共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

老舗

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

老舗「紀の代」でまぐろきっぷを使って「とろとろ丼」を堪能しよう

朝昼晩と海鮮丼でも全然大丈夫です、うにです。
三浦の海鮮のお店はそれぞれ違いがあって、みんないい。

今回は少し三崎港から歩いてた先にある「紀の代」さんをご紹介。
図4

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

神奈川県三浦市の様々な観光スポット・グルメなどをまとめました。

写真も多く掲載していますので、足を運ぶ前に見てみてください。

【保存版】三浦オススメスポット・グルメ等を紹介「みうらちっぷす」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「紀の代」さんのお店は「くろば亭」さんの横です。


どちらもかなり行列ができる人気店のようですね。
私は少し早めに行ったので、割とすんなり入れました。

【みさきまぐろきっぷガイドブックより】

「紀の代」さんは、150年以上続く老舗で代々受け継がれる
タレに漬け込んだヅケや脂のり抜群のビントロにネギトロ
ホホのユッケなどが盛り付けられた「とろとろ丼」が名物です。

そのとろとろ丼がこちらです、小鉢とまぐろのつみれ汁もつきます。
図5

この近くで見ると、この美しさ、ヨダレが出そう。
図1

この記事を書いていても、あの感動が蘇りますね。
ユッケもヅケも旨い、いろいろなまぐろの味付けも楽しめました。

口の中で広がるタレとマグロの組み合わせが最高です。
もちろんタレのかかっていないネギトロも旨い。
丼に乗っている全てのマグロが旨すぎる。

店内はカウンターやテーブル席、お座席もあり
他にもメニューがあるので、ぜひ足を運んでみてください。

私は、小鉢丼や中落ちとろが気になったので
次回チャレンジしたいと思います。

図3

図2

ではでは。




【開催時期(営業時間)】
平日 11時~14時半、17時~19時


土日祝日 11時~19時


定休日は火曜(祝日の場合は営業で翌日お休み)

【住所・場所】

神奈川県三浦市三崎1-9-12

【アクセス】

京急「三崎口駅」からバスで三浦港バス亭まで約20分、そこから徒歩約5分

駅近・老舗の「東洋軒」は大牟田ラーメンのランキング上位間違いなし

大牟田に行った時に立ち寄った美味しいラーメン屋さんをご紹介。
図1

昭和26年創業の老舗「東洋軒」さんです。なんと西鉄・JR大牟田駅の
ほぼ目の前というアクセスのいいお店でもあります。

私も今回大牟田を訪れてはじめて「大牟田ラーメン」の存在を知ったのですが

wiki先生によると。。。

大牟田ラーメン(おおむたラーメン)は、福岡県大牟田市を中心に提供されているラーメン。
濃厚な白濁豚骨スープのラーメンとあっさりとして少し透明感のあるスープのラーメンとが
共存しており、福岡県内では類を見ないことが特徴として挙げられる。また、久留米市で
誕生した豚骨スープのラーメン、いわゆる久留米ラーメンは九州各地のラーメンの源流と
なっているが、大牟田ラーメンは独自の経路で誕生している。


大牟田ラーメンの知名度は高くない。大牟田市の地元新聞である有明新報が
2012年11月7日に大牟田市内の老舗ラーメン店の若手を集めて特集記事を組んだが、
大牟田ラーメンは博多ラーメン、長浜ラーメン、久留米ラーメンのようにカテゴリが
確立されておらず、「その他」に分類されていた。


独自の経路で誕生している割に、知名度が高くないとのこと、うーん、もったいない。

私は結構ラーメンが好きなので、東京だけでなく、全国各地のラーメンを
食べるようにしておりますが、今回いただいた「東洋軒」さんのラーメンは
すごく美味しかった。wiki先生に記載の通り、濃厚な豚骨スープで
こってり好きにはたまらない一品でした。

メニューはこんな感じです。通常のラーメンは580円とリーズナブル。
図6

店内はカウンターと座席があって、小ぎれいな感じです。
図2

博多ラーメンでよくある、高菜や紅ショウガが自由に食べられます。
図4

こちらが、東洋軒さんのラーメンです。写真で見てもスープの濃厚さが伝わりますね。
図7

ちゃっかり、ご飯も頼んでしまいました。(南関米という熊本県のヒノヒカリという品種だそうです)
図5

ラーメンは濃厚スープに細麺という、博多ラーメンのような王道です。
濃厚でありながら、それでいて後味は悪くない、シメにも軽く一杯は食べれますね。
紅ショウガをのせると、またこの辛さや刺激がバッチリ合う。
図3


ご飯も天下一品のようにスープと合わせて食べてもいいし、
まずはお米の味を確かめてほしい。甘みも感じられてとても美味しいです。

大牟田ラーメンという美味しいグルメに出会えて良かった。おまけに安い。
有名なお店では他にも「銀嶺」「福龍軒」「光華園」などがあるようです。
地域の名前がつくラーメンっていいですね。ラーメン全国食べ歩きとかしたい。

大牟田は三井三池炭鉱という世界遺産もあり、歴史もある街です。
ラーメン以外にも美味しいものもありそうなので、また行ってみたいと思います。


ではでは。





【開催時期(営業時間)】
10時~21時

【住所・場所】
福岡県大牟田市不知火町1-4-18

【アクセス】
西鉄・JR大牟田駅下車徒歩3分

【所要時間】
-

【費用(入場料)】
-

【備考・参考】
→【東洋軒 本店 大牟田/ラーメン 食べログページ

水戸駅からすぐそばにある「天狗納豆」の納豆展示館と工場見学

JR水戸駅のすぐそばにある販売店・展示館・工場が一体となった「天狗納豆」をご紹介。
水戸で一番歴史(明治22年創業)があり、見学・買い物もできるという素晴らしいお店。
図9

1階入り口側はお店になっていて、様々な天狗納豆シリーズが購入できます。
図8

レジの方にお目当ての「納豆展示館」はどこですか?と聞くと案内された
先には可愛らしい(?)天狗の看板が・・・
図7

ちなみに今回夕方前に立ち寄ったので、工場見学自体は終わっていました。
残念です。工場見学は午前中にやっているみたいです。

ホームページでは工場見学も夕方までみたいな書き方になっていますが
稼働しているのは午前中だけなのかもしれません。気になる方は
事前に連絡をして確認をした方がいいでしょう。

ということで気を取り直して、2階に移動。
図1

2階では納豆の歴史や水戸納豆の作り方、昔の写真などが展示されています。
図2
図4

納豆に含まれるナットウキナーゼもわかりやすく解説されています。
図6

ビデオが視聴できるスペースもあります。
図10

さらっと見たら展示館だけでだいたい30分くらいですかね。
工場見学や販売店でのお買い物も合わせて一見の価値はありますね。

工場見学はこじんまりとしているからこそ面白そう。リベンジしたいと思います。


【開催時期(営業時間)】
午前9時~午後5時30分

【住所・場所】
茨城県水戸市三の丸3丁目4番30号

【アクセス】
JR 水戸駅から徒歩約10分
北関東自動車道 東水戸道路 水戸南ICから車で約15分

【所要時間】
30分程度(展示館のみの場合)

【費用(入場料)】
入場無料

【備考・参考】
→【水戸天狗納豆 (株) 笹沼五郎商店HP
Twitter プロフィール