共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

長野県

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

【観光名所】長野県にある日本100名城の一覧と歴史背景・アクセス・営業時間等について

今回は長野県にある日本百名城をご紹介致します。

日本百名城とは公益財団法人日本城郭協会が平成18年に定めたものです。
各県に1城以上5城と選ばれており、長野には5城も選ばれてます。


百名城は歴史的にも重要な舞台になっており
景観等も優れたものが多いので、観光の際には
是非とも立ち寄ってみてください。


松代城と高遠城以外は私も行ってみました。
残り2つも行った際に詳細をご紹介したいと思います。

①松代城(長野県長野市)


【歴史背景等】

川中島の戦いで武田側の拠点として築城、当時の名は海津城(かいづじょう)。
千曲川を利用した天然の要塞で、江戸時代には真田10万石の城下町が発展。
1981年、新御殿(真田邸)とともに国の史跡に指定され、長野市によりに石垣等が復元された。
桜の名所としても有名で、4月中旬頃に見頃を迎える。

【開催時期(営業時間)】

9時~17時(入場16時30分まで)
年中無休

【住所・場所】

長野県長野市松代町松代44

【アクセス】

<バス>
長野駅から松代行き約30分
<電車>
松代駅下車徒歩約5分
<車>
長野I.Cから約10分

【所要時間】
2時間程度

【費用(入場料)】
無料

【備考】
→【松代城跡 施設のご案内 真田宝物館ホームページ

②上田城(長野県上田市)

上田城 5

詳細はこちら→【大河ドラマ「真田丸」でもお馴染みの真田一族の本拠地「上田城」


【歴史背景等】
関ヶ原の合戦の前に徳川家の大軍を2度退けた真田昌幸の居城。
現在は城跡公園として整備され、上田市の観光拠点として県指定文化財。
ケヤキ並木や城石、そして桜の名所としても有名で上田城千本桜祭り等イベントも開催される。

【開催時期(営業時間)】
営業:4月~11月 8時30分~17時(入館は4時30分迄)
休館日:毎週水曜日・祝祭日の翌日(4月~7月、11月)
8~10月は無休 12月~3月 櫓の観覧は不可

【住所・場所】
長野県上田市二の丸

【アクセス】
<車>
上田菅平ICから約20分
<電車>
JR北陸(長野)新幹線上田駅 徒歩約12分

駐車場:普通車200台 大型車8台

【所要時間】
2時間程度

【費用(入場料)】
<一般>
大人250円 高校生以上180円 小・中学生60円
<団体(20名以上)>
大人200円 高校生以上100円 小・中学生40円

【備考・参考】
→【上田城跡公園 上田市役所HP
→【上田城跡 上田市文化財マップ HP



③小諸城(長野県小諸市)


小諸城 1

詳細はこちら→【日本百名城・全国でも珍しい穴城の「小諸城」@長野県小諸市

【歴史背景等】
始まりは平安時代末期頃と言われている。戦国時代は武田信玄の支配下に入り
その後豊臣秀吉の配下の仙石秀久が城主になった際に城郭等が整備された。
桜の名所としても知られ、別名、酔月城、穴城、白鶴城とも呼ばれる。

【開催時期(営業時間)】
8時30分~17時
3月中旬~11月末まで無休開園

<休園日>
12月~3月中旬まで毎週水曜日
年末年始(12月29日~1月3日)
遊園地休園日(12月1日~3月中旬)


【住所・場所】
長野県小諸市丁311 懐古園


【アクセス】
<電車>しなの鉄道・JR小諸駅から徒歩3分
<車>上信越自動車道小諸ICから約5分

駐車場:普通車210台 大型車36台


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
〇共通券(懐古園入園券と共通)
大人:300円、小人:100円
○共通券(懐古園内散策+動物園+藤村記念館+徴古館+小山敬三美術館+小諸義塾記念館)
大人:500円、中学生以下:200円


【備考・参考】

→【小諸市観光協会 公式HP 小諸城址・懐古園
→【小諸城 Wikipedia



④松本城(長野県松本市)


松本城 8

詳細はこちら→【日本に5つしかない国宝の城、「松本城」@長野県松本市

【歴史背景等】
松本城は戦国時代に小笠原氏により造られた深志城が始まりと言われる。
現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城。黒と白のコントラストが
映えて素晴らしい景観で有名。四百余年の風雪に耐え、戦国時代そのままの
日本最古の天守閣を持つ。

【開催時期(営業時間)】
観覧時間:午前8時30分~午後5時(入場は午後4時30分迄)
※GWおよび夏期は時間延長あり
定休日:12月29日~1月3日


【住所・場所】
長野県松本市丸の内4番1号


【アクセス】
<電車>
JR篠ノ井線「松本駅」下車 徒歩約15分
<バス>
松本周遊バス「タウンスニーカー」北コース
「松本駅お城口」発 → 「松本城・市役所前」下車 乗車時間約10分
<車>
長野自動車道 松本ICから国道158号を松本市街地方面へ向かい約3km(約15分)

※最寄り駐車場(いずれも徒歩約5分)
・市営松本城大手門駐車場(普通車 150円/30分、大型車 370円/30分)
・市営開智駐車場(普通車 200円/時間(超過 100円/30分))
・市営開智大型駐車場(大型車 510円/時間(超過 250円/30分))

→【国宝 松本城へのアクセス


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
<個人の場合>
大人:610円、小中学生:300円
<20人以上99人まで>
大人:550円、小中学生:270円
<100人以上299人まで>
大人:480円、小中学生:240円
<300人以上>
大人:420円、小中学生:210円
(松本市立博物館との共通券となります)


【備考・参考】
→【松本城 公式HP
→【国宝 松本城 松本市公式観光情報ポータルサイト



⑤高遠城


【歴史背景等】
高遠城は武田信玄の家臣山本勘助が改修した堅城。その後戦国時代末期には
武田信玄の五男仁科五郎盛信が織田信忠と戦い、壮絶な死を遂げた。昭和48年に
国の史跡の指定を受け、現在は「天下第一の 桜」が咲き誇る美しい公園となっている。

【開催時期(営業時間)】

8時〜17時
桜まつりの時期は最盛期は6時〜22時、日暮れ後はライトアップされる

【住所・場所】

長野県伊那市高遠町東高遠

【アクセス】
<車>

中央自動車道 諏訪ICより国道152号で約50分、伊那ICより国道361号で約30分
<電車>
JR飯田線 伊那市駅・伊那北駅下車 バス約25分
高遠駅下車 徒歩約15分またはタクシー約5分

【所要時間】
2時間程度

【費用(入場料)】
花見期間中のみ、入園料必要(進徳館、絵島囲み屋敷と共通)
<個人>
大人(高校生以上):500円
子供(小・中学生):250円

【備考・参考】
→【高遠城址公園 伊那市観光協会 公式ホームページ


<ご参考>

中が見れるのでパラパラ見てみてください。

             

<備考>
→【公益財団法人日本城郭協会 公式ホームページ

【ふるさと納税 2015】美味しい新米10キロが実質2000円で手に入るお得な方法@長野県駒ケ根市

当ブログでもたびたび「ふるさと納税」を取り上げてきましたが
今回は長野県駒ヶ根市にふるさと納税を実施しました。

今回の納税でゲットしたのは新米のコシヒカリ10キロです。
駒ヶ根市は私が以前登山で行った北岳の近くにあるので寄付しました。
(ゆかりはありませんが、これも縁ではないでしょうか)

→【日本で2番の標高、北岳の登山方法・スケジュール等(芦安・広河原)を大公開

ちなみに私が提唱する「ふるさと納税」を最大限お得に使う方法は下記の通りです。

【1】まず自身の年収と寄付控除が最大限活かせる金額を把握する

例えば年収400万の方は目安は約43000円程度、税の軽減額は約41000円程度(※)

(※)単身もしくは共働きの目安、家族等の状況により異なります

【2】【1】の金額のうち5000円もしくは10000円で生活に必ず必要なお礼の品がもらえる自治体に寄付をする

今回私が寄付した駒ヶ根市は10000円の寄付をすると新米10キロをいただけます。
ちなみにコシヒカリ10キロの市場価格は約3000円~5000円のようです。

   

【1】の最大限メリットが受けられる金額であれば実質2000円で新米10キロが手に入ります。

残りの寄付予定額では好きなものが無料で手に入ります。
私は肉に海苔にお酒をもらえるよう寄付する自治体を選んでます。
(寄付する先はできる限り昔住んでいたことがあったり、行ってみたい先とかを選んでます)

以上がシンプルですが、お得に利用する方法だと思います。

今年から制度が変わって会社にお勤めのサラリーマンの場合
5自治体迄の寄付は確定申告が不要で節税効果を受けられます。
特産品も地域によっていろいろあるのでサイトから見てください。
多いところは20~30の特産品から選べるところもあります。



駒ヶ根市の寄付から特産品の受領までのスケジュールもご紹介。

①ふるさと納税 実施

②寄付金受領書と観光案内が郵便で到着(①から2週間くらい)
(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 1
(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 5

③お礼状、特産品が宅急便で到着(①から3週間後くらい)

(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 2
(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 3

新米は届いたらすぐに研いで炊きました。やっぱり新米は旨い。
(3)ふるさと納税 駒ヶ根市 4

他にも駒ヶ根市はりんごや梨などのお礼の品も選べるみたいです。

自然に触れたい時は旅先を駒ヶ根市を候補にしたいと思います。

【開催時期(営業時間)】
2015年
【住所・場所】

長野県駒ケ根市
【アクセス】


【所要時間】

【費用(入場料)】

【備考・参考】

→【駒ヶ根市HP アルプスがふたつ映えるまち

日本に5つしかない国宝の城、「松本城」@長野県松本市

先月、長野県の松本城に行ったのでご紹介。
松本城 8

松本城は日本百名城の一つです。もともとは
戦国時代に武田信玄により改修された「深志城」だそうです。

松本城は文科省が指定した「国宝」の一つです。(天気がどんよりしてますね)
松本城 14

なぜか松本城内に松江城の国宝に対するお祝いの看板が。
松本城 11

城の付近には松本市立博物館もあります。
天守閣の入場券とセットになってます。
松本城 15

域内には堀があって蓮とかもキレイです。
松本城 5
松本城 4

堀には鯉もいます、子供たちに人気。
松本城 13

天守閣はお盆の時期だったのもあってディズニーランドにも劣らない待ち時間。
ええ、今回はあきらめました。また落ち着いているときにいきたい。
150分の待ち時間はやばいですね、大混雑です。
松本城 12

行った日は天気は良くなかったですが、パラパラと公開。
雪が降った写真とかを見るととてもいい感じなので次は冬かな。
松本城 10
松本城 1
松本城 6
松本城 7

見所はこんな感じです。エリア内にはマップもあるので参考にしてください。
天守閣との距離が近いお城ですね。
松本城 9
松本城 2


【開催時期(営業時間)】
観覧時間:午前8時30分~午後5時(入場は午後4時30分迄)
※GWおよび夏期は時間延長あり
定休日:12月29日~1月3日


【住所・場所】
長野県松本市丸の内4番1号


【アクセス】
<電車>
JR篠ノ井線「松本駅」下車 徒歩約15分
<バス>
松本周遊バス「タウンスニーカー」北コース
「松本駅お城口」発 → 「松本城・市役所前」下車 乗車時間約10分
<車>
長野自動車道 松本ICから国道158号を松本市街地方面へ向かい約3km(約15分)

※最寄り駐車場(いずれも徒歩約5分)
・市営松本城大手門駐車場(普通車 150円/30分、大型車 370円/30分)
・市営開智駐車場(普通車 200円/時間(超過 100円/30分))
・市営開智大型駐車場(大型車 510円/時間(超過 250円/30分))

→【国宝 松本城へのアクセス


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
<個人の場合>
大人:610円、小中学生:300円
<20人以上99人まで>
大人:550円、小中学生:270円
<100人以上299人まで>
大人:480円、小中学生:240円
<300人以上>
大人:420円、小中学生:210円
(松本市立博物館との共通券となります)


【備考・参考】
→【松本城 公式HP
→【国宝 松本城 松本市公式観光情報ポータルサイト

日本百名城・全国でも珍しい穴城の「小諸城」@長野県小諸市

長野の旅行の際に行ってきました、長野県小諸市にある小諸城址。
小諸城 1
小諸城 15
小諸城 6

このお城は戦国時代に武田信玄の勢力下に置かれ山本勘助が守り
その後、戦国漫画の主人公でもある仙石秀久により完成された城です。


以下「小諸市観光協会」の公式ページの説明によると・・・

城下町より低い位置に城を築いた「穴城」は全国でも珍しい城で
「日本百名城」でもあります。仙石秀久が築いた「大手門」や
野面石積みの石垣は400年前のまま当時の姿で残されています。


ちなみにこのお城には遊園地や動物園が傍にあります。
→【】アットホームな長野県内最古の動物園「小諸市動物園」@小諸市
小諸城 12

駐車場は広いのでおそらく止めれないことはないかと思います。
小諸城 17
小諸城 16

石垣の前には「仙石秀久の築いた穴城」という看板。
小諸城 14

その横には「あの夏で待ってる」というアニメの宣伝看板があります。
私は見たことないですが、小諸城が舞台なのでしょうか。
小諸城 11

城内は緑が豊かな感じです。
小諸城 10
小諸城 9
小諸城 8
小諸城 7

本丸付近にある池には鯉がいました。
小諸城 5
小諸城 4

またところどころには枝垂桜もあります。
大学の時の恩師の先生に聞いたことがあるのですが
小諸城は桜も見どころだとか。春にも行ってみたいです。
小諸城 3

富士山も見える場所もあります。この日は見えませんでした。
小諸城 2

季節の変化が楽しめそうなお城です。自然豊かな感じなので散策にも最適。


【開催時期(営業時間)】
8時30分~17時
3月中旬~11月末まで無休開園

<休園日>
12月~3月中旬まで毎週水曜日
年末年始(12月29日~1月3日)
遊園地休園日(12月1日~3月中旬)


【住所・場所】
長野県小諸市丁311 懐古園


【アクセス】
<電車>しなの鉄道・JR小諸駅から徒歩3分
<車>上信越自動車道小諸ICから約5分

駐車場:普通車210台 大型車36台


【所要時間】
1時間程度


【費用(入場料)】
〇共通券(懐古園入園券と共通)
大人:300円、小人:100円
○共通券(懐古園内散策+動物園+藤村記念館+徴古館+小山敬三美術館+小諸義塾記念館)
大人:500円、中学生以下:200円


【備考・参考】

→【小諸市観光協会 公式HP 小諸城址・懐古園
→【小諸城 Wikipedia

佐久の名店「味処 一膳」で旨い飯で乾杯@長野県

夏、長野のあちこちに旅行に行きました。
その際、佐久グランドホテルに3日間程滞在。
軽井沢や上田、松本、安曇野に行ったので順次ご紹介致します。


今回ご紹介するのは佐久グランドホテルの近くにあった隠れた名店の一膳さん。

味処 一膳@長野県佐久 2

ホテルの周りは食事ができる場所はそんなに多くありません。
(駅からも少し離れているので結構夜は暗いです)


20時を過ぎてご飯を食べていなかったので
街を散歩していた時に偶然見つけました。


お店は落ち着いた感じで、中にはカウンターや宴会ができる座敷もあります。
(宴会メニューも相談できるみたいです)

メニューは豊富でびっくりしました。

味処 一膳@長野県佐久 3

注文したものはこんな感じです。

①スペシャル納豆(刺身ぶつ入) 680円

味処 一膳@長野県佐久 7

様々な海鮮が入っていて黒豆の納豆との相性はばっちり。
納豆の食べ方って奥が深い。

②鶏天 650円

味処 一膳@長野県佐久 8

出来立てのテンプラをカレー塩を付けて食べる。
ああ思い出すだけでよだれがでそうです。

③一膳サラダ 900円

味処 一膳@長野県佐久 6

あっさりとしたドレシッングでなめたけやトマトなどの野菜をいただきました。

④(名前を忘れましたが)柚子味噌田楽(?、間違ってたらすみません)

味処 一膳@長野県佐久 9

あつあつのナスと味噌の相性が最高。
ナスって美味しいんだと感じさせてくれた一品。

⑤海鮮ちらし 1500円

味処 一膳@長野県佐久 10

長野に海がないことを忘れさせてくれる海鮮です。〆にぴったりの一品。

この他にも食べたいものはいっぱいありましたがこのあたりで終了。
(お通しでなめたけと大根おろしのあえ物もあり、ボリューム感に満足)

結局、嫁と二人でお邪魔して一杯ずついただきましたが
合計で6000円程度とリーズナブルなお家計でした。

食べログとかでもページがなく、どんなお店かなーと入ってみたら
すごくいいお店でした、また佐久に行ったら立ち寄りたいと思います。


【開催時期(営業時間)】
(平日)18時~2時(ラストオーダー1時半)
(金・土)18時~3時(ラストオーダー1時半)
定休日:日曜日、祝日

【住所・場所】
長野県佐久市中込2-25-9
【アクセス】
JR小海線中込駅 徒歩7分
【所要時間】

【費用(入場料)】

【備考・参考】

→【ぐるなびページ 一膳

Twitter プロフィール