共働き東京子育て奮闘記うにちっぷす

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

BBQ

このブログは旅行、グルメ、マネーや節約情報等が大好きなアラサー共働き夫婦が毎日を楽しく生きるために役立つ情報(tips)を発信中。2017年に家族(娘)が増えて、社会の荒波に揉まれながら、保育園などの育児ライフを謳歌中。将来の選択肢を増やすため、投資による配当(目標:月10万円)で子育て費用をカバーするプロジェクトも始動。Let' enjoy life.

式根島を海水浴や部活・サークルの合宿の場所としてオススメする5つの理由

今年の初春に式根島に行きましたが、東京からほどよく離れていて
島の環境もいいので、ゆっくりとした時間の流れを感じることができました。
みやとら+石白川海岸 1

---------------------------------------------------------------------
式根島に行く前に必ずみてほしい、穴場スポットからお土産まで島情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京のオススメの離島「式根島(伊豆諸島)」の観光情報まとめ

---------------------------------------------------------------------

これからの季節、海水浴や釣りもできるのでさらに注目が集まると思います。

今回はそんな式根島を海水浴や合宿等でオススメする理由を説明したいと思います。


オススメ理由①:東京から離れた島で海がとてもキレイ


海水浴やBBQする方には是非ともこの海の水を見てほしい。
みやとら+石白川海岸 2

スキューバーダイビング、シュノーケリングやシーカヤックも楽しめるし
海を眺める温泉も海の中にある温泉もあって透明な水おかげで満喫できます。


海水浴場も主要なもので4つもあり、それぞれの海によって雰囲気が異なりますが
どこも規模はこじんまりしていて湘南とか都会の人が多い海とは違った様子です。


<海水浴場>
・泊海水浴場(泊海岸)
・大浦海水浴場(大浦海岸)
・中の浦海水浴場(中の浦海岸)
・石白川海水浴場(石白川海岸)


釣りをしても大きな魚も期待できるようですし、またリベンジしたいと思います。
キレイな海を守るため、BBQ等のゴミは決められた場所に捨てましょう。



オススメ理由②:島は自転車があれば一周でき、各種展望台からの眺めは絶景


ちょうどいいサイズ感と言いますか、コンパクトな島なんですよね。

仮に自転車で走ったら1時間もかからず1週できるだろうし、町の中心部から
主要なスポットまでは自転車があれば何もストレスなく行けます。


ちなみに坂はいたるところにあるので、自転車は電動自転車がオススメです。
レンタカーやレンタルバイクもあるので、旅のスタイルに合わせて選べます。

式根島 移動手段 5

→【式根島の移動手段をまとめてみた、オススメは電動アシスト付レンタサイクル(電動自転車)

また、島の至るところにある展望台からの眺めは最高です。
ぐんじやま展望台 3

そしてこんな絶景ポイントも自転車から降りて徒歩数分程度で行けるという。
朝焼けも夕焼けもぜひ楽しみたいですね。

<展望台>
・神引展望台
・ぐんじ山展望台
・足地山展望台
・小の口公園
・御釜湾展望台

→【式根島の絶景スポット、新東京百景にも選ばれた「神引展望台」に行ってきた
→【式根島の絶景スポット、広大なオーシャンビューが特徴の「ぐんじやま展望台」

オススメ理由③:温泉は4つもありどれも個性的かつ入浴無料

島の魅力の1つは温泉です、断言します。秘湯中の秘湯である地鉈温泉から
地元のおじいちゃんやおばあちゃんまで使っている松が下雅湯まで
4つの温泉が楽しめます。海中温泉は夏場だけですかね。

松が下雅湯 5

あともし、雨が降っているなら屋内温泉施設である「憩い家」もありますので
こちらは入浴料(大人:200円、子供:100円)がかかりますが
こちらでゆっくりされてはいかがでしょうか。


<温泉>
・松が下雅湯
・足付温泉
・地鉈温泉
・海中温泉
・屋内温泉施設「憩い家」


→【海を展望、足湯も景色も楽しめるアクセス良好の「松が下雅湯」(混浴)@式根島
→【式根松島と称される式根島の外科の湯「足附温泉」、もちろん混浴で入浴料無料
→【これぞ秘湯の中の秘湯、温泉マニアは1度は行くべき式根島の絶景温泉「地鉈温泉」
→【秘湯、式根島の絶景温泉「地鉈温泉」の夜の雰囲気の一部をご堪能ください


オススメ理由④:民宿は多く、海産物が美味しい


式根島には数多くの民宿があります。その数約40店舗。

それぞれの民宿では特色があるとは思いますが、私が以前お邪魔した
鈴豊さんはご主人が釣ってきた魚を料理してくれてアットホームな民宿でした。

式根島 民宿(鈴豊)10

島の周辺では大きな魚も釣れるようなのでご飯も楽しみですね。


→【釣り好きなご主人が運営する式根島の民宿「鈴豊」の美味しいごはんとアットホームな雰囲気

オススメ理由⑤:島内は道が整備されていて、ランニングやジョギング(散歩)には最適


島を1週する場合、道路はほぼコンクリートで舗装されており
自転車でもそうですが、特段移動に困ることはありません。


少し坂道もありますが、島の周りをまわるようなコースで
ジョギングやウォーキングなどのトレーニングもできるかと思います。

式根島 民宿(鈴豊)4

島にはテニスコートも2面あるので気になる方は役場に確認してみてください。

文化系のサークルや陸上系の部活なら、施設を気にしなくていいので
夏の旅行も兼ねていいかもしれませんね。



<その他情報>
・島への往路は高速船(約9000円)か夜行船(乗船席によって異なるが6000円程度~)
・島への復路は大型客船(乗船席によって異なるが6000円程度~)
・島への往復と宿がついたツアーで約15000円~25000円程度(船1泊、宿1泊の3日間)
・船は海上が荒れると運航できない可能性があるので天気は要確認
→平気で2~3日船が動かないこともあるようです。特に冬場。


→【伊豆諸島行きの東海汽船の「高速ジェット船」の乗り心地とスピードが予想以上に良かった話
→【伊豆諸島の復路は大型客船さるびあ丸、海の上からの横浜の夜景は最高

伊豆諸島の式根島いかがでしょうか、夏是非とも行ってみてください。


<式根島への島旅行のお供に>

式根島への旅行情報は備考欄にも記載のネットでの情報や本があります。
中が見れるものあるのでパラパラと見てみてください。

            





機材、場所取りも後片付けまでもお願いできるBBQレンタルで気軽にBBQ@大井ふ頭公園バーベキュー場

いつもよく飲む友人たちと外で飲むかという話になって
大井ふ頭公園のバーベキュー場でBBQをしてきました。
天気も良かったのか公園内にはいろんな団体さんもいました。
図15
図16

ただ、我々はBBQの機材も持っておらず、1から買うのも手間なので
友人がまたこんな時にぴったりの面白いBBQサービスを見つけてくれました。

それが「BBQレンタル」です。都内ではほかにもいろいろと
似たような会社があるのでチェックしてみてください。
ちなみに私はBBQレンタルの回し者ではありません(笑)。


私が考えるBBQレンタルなどのサービスのメリットは以下の3つですかね。

①場所取りや機材の準備が一切必要ない

BBQや花見などで一番大変なのがこの2点ではないでしょうか。

いまだに昔ながらの会社さんでは新入社員さんのお仕事がこういった
イベントの場所取りだと聞いたことがあります、ご苦労さまです。
またBBQの場合、機材についても準備が必要です。ホームセンターとかで
比較的安く売ってますが、持ち運びや設置、そして片付けなど手間ですね。

ちなみにBBQレンタルではプランにもよりますが、椅子やテントも
準備してくれるので食材だけ買っていけば気軽にBBQが楽しめます。
(なんなら食材も頼めば、ほんとに体一つでBBQができます)


今回お願いしたのは「手ぶら機材 セッティング付フルコース 1人2000円」です。
図17

場所取りも機材の設置までもしてくれます。機材についてはこんな感じです。


【コースでついている機材等(詳細はHPをご覧ください)】


・グリル(炭ばさみ、網、着火剤、うちわ)
・鉄板(アルミプレート)
・1名用イス(人数分)
・テーブル(120×60、人数によって異なる)
・テント,ペグまたは泥袋
・クーラーBOX(37L、人数により異なる)
・ザル・ボウル(人数により異なる)
・包丁・まな板(人数により異なる)
・食用トング(人数により異なる)
・紙皿・割り箸セット(人数分)
・炭3kg(人数により異なる)
・ごみ袋 可燃・不燃 (回収込み)


これだけあれば素人がBBQするには十分です。
補足をするなら長間やるなら炭が少し足りない気がしますので
ゆったりまったりされる方は別途炭を注文するなり持っていくことをオススメします。


食材は好みもあるので、近くのヴィラのスーパーで買って会場まで持って行きました。
実はこのスーパーから徒歩ではそこそこ距離があるので荷物が多い場合は
車とかあった方がいいかもしれません、我々は人海戦術でなんとかしました(笑)。

パプリカやズッキーニも美味しかったですよ。
図9

②後片付けが必要ない

これもかなり重要な要素ですね、後片付けが不要です。

みんなでゴミを分けて、洗い物をするというのも
BBQの楽しみ(?)というより一部なのですが
このBBQレンタルではそんな後片付けも不要です。

ゴミも燃えるゴミか燃えないゴミで分別してまとめるだけでおけ。
洗い物も機材の片付けも不要ですいやあ、ほんとにお手軽です。
むしろ物足りなさまで感じてしまう。

ゴミを机の下に袋に入れてまとめるだけで退場。
特に担当の方をお待ちする必要もありません。

③BBQをする場所が選べる

今回は集まるメンバーのアクセスも考慮して「大井ふ頭公園」にしましたが
配達エリアであればどこでもBBQできます。場所によっては、事前の予約が
かなり前から必要だったりします。

ちなみに東京南部ではこんな場所でできます。
他にもさまざまな場所でBBQができるのでHPで調べてみてください。

・暁ふ頭公園
・大井ふ頭中央海浜公園
・東海ふ頭公園
・城南島海浜公園
・みなとが丘ふ頭公園
・京浜島つばさ公園
・平和島公園
・品川区民公園

BBQ場所や曜日によって最低利用料金が決まってるので注意が必要です。


<おまけ BBQ写真>

炭も組んであり、着火剤もセット済みです、ただ火をつけるだけ。
素人でも火をつけるのに困りません。ウチワで仰ぐだけで大丈夫。
図18
図14
図13

炭がある程度火がついたら、BBQスタート。乾杯はビールでいただきました。
図10
図12
図11

BBQでのオススメ素材のスルメイカ。スーパーで売ってのでつい買ってしまいました。
マヨネーズや醤油があるとなお美味しいかなと思います。炭火であぶるイカを旨い。
図8
図6

BBQのオススメ素材その2、ポップコーン。
火が強すぎたので少し焦げましたが、ポンポンできるので楽しかったです。
図3
図2
図1

出来立てのポップコーン、BBQバージョン。食後のおつまみに。
マシュマロに匹敵する素材だと思います。
図19


<おまけ 大井ふ頭公園のトイレ情報>
トイレ自体はすごくキレイなのですが、公園に1つしかないので大変混雑します。
写真はすいているときの外の様子です。男女ともに混んでいて友人も
1度行ったら30分くらい帰ってきませんでした。お早めにどうぞ。

図5





【開催時期(営業時間)】
詳細は会社HPご参照→【BBQレンタル東京店 公式HP

【住所・場所】
配達エリア内

【アクセス(大井ふ頭公園バーベキュー場)】
東京モノレール「大井競馬場前駅」から徒歩8分

【所要時間(大井ふ頭公園バーベキュー場)】
公園:日の出~日没
BBQレンタル:基本は10時~16時

【費用(入場料)】
プランによる、公園は無料

【備考・参考】
→【BBQレンタル東京店 公式HP

ロッジビストロ「SARU」学芸大店のランチメニュー「ミートバーガー」の旨さに脱帽

再び学芸大学のハンバーガーを食べれるお店に行きました。
前回は→【学芸大学にある「416GRILLING」のホームメイドハンバーガーをまだ食べていない人へ

SARU 学芸大学 1

学芸大学には仲のいい友人がいるので遊びに行くことが多いです。
今回も友人に教えてもらい、一緒にランチに行ったお店です。

お店は角地にあり、店内の雰囲気もとてもいいです。
学芸大学とか東横線沿いって町並みも比較的落ち着いているし
オシャレなお店多いですよね。

店内はこんな感じです、天気が良かったので光がよく差し込んでます。
夜は行ったことないですが、これまた雰囲気良さそうですね。
SARU 学芸大学 6
SARU 学芸大学 5

このお店はランチだけでなく、夜も厳選されたワインやお肉など楽しめます。
学芸大学だけでなく、白金や代々木上原にも店舗があるようです。

メニューはこんな感じです。店舗のHPにもランチもディナーの分も載ってます。
→【SARU 学芸大学店 メニュー 公式HP

SARU 学芸大学 7

今回も前回同様、ハンバーガーを注文しました。それが、「ミートバーガー 1700円」。
ビーフパテ・自家製ベーコン・バイリング茸・BBQソース・フォカッチャバンズと
山の味覚たっぷりのメニューです。

注文してから10分ほどで「ミートバーガー」とご対面。
SARU 学芸大学 4

上から見るとボリューム感が伝わりませんが、横からみるとこんな感じ。
SARU 学芸大学 3

半分に切ってもつとなかなかでかい。一口ではとても食べれません。
SARU 学芸大学 2

ポテトの味付けもそうですが、全体的にジューシーな感じがあって
まるでBBQをしているような味わいです。これが街中で食べれるとは。

メニューをみる限りパスタも試してみたいと思うのでまた行きます。
「山の”いのち”をいただこう」というコンセプトも肉や野菜などの
食材選びの基準になっているようでとても面白いと思います。

お店では料理教室もやっているようです。
「びすとろおせち」の広告も気になりますね。
いずれにせよ奥の深いお店だと思いました。

学芸大学に行かれたぜひ行ってみてください。


<参考ブック>

学芸大学やその付近のいいお店を紹介している本です。
住んでいる人はもちろん、このあたりでご飯を探すなら持っておきたいですね。
中が見れるものもあるのでパラパラとめくってみてください。


            





【開催時期(営業時間)】
<月~金>11:30 – 14:30 (LO)/17:30 – 25:00 (LO)
<土>11:30 – 15:00 (LO) / 17:00 – 23:30 (LO)
<日祝>11:30 – 15:00 (LO) / 17:00 – 22:30 (LO)
<週末限定ハッピーアワー>15:00-17:00


※不定休


【住所・場所】
東京都目黒区鷹番2-16-12 エスケイリビングビル1F

【アクセス】
学芸大学駅より徒歩約3分
学芸大学駅から約170m

【所要時間】
-

【費用(入場料)】
-

【備考・参考】
→【LODGE BISTRO SARU 学芸大店 食べログページ
→【LODGE BISTRO SARU 学芸大学店 公式HP 山の"いのち"をいただこう

Twitter プロフィール