555)


どちらも、10口単位での売買ですが、基準価格は
東証REITのETFは約18,000円、豪州REITのETFは約16,000円と
積み立てて投資するには手が出しやすい価格です。

それぞれの配当金に関する情報ですが
まず東証REITのETFについては、
3月、6月、9月、12月と年4回配当のチャンスがあります。

一方、オーストラリアのREITのETFでは
1月、3月、5月、7月、9月、11月と年に6回配当のチャンスがあります。

現在積み立てている上場新興国債ETF(1566)と同じです。

うにファンドではそれぞれのETFを毎月20口、
ボーナス月(6・12月)には追加で更に20口購入して
継続して積立をしています。

現在までにそれぞれ40口を保有しています。
(今月はもう20口ずつ投資予定)

なおこのペースで配当金が変わらない前提で投資をした場合
今後5年間で受領できる配当金は以下の通りです。
(過去の実績からざくっと試算してみました)

・ダイワ上場投信-東証REIT指数(1488)の配当推移予測

2018年:     約700円(投資額:36万円)
2019年: 約12,000円(投資額:50万円)
2020年: 約26,000円(投資額:50万円)
2021年: 約41,000円(投資額:50万円)
2022年: 約55,000円(投資額:50万円)

・上場インデックスファンド豪州リート(1555)の配当推移予測

2018年:   約2,100円(投資額:34万円)
2019年: 約13,000円(投資額:48万円)
2020年: 約25,000円(投資額:48万円)
2021年: 約36,000円(投資額:48万円)
2022年: 約48,000円(投資額:48万円)


東証REITのETFは約18,000円、豪州REITのETFは約16,000円で
試算していますが、余力があれば基準価格が大きく下がった際に
買い増ししたいと思っています。


日経高配当株50ETF(1489)と上場新興国債ETF(1566)の
積立投資と合わせて毎月黙々と投資したいと考えています。


これまで実際に積み立てている投資と今後の展望をご紹介していますが
当初掲げた「配当金で育児(月に10万円の配当収入)」を
達成するために今後も頑張っていきます。


ではでは。